犬の尿毒症と腎不全

尿毒症と言う言葉を聞くと、とても体に悪そうだという想像はできると思いますが、これは大変深刻な問題です。そもそも尿は腎臓で作られますが、腎臓の機能が低下してしまうと、体に毒になるものを尿として外に出そうとする働きが弱まり、毒が外に出ずに体の中に残ってしまいます。その結果、全身の臓器にダメージを与えてしまう状態が尿毒症の定義となります。また、腎臓の機能が低下することを腎不全と言い、75パーセントの機能が失われた時点で表に症状が出てくると言われています。

犬の尿毒症の原因

尿毒症は腎不全が原因であることは先に述べましたが、腎不全になる原因とは何があるのでしょうか?

まず、腎臓そのものに異常がある場合を腎性腎不全と言い、腎臓に血液が至る前に異常がある場合(心臓疾患などが原因で腎に流れる血液量が急激に減少)を腎前性腎不全、腎臓で作られた尿が出て行く過程での異常を腎後性腎不全と言います。
そして、突然腎不全になる場合(短時間や数日の内になる場合)を急性腎不全、何年も時間をかけて腎臓が弱っていく場合を慢性腎不全と言いますが、いずれの場合も尿毒症に陥ります。
以下に、急性腎不全と慢性腎不全の原因になる主なものを挙げてみます。

急性腎不全:尿路結石、感染症など。
慢性腎不全:腎炎、先天性異常など。

ワンちゃんで多いものは、急性腎不全の場合、膀胱に石ができて尿道にその石が詰まり尿排泄ができずに体に残ってしまうという事態です。これは明らかに腎臓の後に問題が起きていますから、腎後性と言われます。

そして、もう一つの原因である感染症では、レプトスピラというネズミの尿から人にもワンちゃんにもうつる感染症(人畜共通感染症、保健所に届け出る必要がある感染症)としてお馴染みの細菌です。この感染症のワクチンを接種されているワンちゃんが多いと思いますが、この感染症は様々な症状を出し、その一つが腎性の急性腎不全です。しかし、一般的に急性腎不全は迅速な処置を行えば、腎臓の機能は回復することが可能です。
一方、慢性腎不全の場合は、7歳を超えたワンちゃんが多く、腎臓そのもののダメージがゆっくりと広がりを見せる結果、徐々に段階を踏みながら症状が悪くなり(4つのステージに分かれます)、腎機能回復は不可能です。急性腎不全と同様に細菌感染が原因で炎症が起きた場合に、それをきっかけとして慢性腎不全に移行することもあります。また、生まれつき腎臓の形成不全の為に腎臓が十分に発育せず、若い年齢で腎不全の症状を認め亡くなってしまうこともあります。

犬の尿毒症の症状

腎不全になってしまった結果、尿毒症になると以下のような症状が出ます。

 多飲多尿(急性腎不全の場合は無尿になることがあります)
食欲不振
嘔吐
下痢
口臭
体重減少
浮腫
貧血
痙攣

もちろん、これ以外にも症状はありますが、初期に一番気がつきやすいものは、尿の回数が増加、やたらに水を飲む、食欲の低下や嘔吐といったポイントだと思います。そして、尿毒症は緊急な事態ですから、一刻も早く診断と治療が必要です。

犬の尿毒症の診断

血液検査と尿検査を行い、腎臓の機能を測定して診断を行います。一般の血液検査ですから、すぐに判明して治療開始となります。また、明らかに尿に石が出ていた、尿が出ていない、といったことがすでにわかっている場合は、検査をしながら緊急処置治も行います。
ただし、腎臓の機能は尿を作るだけではなく、他の機能もあり、それと連動して評価すべき値もたくさんあります。ですから、検査結果がたくさん数字で埋め尽くされていても驚くことはありません。
また、尿検査では特に、尿タンパクの有無や尿の濃さを見ることが重要となります。

犬の尿毒症の治療

腎不全を治療することが尿毒症を改善することでもありますから、第一に静脈から点滴をしてたくさんの尿を作り、排泄を促すことから始まります。点滴をすることで、血液検査で高かった値が正常に戻ることも期待します。心臓の問題があるワンちゃんは、そちらの治療と並行して、点滴も心臓に負担にならないように慎重に行います。
また、例えば、尿道などに石が詰まってしまっている場合は、それを取り除いて尿を出すことが即刻必要ですから、尿道に管を入れるなどの処置を行います。

犬の尿毒症の管理

尿毒症の状態が危機を抜けて安定してくると、原因や急性、或いは慢性腎不全では若干異なりますが、決められたフードのみを与えたり、内服薬の投薬、自宅での皮下点滴(人間では透析を行います)を行い、管理していくことになります。特に、腎臓が十分に機能しなくなっている慢性腎不全の状況では、リンやタンパク質は老廃物として排出できにくくなっているため、それらの制限をしたフードが必要になります。
また、急性腎不全による尿毒症の原因が尿石による問題であれば、石のできないようなフードを食べることと定期的な尿検査は欠かせません。そして、慢性腎不全では内服薬の種類も合併している病気の有無により多種多様となりますが、何より長期戦となりますから定期的な通院と血液検査をしっかり行っていくことが必須です。

 

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中