最近、家族が帰ってくると喜んで飛びついてくれるけど、咳が出ているみたい、風邪かなぁ?散歩に行きたがらない、暑い夏だから夏バテかなぁ…?
興奮した時の咳や運動を嫌うなどの症状は、もしかしたら、心臓が悪いサインかもしれません。今回は、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルでは遺伝的にリスクが高く、小型犬でも多くみられる僧帽弁閉鎖不全症について、心臓の働きとそのメカニズム、症状、治療について様々な角度からお話を進めたいと思います。

血液の流れ

心臓は左右2つずつ、4つの部屋に分かれています。そのお部屋は…ここでは便宜上、難しいですが、専門用語を使わせてください。右心房、右心室、左心房、左心室の4つです。全身を流れてまず、右心房に戻った血液は右心室へ流れ込み、肺へ行き、たくさんの酸素を受け取ります。そして左心房に流れ込み、左心室を経て全身へとまた酸素を運びます。血液の流れは必ず一方通行で、逆流しないように、各部屋には弁という逆流防止装置が付いています。

僧帽弁閉鎖不全症ってどんな病気?

血液の流れ、そして、各部屋に逆流防止装置があることはご紹介しましたね。では、具体的に僧帽弁閉鎖不全症についてお話を進めますね。
僧帽弁とは、左の部屋、左心房と左心室の間にある逆流防止装置です。僧帽弁閉鎖不全症では、この逆流防止装置がうまく作動しないために、左心室から左心房へ血液の逆流が生じてしまいます。左心室は全身の臓器に血液を送り出す1番負担のかかるお部屋です。たとえ僅かでも血液が体に届けられないと大変!それを感じ取り、心臓は逆流で足りなくなった血液を送り出そうと頑張ります。しかし、血液が足りないのは心臓の働きが悪い訳ではないんですね。弁が疲れてうまく閉じてくれないことが原因なんです。でも、心臓にはそれが分からないので頑張って頑張って血液を送ります。心臓は筋肉でできた臓器です。血液を送ろうと頑張るというのは、筋トレをしているようなもの。頑張るうちにどんどんムキムキになっていきます。

どんな症状がでるの?

筋トレをして大きく筋肉ムキムキになった心臓を、心肥大と言います。
心臓が位置する胸腔には主に心臓と肺、口から空気を運ぶ気管や気管支、血管が存在しますが、横隔膜でお腹と区切られており、限られたスペースしかありません。心臓が大きくなると他の器官を圧迫してしまいます。
ごく初期の症状では、血液が少し足りなくなるので、運動時など、酸素が必要な場合に酸素不足になりしんどさを感じます。そのため、運動を嫌うわんちゃんが出てきます。運動をする習慣がない場合には気づかないことも多いです。
次に出る症状は咳です。大きくなった心臓が、心臓のすぐ近くにある気管を圧迫するせいで咳が出るのです。運動時や興奮時、血液の要求量が増えると心臓が頑張って血液を送るので、そのリズムに合わせて気管が圧迫されます。みなさんものどを少し圧迫してみてください。違和感やむせる感じがあると思います。それが胸の中で起こっているんですね。
定期的に病院に来られている方では、症状がでる前に聴診器で『逆流』の聴取ができ、気づくことがありますが、病院に来られる機会が少ない方では、咳という症状が出てから病院へ来られることが多いです。

放っておいてもいいの?

もちろん、放置することはやめてください!
老化で疲れてしまった弁も大きくなった心臓も元には戻せませんが、心臓を助けてあげ、心不全に進行するスピードを遅らせることは可能です。
初期に逆流の影響を受けるのは左心房だけですが、放置して逆流する血液の量が増えると、左心房だけではこらえ切れず、その前にある肺にも影響が出てきます。血液が前に進めないので、肺で血液が渋滞を起こすんですね。そのせいで肺に高血圧が生じ、血管からじわじわと血液の液体成分が肺に滲み出てきます。肺は乾いたスポンジのように空気を含んでいます。呼吸をして空気を含むための大切な臓器です。そこが水びたしになってしまうので、十分に呼吸ができません。水の中にいないのに溺れたような状態になります。それが肺水腫という状態です。肺水腫では呼吸不全を起こすので緊急事態です。
僧帽弁閉鎖不全症では、いつこのような状態になってもおかしくありません。たとえ初期の段階でも、塩分の強い物を食べてしまい、血液量が増えると心臓への負担が一気に増え、肺水腫を起こす可能性があります。

診断と治療

聴診で、逆流が起こっている雑音を聴取できたら、エコー検査、そして、レントゲン検査で心臓の大きさを評価します。
症状と検査の結果から、病期に応じて投薬治療、また可能であれば減塩食を開始します。
投薬は初期の段階では、抹消の血管を広げて血液の流れをスムーズにし、心臓の負担を軽くしてあげるお薬を使います。私たちも飲み物を飲む際、細いストローよりも、太いストローの方が楽に飲めますよね。それと同じように、心臓も太い血管に血液を送り出す方が負担が軽いのです。病状が進行すれば、心臓の力を強めてあげるお薬を使ったり、また、利尿剤を用いて余分な血液を尿として排泄させるなどします。病期に応じてお薬の調整をしますので、心臓のお薬を飲み始めたら定期的に病院で診察を受けるようにしましょう。

まとめ

加齢とともに心臓の弁にも負担がかかり、知らず知らずのうちに心不全になっている可能性があるとがお分かりいただけましたか?悪くなった心臓は治りませんが、初期からケアをし、適切に管理することで十分に寿命を延ばしてあげられることは可能です。その管理は投薬と減塩食です。もし、お父さんの晩酌に心臓病のわんちゃんを付き合わせておつまみをあげていたら…あっという間に肺水腫になる可能性もあります!わんちゃんにはわんちゃん用におやつを準備してあげてください。そして、お父さんもお酒の飲み過ぎは禁物ですよ。わんちゃんと節制する良い機会かもしれませんね。

(uw25rescueccnu)
育児をしながら臨床獣医師として勤務中、その傍でペットについて正しい知識を知ってもらいたいという思いから、執筆も手がけています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中