飼い主としては、愛犬が美味しそうにドッグフードを食べている姿を見ると嬉しくなるものです。しかし、とにかく何でもガツガツと食べてくれる一部の犬を除くと、ドッグフードを食べなくなったということを経験したことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか。

犬は言葉を話せないので、なぜ食べてくれないのかわからず困ってしまうものです。
犬の健康を考えると、総合栄養食のドッグフードを必要十分な量食べることが大変重要です。美味しく食べながら健康的になってもらうために、ドッグフードを食べなくなってしまう理由について解説します。

ドッグフードを食べなくなる理由

ドッグフードを食べなくなるには必ず理由があり、原因としては次のことが考えられます。

・体調不良
・反抗
・急なドッグフードの変更
・好み、偏食
・おやつや人間の食事への慣れ

体調不良

今まで普通に食べていて、同じドッグフードを与えているのに突然食べなくなった場合には、体調不良が考えられます。
特に、消化器系などの内臓に疾患や、感染症などにかかると、食欲がなくなるケースが多くあります。
食欲不振の他に、いつもと比べて様子が違わないかよく観察することが大切です。食欲不振と合わせて次のような症状が見られる場合は、動物病院を受診するようにしましょう。

・嘔吐
・呼吸が荒い
・下痢、便秘
・多尿、頻尿、尿の色がおかしい
・くしゃみ、鼻水
・目の充血

反抗

犬にとって、飼い主に思い通りの対応をしてもらえず、欲求不満状態になっていると、反抗の意味でドッグフードを食べなくなることもあります。特に、反抗期の子犬で起こりがちなケースです。機嫌をとるためにおやつをあげたりすると、余計にドッグフードを食べなくなってしまい、悪循環に陥ってしまいます。ドッグフードについては毅然とした姿勢を貫き、他のことで欲求を満たしてあげることが大切です。

急なドッグフードの変更

フードの変化を好み、新しいフードになると喜んで食べる犬もいますが、基本的には、人間と比べると犬は食事の変化を好まない動物です。突然ドッグフードが変わると、警戒して食べなくなることがあります。また、急にドッグフードを変えると、消化器にも負担がかかり、消化不良や下痢の原因にもなりますので、ドッグフードを切り替えるときは、既存のフードに新しいフードを混ぜ、その割合を少しずつ増やしていくことで、一週間程度かけてゆっくりと移行することが適切です。

好み、偏食

これもドッグフードの変更に関連することですが、犬にもドッグフードの好みがあります。匂いや味、形や大きさの好みが合わないと食べてくれないことがあります。
病気や有事の際を考えると、あまりに偏食になってしまうのは困りものですが、体に負担がかからない範囲内で複数のドッグフードを試し、好みを把握し、美味しく食べてくれるドッグフードを探すのがよいでしょう。
どうしても特定のドッグフードを食べてもらいたいときは、1~2日程度断食させると、大抵の場合は食べるようになります。

おやつや人間の食事への慣れ

おやつや人間の食事など、脂肪分が多くて味の濃い食べ物に慣れてしまうと、ドッグフードの味が物足りなくなって食べなくなってしまうことがあります。
おやつの与えすぎは肥満につながります。さらにドッグフードを食べなくなると十分な栄養が取れなくなり健康に悪影響です。
おやつは自然素材が利用されており、過度な味付けやコーティングがされていないものを選び、多くとも1日の摂取エネルギー量の10%以下に抑えるようにしましょう。
人間用に味付けされた食べ物は、ドッグフードを食べなくなるという問題以前に、犬にとっては中毒の危険性や、塩分の過剰摂取など様々な問題点がありますので、絶対に与えないようにしましょう。

筆者yukiya.hiプロフィール:
動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け