暑い季節に食べたくなる「すいか」。犬の食事はあくまでも総合栄養食のドッグフードが基本ですが、おやつとして、また飼い主とのコミュニケーションの一環としてすいかをあげてもよいのか?犬はすいかを食べてよいかどうかについて解説します。

犬にとってすいかは害があるか?

結論から言うと、すいかは犬にとって害のある食べ物ではありませんので、適量であれば犬に与えても問題はありません。
すいかは、水分、炭水化物、タンパク質、ビタミンC、カリウム、マグネシウムカルシウムなどが含まれていますが、どれも犬にとって害のある成分ではなく、中毒を起こす心配もありません。

犬は人間と比べると、舌に味を感じる味蕾の数が少ないですが、甘味を感じる味蕾があるので、一般的に甘味のある食べ物を好みます。(※猫には当該の味蕾が存在しないため、甘味を感じることができません。)すいかの甘味を好んで食べる犬も多いようです。おやつやデザートとして美味しく、喜んで食べてもらえると言うのは犬にとっても飼い主にとっても嬉しいことです。

犬にすいかを与えるときの注意事項

味付けはせずにそのまま与えるようにしましょう。人間はすいかに塩をふりかけて、より甘味を感じやすくすることがしばしばありますが、犬にとっては塩分の過剰摂取になってしまいますので要注意です。
すいかの種や皮は消化できず、消化器官に負担をかけてしまいます。また、皮には残留した農薬が付着していることもあります。種や皮はあらかじめ取り除いで食べてしまわないようにしましょう。

犬がすいかを食べることのメリット

・水分、カリウム
すいかには、水分やカリウムが豊富に含まれています。水をあまり飲まない犬にとっては、十分な水分とカリウムを補給することで脱水症状の予防にも役立ちますし、カリウムは疲労回復や利尿作用もあるため、尿路結石の予防効果も期待できます。
・リコピン
すいかにはトマトの1.5倍と豊富な量のリコピンが含まれています。リコピンには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果や、ガンの予防にも効果的です。
・ビタミンC
すいかには抗酸化作用のあるビタミンCも多く含まれています。犬は肝臓でグリコーゲンからビタミンCを合成することができますので、人間と比べると、必ずしも食事からビタミンCを摂取する必要はありませんが、病気や加齢など、ビタミンCを通常より多く必要としている場合には、食事からもビタミンCを摂取することは健康にプラスに働きます。
・シトルリン
すいかにはシトルリンというアミノ酸が含まれています。シトルリンは1930年に日本ですいかから発見された成分です。シトルリンには、血管拡張作用があり、血液のめぐりをスムーズにする効果があります。シトルリンは、すいかの中央部よりも、皮に近い白い部分に多く含まれています。

犬がすいかを食べることのデメリット

当然ですが、すいかは主食ではありません。あくまでもおやつやデザートとして適量にとどめなくてはなりません。それ以上に多く与えてしまうと、様々なデメリットが生じます。

・水分過剰
すいかには水分が豊富に含まれていますので、過剰に食べると、お腹を壊して下痢をしてしまう心配があります。特に、冷やしたすいかはお腹を壊しやすいので気をつけましょう。
・糖質
すいかには、100gあたりおよそ9gの糖質が含まれています。果物と比較するとそれ程多いわけではありませんが、多く食べると肥満につながります。
おやつを与える量は、1日の摂取カロリーの10%以下が目安です。すいかは37kcal/100gですので、犬の体重が3kgの場合は50g程度、10kgの場合は100g程度、25kgの場合は300g程度が摂取カロリーの観点から見た上限の目安となります。
・アレルギー
大抵の犬にとっては問題ありませんが、ウリ科の植物にアレルギーを持っている犬もいます。
すいかを初めて与える場合は、嘔吐や下痢、皮膚の発赤などのアレルギー症状がないか、ごく少量だけを与えて様子をみることが重要です。
筆者yukiya.hiプロフィール:
動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け