空前のペットブームで家庭の1/3に何かしらのペットを飼っているという統計があるほど、私たちがペットと生活をすることが当たり前の時代になりました。
ペットはたくさんの癒しを愛情を私たちに与えてくれますが、病気にもかかってしまうときがあり、とても心配になりますよね。
ペットの病院は人間とどこがどう違うのか、またペット保険は本当に必要なものなのか、何を基準にして選べばいいのか悩む飼い主さんに向けて、今回はペット保険の選び方などの情報をお伝えしていきます!


ペットと人間の病院の違いは?

人間にも病院があるように、ペットにも病院があります。
動物病院は人間の病院と同じように、予防接種や健康診断をはじめ、外科的な手術や入院などもあります。
人間の場合は健康保険証や国民健康保険証の提示で医療費が3割負担になります。
保険証を忘れた場合は、10割負担になり、後日保険証を持っていくと差額を返金してもらえますし、また医療費が高額な場合は、市町村に届け出れば減額されるというケースもあります。
ではペットの場合はどうなっているかご存知でしょうか?
ペットの場合は、一律10割負担が当たり前です!
手術や入院なども10割負担なので、高額になってしまいますが、減額などもまずありません。
しかし、ペットも病気にかかってしまうこともあります。
そこで考えられたのがペット保険なのです。

ペット保険で受けられることは何?

ペット保険の加入で受けられることは以下のものが挙げられます。
・医療費の負担割合の変動
・葬祭保険金
・高度後遺障害保険金
・賠償保険金
それでは詳しく内容を見て行ってみましょう!

医療費の負担割合の変動について

はじめにご説明しましたが、ペットの医療費は10割負担が基本だと先程言いましたね。
この10割負担をペット保険に加入することで、負担割合を変えることができます。
負担割合は3割~7割に設定することができ、各種保険会社によって異なります。
これは通院、ガンを含む手術、入院に適応するものとそうでないものがありますので、しっかりチェックしたいポイントになります!
例えば、入院7日間の場合、全ての処置を全額負担だと約130,000円程度になることが多いのですが、これが3割負担なら39,000円になりますし、5割負担なら65,000円に、7割負担なら91,000円になります。
残りの金額は保険会社が負担してくれます。
これだけの差額が発生するのなら入っておきたいと思いますね!

葬祭保険金について

ペットが亡くなってしまうと、飼い主さんの心にポッカリと穴があいた気持ちになり、とても悲しみに暮れてしまいます。
ペットのためにしっかり供養したいと考える飼い主さんも多く、ペット用の仏壇や、お位牌などの仏具を購入して供養する方もいます。
この時にペット保険の葬祭保険金で購入費用の一部を負担してもらえる保険があります。
火葬などにも保険を適用することができるので、飼い主さんの納得のいく供養が
行えるのです。
葬祭保険金はセレモニー費用特約や火葬費用特約などの名称のこともあります。

高度後遺障害保険金について

ペットが交通事故などに合い、手術をしたが後遺症が残ってしまう場合があります。
後遺症のせいで寝たきりになってしまうと、他の部分まで何かしらの病気にかかってしまうことがありますので、ペット用の車いすなどの購入を検討する方も多く見受けられます。
しかし、ペット用の車いすは金額が高いこともあり、なかなか購入の実現までにたどり着くことができない場合もあります。
この時にペット用の車いすの購入費用を保険金で一部を賄えるようにしたものが、高度後遺障害保険金です。
保険会社によっては、ペット用車イス費用特約の名称であることもあります。

賠償保険金について

ペットが何らかの事情で他人に噛みついたり、物を壊してしまった場合、飼い主さんに全ての責任が問われます。
被害者の病院代や物の再購入に必要なお金を支払わなければいけません。
しかし、通院が長引いたり、物の再購入の金額が高額になることもあります。
なので、この時に利用できるのが賠償保険金です。
保険会社によって異なりますが、1度の事故につき1,000万円ほどの補償を受けることができます。
万が一に備えておくことも、飼い主の責任として重要なことですよね!

ペット保険の選び方ポイント!

ペット保険はペットを飼っている方にとって大切なものであることがお分かりいただけましたか?
お金がないと手も足も出すことができず、愛犬の治療が遅れたりしてしまい命に関わることもありますし、誰かに怪我をさせてしまった場合はとても大変なことになります。
これらのことを補償してくれるのがペット保険です。
しかしペット保険の種類は多く、どこを選べばいいのか迷うところです。
次にペット保険の選び方のポイントについてご紹介します!

ポイント①対応できるペットの種類と年齢の確認

ペット保険には対応できるペットの種類が限られているものもあります。
犬、猫については、ほとんどの保険会社が適応になっていますが、鳥類や小動物、爬虫類の場合は、保険会社の数が少ないので注意しましょう。
また加入年齢についてですが、加入しようとしている時のペットの年齢で保険に入れるかどうかが決まるポイントです。
年齢が7~8歳の場合は、加入することが難しくなる保険会社もありますし、生後30日~の加入条件が多いのでチェックしましょう。
また、既往歴と健康状態によっても受けられる補償内容が変わります。
約款を見ると掲載されているのですが、なかなか素人目には確認が難しいところがありますので、保険会社に問い合わせてみるのが良いでしょう。

ポイント②補償内容と掛け金のバランス

ペット保険には初めに述べたように医療費の負担割合などのプランや特約プランがあります。
負担割合をMAXで設定し、全ての特約に加入すれば確かに、全てにおいて補償されるのでいいと言えますが、その分掛け金も上がります。
なので、どの補償内容が必要なのか、掛け金はいくらになるのか、しっかり確認しましょう。
また、ペットの年齢が幼かったり、シニアだったりでも選ぶ補償が変わってきます。
怪我や病気が多い幼い時期には、しっかり手厚い特約も選び、シニア期のペットには終身可能な補償内容を選ぶ必要があるでしょう。
終身可能の保険プランの場合は、保険料がどのくらい上がるのか、また一定なのかの確認も重要なポイントです!

ポイント③年間限度日数を確認する

年間年度日数とは、保険会社によってことなりますが、年間で通院や入院で利用できる日数が決められていることです。
これを超えてしまうと、補償を受けられないので注意したいところです!
大体の方が限度日数を超えない場合が多いのですが、短すぎるとそうも言えません。
ペットが病気しがち、怪我をしがちと感じている方には回数制限なしのプランがある保険会社もありますのでチェックしてみましょう。

ポイント④通院病院が対応しているかの確認

ペット保険では補償金の受け取りが2タイプあります。
1つ目は病院で全額負担し、後日保険会社に郵送で領収書を郵送して指定口座に振り込んでもらうタイプ。
2つ目は、病院の窓口で保険証を提示し、その場で減額してもらい、病院に差額を支払ってもらうタイプです。
1つ目のタイプは全額即金が必要になりますが、2つめのタイプは差額分のみの支払いなのでお財布に優しいと言えます。
また、かかりつけの動物病院によって提携している保険が異なってしまうので、加入しようと考えている保険が対応しているかのチェックも大切です。

ポイント⑤加入者限定の割引きがあるかどうか

保険会社の中には加入者限定でサービスを優待的に使えることもあります。
例えばドッグランやペットの旅行先ホテルの割引きや、病気やしつけの無料相談電話などです。
また、保険料の割引きもマイクロチップが体内に入っているかどうかでしてもらえる場合もあります。

ポイント⑥損保保険会社と少額短期保険会社

ペット保険には損保保険会社と少額短期保険会社があります。
どちらも国の認可を受けているので信頼性はありますが、万が一保険会社が破綻した場合、少額短期保険会社の方が、途中解約になる場合がありますので、チェックしたいポイントになります。

この記事のまとめ

ペットの保険はニーズが高まっている傾向にあり、やはり加入していた方が、万が一の時に役立つものと言えます。
可愛いペットのことを考えると、手厚い医療を受けさせてあげたいとどの飼い主さんも考えるのではないでしょうか。
どの保険会社がペットに合っているかチェックし、ポイントを押さえながら選んでみてください。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中