ペットの医療の進歩によってワンちゃん達も長生きしてくれるようになったことは、本当に喜ばしいことです。しかし、その一方で、まだまだ全ての病気を完全に治せるわけではありません。最近になって体調を崩し、精密検査の結果ガンと診断されてしまった、或いは、高齢でもう歩けなくなってご飯も食べなくなって来た、などとなると覚悟が必要になります。非常に辛い話ではあるし、できれば避けて通りたい話でもありますが、この時こそ”ターミナルケア”を考えていかなければなりません。

ターミナルケアとは、終末(ターミナル)の治療(ケア)と言われており、残念ながら治る見込みがないと判断された場合に、苦痛を伴うような辛い治療を続けずに、最期までQOL(Quality of life 生活の質)を落とすことなく、ワンちゃんの負担ができるだけ少ないように、またできるだけ快適に過ごせるようにする為の治療と看護です。人間は病院や施設、自宅でもこのケアを選択できますが、動物の場合は自宅で行われるのが一般的です。

犬のターミナルケアを行うに当たって

おそらく、どの飼い主さんも何をどう始めて良いのか明確にはわからないと思います。しかし、一番最初に心得て頂きたいことは、飼い主さんの頑張り過ぎも良くないと言うことです。実際に経験された方はお分かりだと思いますが、ご自宅でワンちゃんを看護してあげることはかなりの肉体労働であり、飼い主さんの日常(通勤や家事)に労働が一つ増えるわけです。ですから、疲労感を感じた時は誰かに代わってもらう、或いは少し休んで省略できることは省略しましょう。飼い主さんが体調を崩してしまっては困ります。飼い主さんだけが頼りですから無理をしないようにしましょう。

犬のターミナルケアの実際

それでは、どのようなことが飼い主さんにできるのか考えてみたいと思います。ワンちゃんに対する獣医学的な治療の目的は”症状の緩和”ですから、獣医師と相談して、必要且つ苦痛を伴わない治療を選んでいきましょう。例えば痛みがあるならば痛みのケア、皮膚にできた腫瘍が感染を起こしているなどは抗生物質投与、食欲がないなら食欲を出す薬と言った具合です。しかし、この薬剤などの治療以外は全て飼い主さんが自宅できることになりますから、以下の点を確認してみて下さい。

環境作り
・ワンちゃんの寝ている周りには、大好きなオモチャやお気に入りの毛布などを置いて落ち着かせましょう。人間もそうですが、非常に安心して眠ることができます。
床ずれケア
・寝たきりになると、特に体重の重いワンちゃんは床ずれをすぐに起こしますから、まずは柔らかいベッドを必要とします。また、いくら体重が軽いワンちゃんでも、気がつくと床ずれはできます。床ずれは、長時間動けずに寝返りを打てない状態である場合に、ベッドに直接当たっている部位の血行が悪くなって起こる状態です。最低2時間に一度は寝返りを手伝ってあげることが必要です。方向変換を嫌がる場合は、一度抱き上げたり、起こしたりすることで止まっていた血液の流れを整えてあげましょう。そして、毎回、床ずれチェックをして下さい。また、マッサージも床ずれ予防には非常に効果があります。
排泄のケア
・多くの場合、自分で排尿・排便が出来なくなって来ます。或いは、いわゆる’垂れ流し’の状態になってしまったりします。排尿・排泄ができない場合は、獣医師に相談して尿の出し方や便の取り方を教えてもらいましょう。オムツをする場合は、特にお尻周りや陰部の汚れをすぐに拭き取り、皮膚がダメージを受けないように清潔を保たなければいけません。必要ならば獣医師に皮膚保護用の軟膏などをもらいましょう。
食事のケア
・食欲がある内は問題ないですが、食欲が落ちてくると強制給餌を行う必要が出て来ます。誤嚥させないように、ゆっくり与えていきます。また、フードを温めたり、流動食に変えてみたり、場合によってはカテーテルを使うこともあります。(獣医師の指示に従って下さい。)そして、フードを嫌がってこぼすことが多くなり、フードで口の周りが汚れてしまうとすぐに炎症を起こしますから、こちらもしっかり拭き取りをして清潔を保って下さい。

犬のターミナルケアの最後には

残念ながらその時はやって来ます。容体が急変した場合にどうすれば良いかと言ったことは、予め獣医師とご家族で確認をしておきましょう。また、後になってあれが出来なかった、どうしてこうしなかったのか、などの後悔は絶対にしないで下さい。ペットの動物はみんな飼い主さんの愛情をしっかりと受け止めて旅立っていきます。ですから、安心して休んで下さい。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中