品質の高いドッグフードを提供していることで知られるニュートロ

同社から販売されているドッグフード「ニュートロ ナチュラルチョイスドッグフード」利用者本音の口コミをチェックしてみましょう。

ナチュラルチョイスドッグフード利用者本音の口コミ

愛犬が10歳になる前にドッグフードを見直すことにしました。ペットショップの方に相談するとナチュラルチョイスのエイジングケアを勧めてもらいました。愛犬は食いしん坊なのでドッグフードを替えても食いつきが良いですが、ナチュラルチョイスも問題なく食べてくれました。与えて1ヶ月もしないうちに、愛犬の毛並みが良くなったことに気付きました。短毛ですが、毛がバサバサしていて体臭もあったのですが、毛がふんわりして体臭が気にならなくなったのです。今まで何度かドッグフードを替えたことはありましたが、毛並み、体臭が良くなったことは初めてでした!もっと早くナチュラルチョイスを与えていれば良かったと後悔しているほど満足しています。安心して与えられるドッグフードだと感じました。

ナチュラルチョイスドッグフード 小型犬用エイジングケア チキン&玄米 ジャックラッセルテリア・12歳 利用期間3年 100点

チキンを使用した小型犬用のドッグフードだったので、サイズ感や食べやすさも調整されていましたし、食感も柔らか過ぎないタイプで顎に良いと思いました。またワンちゃんもこのドッグフードに切り替えてから残さず食べてくれるようになったのが良かったです。玄米を使っている事から食物繊維のバランスも取れていると思いましたし、毛並みが以前よりも整ったかなという印象を持ちました。独特な香りが少ないドッグフードなので扱いやすい商品だと思います。

ニュートロ ナチュラルチョイス プレミアムチキン ポメラニアン・3歳 4か月 100点

 

ナチュラルチョイスドッグフードの特徴

ドライフードだけでなく、おやつやウェットフードと幅広く販売しているニュートロが提供しているナチュラルチョイスは、自然素材にこだわったドッグフードです。

ナチュラルチョイスは全て自社工場で製造されており、原料の品質、均一性、安全性を厳しい独自の基準で検査をしています。

そのため、常に良質なドッグフードを多くの犬に届けることができます。

 

ナチュラルチョイスドッグフードの原材料と成分分析

まずは、以下の原材料と成分表をご覧ください。

・原材料
チキン生肉、乾燥チキン、玄米粗挽き米米糠、エンドウタンパク、オートミール、ビートパルプ鶏脂*、タンパク加水分解物、ひまわり油*、大豆油*、フィッシュオイル*、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物
*ミックストコフェロールで保存

・成分表(保証成分値)

また、酸化防止剤としてミックストコフェロールとローズマリー抽出物が使用されています。ナチュラルチョイスには、チキン生肉、乾燥チキン、鶏油といった動物性たんぱく質が多く使用されており、消化・吸収を穏やかに行うことができ、身体に負担を掛けにくいです。

この2種類の天然の添加物は、一緒に使うことでより高い抗酸化作用が発揮されるため、開封後のフードの管理を楽にしてくれます。

一方、気になる原料も使用されているため、ご紹介します。

・穀類
ナチュラルチョイスでは、玄米、粗挽き米、米糠、オートミールといった穀類が多く使用されています。
穀類にしては比較的、犬の体への負担を抑えていますが、できるだけグレインフリー(穀類不使用)のフードを使用した方が、犬の負担を抑える上、喜んで食べてくれます。

・ビートパルプ
ビートパルプとは、サトウダイコンから砂糖を抽出した後の残りカスのことです。
甘味があり、原料としての仕入れが安いため、香料やかさましとして使用されることが多いです。

関連:ドッグフードの原材料 〜ビートパルプ〜 特徴とメリット・デメリット

 

ナチュラルチョイスドッグフードの良い点悪い点

以下では、ナチュラルチョイスドッグフードの良い点悪い点をご紹介します。

・良い点  消化吸収率が優れている
ビタミンやミネラル、たんぱく質や炭水化物、脂質といった栄養素を効率良く摂取するためには、摂取量のバランスが大切です。
ナチュラルチョイスでは、消化・吸収において優れた水準を達成しているため、より効率特に消化・吸収を行えます。
・悪い点  少し高価
ナチュラルチョイスは、1㎏当たり1,300円程で販売されています。
低価格のドッグフードに慣れている飼い主さんの中には、この価格を高いと感じています。
しかし、良質なドッグフードを選びたいのであれば、この価格は決して高くなく、安いくらいです。

 

ナチュラルチョイスドッグフードを食べない子がいるのはどうして?

ナチュラルチョイスには、穀類が多く含まれています。
犬は穀類より肉や魚を好んで食べるので、食べない子がいる場合があります。
このような場合、ふりかけやウェットフードをドライフードに混ぜると食べてくれることが多いです。

また、もう一つの理由として、鶏油、ひまわり油、大豆油、フィッシュオイルといった多くの油脂が使用されているので、色んな食材の臭いがして、食べないことがあります。
このような場合、以前食べていたフードと混ぜながら与えると、匂いに慣れ、食べてくれることがあります。

 

ナチュラルチョイスドッグフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価:

ナチュラルチョイスは、基本的にはオススメできるドッグフードです。

ナチュラルチョイスは、酸化防止剤は天然の添加物を使用しており、肉が多く使用されています。
このような原料で、1㎏あたり1,300円程という価格は魅力的です。

しかし、犬のアレルギーが増えている現代において、穀類や卵、酸化防止剤といったアレルギーの原因になり得る原料が含まれているのは良くありません。ビートパルプが使われている点も気になるところです。

利用する場合はナチュラルチョイスだけを与え続けるのではなく、数種類のフードをローテーションして与えると、穀類によるアレルギー発症の可能性が低くなるので、より良いでしょう。

外部リンク:アマゾン販売ページへ

外部リンク:楽天販売ページへ

筆者btbj.fa略歴
2014年、ペット業に就く。
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合う中で、多くの飼い主さんの悩みがフードにあることを知り、わんちゃん・ねこちゃんの身体に負担をかけないペットフードを多くの飼い主さんに知ってもらうため奮闘中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中