スペイン語で太陽を意味する『SOL』と、生活や生命を意味する『VIDA』の2つの言葉を合わせてつくられた「SOLVIDA(ソルビダ)」という言葉のブランドドッグフードについて詳しく見ていきましょう。

ソルビダ(SOLVIDA)ドッグフードの特徴

ソルビダには、以下の6つの特徴があります。

・主原料はオーガニック
ソルビダでは、主原料はオーガニックを使用しています。

またフードに使用する家畜には、オーガニック100%の飼料を与え、犬に安心して与え続けられるフード作りに力を注いでいます。

・健康的な腸内環境をサポート
ソルビダでは腸内の働きを整えるため、微生物プロバイオティクスと、その働きを促すプレバイオティクスの2つの成分を取り入れています。
この2つの成分を組み合わせることにより相乗効果が発揮され、免疫力を高め、健康な体づくりをサポートすることができます。
・効率的なミネラル補給
ミネラルはタンパク質の吸収をサポートしたり、脂肪の燃焼を良くしたりする効果があり、犬が健康的に生きるために欠かせない栄養素です。
・室内飼育犬に最適
室内犬が急増している昨今、犬の運動不足が深刻化しています。
しかし、ソルビダは高たんぱく、低脂肪のフード作りに力を入れているため、散歩などの運動が少ない犬でも肥満になりにくいです。
・天然の酸化防止剤を使用
ソルビダでは、ミックストコフェロール(ビタミンCのこと)という天然の添加物を使用しています。
また、人工的に製造された添加物は一切使用していないため、添加物によるアレルギーや体力の低下を抑えることができます。
・美しい皮膚、つややかな被毛
犬は食事により、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の必須脂肪酸(必ず摂取が必要な脂肪酸のこと)を得ており、バランスよく摂取することで、美しい皮膚と被毛を手に入れることができます。

 

ソルビダ(SOLVIDA)ドッグフードの成分分析

まずは、以下の原材料と成分表をご覧ください。

・原材料

オーガニックチキン生肉、乾燥チキン、オーガニック挽き割りオーツ、オーガニック挽き割り大麦、オーガニック乾燥豆類、天然フレーバー、オーガニック挽き割り玄米鶏脂肪*、乾燥トマト繊維、オーガニックひまわり油*、オーガニック挽き割りフラックスシード、乾燥ビール酵母、サーモンオイル*、チキン軟骨(グルコサミン、コンドロイチン源)、乾燥ブルーベリー、オーガニック乾燥アルファルファ、オーガニック乾燥ひまわりの種、オーガニック乾燥かぼちゃの種、オーガニック乾燥にんじん、乾燥ブロッコリー、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、レシチン、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源) 、乳酸、 乾燥セージ、ユッカフォーム抽出物、ガーリックパウダー、ミネラル類(炭酸カルシウム、塩化カリウム、食塩、亜鉛、鉄、セレニウム酵母、銅、コバルト、マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(塩化コリン、ビタミンE補助食品、ナイアシン補助食品、ビタミンB1硝酸塩、d-パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、リボフラビン補助食品、ビタミンA補助食品、ビタミンD3補助食品、ビオチン、ビタミンB12補助食品、葉酸、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源))、プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、麹菌、糸状菌、枯草菌)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
*ミックストコフェロールで保存

成分表

ソルビダでは、オーガニックのチキンを使用しており、オーツ麦や大麦、玄米といった穀類や、ニンジンやブロッコリーといった野菜もオーガニックのものを使用しているため、安全性に優れています。

また、酸化防止剤として天然の添加物であるミックストコフェロールを使用している点も、安全性を重視しているソルビダらしい配慮です。

一方、気になる原料も使用されているため、ご紹介します。

・穀類
犬は雑食のため、穀類の使用は一見すると、問題ないと思われがちです。
しかし、チキンやラムといった肉と比べると消化・吸収の効率が悪いです。
また、穀類を主原料として使用しているフードの場合、アレルギーを引き起こす子もいるので注意が必要です。

・ガーリックパウダー
ソルビダでは、ガーリックパウダーが使用されています。

ガーリック(にんにくのこと)は、犬が食べると貧血を起こすことで有名な食材です。
ガーリックやニラなどのネギ類には、チオ硫酸塩の化合物が含まれており、犬にはこの化合物を消化する酵素がないので、食べさせるのは危険です。

 

ソルビダ インドアアダルトの良い点悪い点

以下では、ソルビダ インドアアダルトの良い点悪い点をご紹介します。

・良い点  オーガニック原料を使用したドッグフード

ドッグフードは人間用の食品に比べ、安全基準が低いです。
しかし、ソルビダではオーガニック原料を使用しているため、一般的なフードより安全性が高いといえます。

・悪い点  穀類の使用量が多い
ソルビダの原材料を確認すると、オーガニックチキン生肉と乾燥チキンに続き、オーガニック挽き割りオーツ、オーガニック挽き割り大麦と、穀類が連続して表示されています。

これほど穀類が使用されていては、折角オーガニックのチキンを使用していても、体への負担が大きくなってしまいます。

犬には極力、グレインフリー(穀類不使用)を与えるといいでしょう。

ソルビダ(SOLVIDA)ドッグフードを食べない子がいるのはどうして?

前項でもご紹介した通り、ソルビダには穀類が多く使用されています。
犬は肉の匂いを好むので、穀類が多く使用されているソルビダを食べない子もいるのでしょう。
この場合、ふりかけをかけたり、フードを温めてチキンの匂いを引き立たせたりすると食べることがあります。

また、ソルビダには香料が使用されていないため、食べないこともあります。
一般的なフードには、人工的に製造された香料が添加されており、味や香りはジャンクフードと似ています。
そのため、香料が多く添加されているフードに慣れてしまうと、ソルビダの匂いを薄く感じ、味気がなく、食べないことがあります。
この場合、今まで食べていたフードを混ぜて与えると、徐々にソルビダの味に慣れ、食べることが多いです。

 

ソルビダ(SOLVIDA)ドッグフード利用者本音の口コミ

成犬になってから、数種類のドッグフードを試しましたが、このソルビダが一番食い付きが良かったので、そのまま食べさせています。オーガニックとチキンベースなところが気に入っています。ラムの方が毛並みには良いらしいですが、うちのワンコはチキンが好きなので。消化も良く、匂いも気にならないので、もう何年もソルビダです。以前はつまみ付きのジッパーで使いやすかったのが、普通のパチパチ止めるタイプになってしまい、保存に少々不安があります。そのためコスパは悪いのですが、うちは小型犬のため、一番小さいパックを購入してます。

ソルビダ インドアアダルト トイプードル 6才 利用期間:6年 90点

 

ソルビダ(SOLVIDA)ドッグフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価:

ソルビダは、あまりオススメできないドッグフードです。

主原料にオーガニック食材を使用し、人工添加物や着色料は一切使用していない点は魅力的です。

しかし、ガーリックパウダーや穀類の種類の多さは気になります。
1㎏あたり約2,000円のドッグフードにしては、少し残念なところです。

外部リンク:アマゾン販売ページへ

外部リンク:楽天販売ページへ

筆者btbj.fa略歴
2014年、ペット業に就く。
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合う中で、多くの飼い主さんの悩みがフードにあることを知り、わんちゃん・ねこちゃんの身体に負担をかけないペットフードを多くの飼い主さんに知ってもらうため奮闘中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中