犬の爪は人間と同じように伸び続ける爪です。もちろん自分で手入れをすることはできませんので、飼い主が爪を切ってあげる必要があります。
この記事では必要な道具から切り方、保定の仕方など爪切りに関する内容をまとめましたので、参考にしてみてください。

犬の爪切りに必要なもの

・爪切り
犬の爪は人間とは違うので、専用の爪切りを用意しましょう。

ペット爪切り 猫・小型犬用

ペット爪切り 小型犬・中型犬用

画像出典:https://www.amazon.co.jp/

爪切りは様々なタイプがありますが、ニッパータイプとギロチンタイプが多く使われています。飼っている犬のサイズに合わせて使いやすいものを選んでください。

・止血剤
爪切り時に誤って血管を切ってしまったとき、一瞬で血を
止めることができる止血剤があると便利です。

文永堂薬品 クイックストップ 14g (動物用医薬品)
画像出典:https://www.amazon.co.jp/

爪切りを行うタイミング

散歩や運動量によって爪の伸び方は変わります。
アスファルトを多く歩いている犬は自然と爪がすり減っていきますので、すぐに伸びてしまうということはないでしょう。
目安としては、地面に爪がつくくらいの長さになった時です。
爪切りをしないままでいると、足元が不安定になったり、巻き爪の原因になったりしますので、早めに切ってあげましょう。

爪切りをする前に

爪切りをする時、まずは犬を保定します。保定は犬の体が動かないように固定することです。不安定な体勢で行うと上手く爪切りができませんし、犬が嫌がって暴れてしまえば怪我をしてしまうこともあります。
そのため、保定は確実に行ってください。

保定の仕方

足の間に挟む


爪切りを嫌がる犬を保定する場合、飼い主の足の間に挟んで動かないようにします。

台の上に立たせる


トリマーはトリミング台に乗せて爪を切ることが多いです。
犬の体を自分の体にぴったりとくっつけ、足の関節を腕で抑えるようにすると上手く保定できます。足を持ち上げるときは外側に開きすぎないようにしてください。関節を痛めてしまいます。

膝に乗せる、寝ている時に行う

爪切りを嫌がらない犬であれば、膝の上に乗せた状態や、寝ている間に行う方法もあります。
それぞれの愛犬にあった保定を心掛けましょう。

爪の切り方

犬の爪には血管や神経があります。白っぽい爪をしている犬の場合、ピンクの血管が透けて見えるのでわかりやすいと思います。
この血管を切ってしまうと出血するので、注意しながら切っていきましょう。
前足は5つ(狼爪を含む)、後ろ足は4つ爪があります。

切り方は上の図を参考にしてください。
まず伸びている部分を一気に切ってから、角を落としていきます。

血管が見える爪はわかりやすいですが、難しいのは黒い爪の場合です。
黒い爪は血管が見えないので、どこまで切っていいかわからない方も多いのではないでしょうか。
黒い爪を切るときは、少しずつ切っていきましょう。
切った後の爪の断面がカサカサと乾いているようならまだ切れますし、湿っぽく感じたらそこでストップします。

図のように、爪を水平に切るイメージです。
ただし爪が伸びすぎている場合は、神経や血管も伸びていることがあるので、状態によって出血してしまう可能性もあります。
黒い爪は断面の様子を見ながら、慎重に切っていくのがベストだと思います。

まとめ

犬の爪切りは「血管を切ってしまわないか…」と心配になり、なかなかできない!という方も多いですよね。
どうしても切れない場合は、動物病院やトリマーに頼んで切ってもらうのも手です。

また、犬が嫌がって爪切りをさせてくれない場合は、おいしいおやつを与えながら行うのも良いでしょう。
子犬のうちから爪切りに慣れさせておけば、成犬になった後もスムーズにさせてくれる子が多いです。
初めは難しいかもしれませんが、続けていくうちにコツを掴めますので、諦めずにチャレンジしてみてくださいね。

筆者紹介:坂井愛

小さい頃から動物を飼育し、現在も動物関係の仕事に携わっています。また学生時代に培った動物の飼育、看護、福祉などの知識を活かした記事を書いていきたいと思っています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク