合成保存料、着色料、発色剤を一切使用しないドッグフードであるピュアロイヤル(ラム)

実際に利用した方の評判や口コミはどのようになっているのでしょうか?

ピュアロイヤル(ラム)利用者本音の口コミ

小麦や大豆を使用していないので、アレルギー持ちのうちの子にも安心して与えられます。長さ5mmほどの半生タイプのフードで、人間が匂っても「美味しそう」と感じるくらい、良い香りがするので食欲をそそるみたいです。食が細い子ですが食いつきも良く、ほど良く柔らかい食感なので口が小さい小型犬でも喉に引っ掛けることなくモリモリ食べ進められています。栄養価が高くバランスが良いのも嬉しいです。1度開封したら冷蔵庫で保存しなければいけないのが少し面倒ですが、食べやすくてアレルギー持ちにもやさしい素材で、とても良いフードだと思います。

ピュアロイヤル ラム 600g 犬種:ヨークシャーテリア 年齢:2歳 利用期間:1年半ほど 98点(保存が面倒なので-2点)

 

ピュアロイヤル(ラム)の成分分析

まずは、以下の原材料をご覧下さい。

羊肉、鶏肉、ササミ、白身魚すり身、マッシュポテト、マグロ、鶏レバー、馬鈴薯澱粉、コーンスターチ、水飴、米糠、オリーブオイル、スケソ精製油、ミネラル類(Na、Cl)、酵母(亜鉛、鉄、銅、ヨウ素)、ササ抽出物、乳酸菌、ソルビトール、グリセリン、pH調整剤(乳酸Na、リン酸塩(Na)、グルコン酸Na)、リン酸Ca、酸化防止剤(V.C、V.E、ローズマリー抽出物)、乳酸Ca、オリゴ糖、ビタミンA
粗タンパク質 19.5%以上
粗脂肪 8.0%以上
粗繊維 1.0%以下
粗灰分 5.0%以下
水分 35.0%以下
カルシウム 0.7%以上
リン 0.6%以上
ナトリウム 0.60%以上
塩素 0.30%以上
リノール酸 0.65%以上
ビタミンA効力 15,000IU/kg以上
ビタミンB1 1.50mg/kg以上
ビタミンB2 2.00mg/kg以上
ビタミンD 700IU/kg以上
100g当たりエネルギー 280kcal

ピュアロイヤル(ラム)は、羊肉、鶏肉、ササミ、白身魚すり身、マグロ、鶏レバーとった動物性たんぱく質を豊富に使用しているため、犬の身体に負担をかけにくいです。
また、穀物を一切使用していないため、穀物アレルギーを抱えた子でも、安心して食べることができます。

また、酸化防止剤には、ビタミンCやビタミンE、ローズマリー抽出物を使用しているため、添加物によるアレルギーも発症しにくいです。

一方、気になる原材料もあるため、ご紹介をします。

・ソルビトール
ピュアロイヤル(ラム)は半生状態のドッグフードのため、水分を維持し、食感を保った上で、美味しさを要求されるので、甘味があり、保湿と食感の維持に優れたソルビトールが使われています。
しかし、ソルビトールは下痢を起しやすいことが分かっているため、暴食は控えましょう。

・リン酸塩
ピュアロイヤル(ラム)では、リン酸塩をpH調整剤として使用していますが、他にも食品の保湿維持としても効果を発揮します。
しかし、リン酸塩は骨の密度が低下するといわれており、犬の体に与える影響には議論が交わされています。

ピュアロイヤル(ラム)の良い点悪い点

以下では、ピュアロイヤル(ラム)の良い点悪い点をご紹介します。

・良い点  動物性たんぱく質が豊富
半生のドッグフードは、動物性たんぱく質が豊富に含まれています。
中でもピュアロイヤル(ラム)は、種類が豊富です。

犬は同じものを繰り返し食べると、アレルギーになる確率が高くなります。
そのため、数種類のフードをローテーションして与えると良いとされています。

しかし、ピュアロイヤル(ラム)の場合、原材料に4種類の動物性の食品が使用されているため、他のフードに比べ、熱心にフードを切り替える必要はありません

・悪い点  ナトリウム(塩分)が多い
原材料を確認すると、Na、乳酸Na、リン酸塩(Na)、グルコン酸Naと、ナトリウムが4種類使用されています。

ナトリウムを多く使用したフードを食べ続けると、尿路結石や腎不全など、泌尿器系の病気になりやすいため、注意が必要です。

ピュアロイヤル(ラム)を食べない子がいるのはどうして?

ピュアロイヤル(ラム)は、半生のドッグフードなので、開封と同時に水分が奪われる上、ドライフードと比べて劣化が早いです。
そのため、フードが美味しくなくなり、食べないことがあります。
このような場合、開封した直後のフードをあげたり、真空容器や真空パックなどを利用して、空気が触れないように保存すると、食べるようになります。

また、フードに飽きている可能性もあります。
ピュアロイヤル(ラム)は、嗜好性に優れたフードです。
そのため、より嗜好性に優れたフードを求め、食べない場合があります。
このような場合、お腹が空けば食べることが殆どなので、他におやつやフードは与えず、そのフードを食べるようになるまで待ちましょう。

 

ピュアロイヤル(ラム)は果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価:

ピュアロイヤル(ラム)は、主食として与えるのではなく、ご褒美やお誕生日など、イベントの際に与えることをオススメします。

ピュアロイヤル(ラム)は塩分が高く、嗜好性に優れたドッグフードです。
このようなフードばかりを与えていると、より美味しいフードを求め、選り好みをするようになってしまいます。
そのため、良いことをしたときに貰えるフードとして犬に認識させておくことで、犬は好き嫌いをせずにフードを食べるようになります。

また、半生フードは歯にこびりつきやすく、歯石や虫歯の原因にもなります。
そのため、こまめな歯磨きが必要になるので、お世話が大変になってしまいます。

これらのことから、ピュアロイヤル(ラム)を常用食として与えることをオススメしません。

外部リンク:アマゾン販売ページへ

外部リンク:楽天販売ページへ

筆者btbj.fa略歴
2014年、ペット業に就く。
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合う中で、多くの飼い主さんの悩みがフードにあることを知り、わんちゃん・ねこちゃんの身体に負担をかけないペットフードを多くの飼い主さんに知ってもらうため奮闘中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中