オーブンベイクド製法という通常のドッグフードの10倍の生成時間をかけて作り出されるオーブンベークドトラディション

実際に利用した方の口コミを見てみましょう。

オーブンベークドトラディションの評判・口コミ

独自のオーブン調理をされているということでとても香りが良く、原材料もオールナチュラルを使われているので安心して与えることが出来ます。また、成分についても、裏面に詳しく記載してあり原材料・成分分析値・栄養添加物についてもパーセンテージまで載っているので愛犬に足りていないことが気になる栄養をチェックするこちともできます。さらに愛犬のアレルギーについても配慮してあり買うときの確認が出来き、購買者への気遣いを感じます。愛犬の食いつきはもちろんとても良いです。

オーブンベークドトラディショナル アダルトチキン トイプードル 8才 利用している期間:2年間 87点

 

オーブンベークドトラディションの原材料と成分分析

オーブンベークドトラディションフィッシュ原材料と成分分析

フィッシュ(フレッシュフィッシュ22.6%、フィッシュミール18.3%)、大麦オート麦、キャノーラオイル、亜麻仁、玄米、精白麦、海塩、サツマイモ、ホウレンソウ、イヌリン、グルコサミン、硫酸コンドロイチン、アップル、バナナ、ブルーベリー、ブロッコリー、クランベリー、海藻類、ユッカシジゲラエキス、ローズマリー【ビタミン類】:ビタミンA(レチニルアセテート)5000IU、ビタミンD3(コレカルシフェロール)500IU、ビタミンE500mg【ミネラル類】:鉄アミノ酸キレート533.3mg、亜鉛アミノ酸キレート800mg、マンガンアミノ酸キレート33.3mg、第2銅アミノ酸キレート48.7mg、亜セレン酸ナトリウム0.24mg、ヨウ素酸カルシウム2.4mg【アミノ酸類】:タウリン1000mg【技術的添加物】:クエン酸【酸化防止剤】:天然酸化防止剤
粗タンパク質 / 23%以上、粗脂肪 / 14%以上、粗繊維 / 3%以下、水分 / 10%以下、カルシウム / 1.0%以上、リン/ 0.8%以上、カリウム/ 0.6%以上、ナトリウム/ 0.25%以上、マグネシウム / 0.1%以下、粗灰分/ 7.5%以下、オメガ-6脂肪酸 /3.25%以上、オメガ-3脂肪酸 /0.75%以上、炭水化物 : 48.5%、糖分 : 1.18%、pH : 6.6

オーブンベークドトラディションチキン原材料と成分分析

チキン(骨抜きフレッシュチキン18.3%、チキンミール7.7%)、大麦オート麦玄米フィッシュミール精白麦、キャノーラオイル、ライ麦、亜麻仁、乾燥鶏卵製品、サーモンオイル、海塩、ホウレンソウ、ユッカシジゲラエキス、イヌリン、アップル、バナナ、ブルーベリー、ブロッコリー、クランベリー、海藻類、サツマイモ、グルコサミン、硫酸コンドロイチン、ローズマリー【ビタミン類】:ビタミンA(レチニルアセテート)5000IU、ビタミンD3(コレカルシフェロール)500IU、ビタミンE50mg【ミネラル類】:鉄アミノ酸キレート533.3mg、亜鉛アミノ酸キレート800mg、マンガンアミノ酸キレート33.3mg、第2銅アミノ酸キレート48.7mg、亜セレン酸ナトリウム0.24mg、ヨウ素酸カルシウム2.4mg【アミノ酸類】:タウリン1000mg【技術的添加物】:クエン酸【酸化防止剤】:天然酸化防止剤
粗タンパク質 /22%以上、粗脂肪/12%以上、粗繊維/3.5%以下、水分 /10%以下、カルシウム/1.5%以上、リン/1.0%以上、カリウム /1.15%以上、ナトリウム/0.5%以上、マグネシウム/ 0.1%以下、粗灰分/7.5%、オメガ-6脂肪酸 /3.25%以上、オメガ-3脂肪酸/0.75%以上、炭水化物 : 45.8%、糖分 : 1.37%、pH : 6.6

オーブンベークドトラディションには、軟骨組織の構成をするグルコサミンとコンドロイチンが含まれており、加齢と共に弱る関節部分をサポートする効果が期待されています。

また、皮膚や被毛の美しさを維持するオメガ6とオメガ3も含まれており、健康をサポートすることに優れています。

さらに、穀類にはライ麦や玄米を使用しており、穀類にしては犬の胃腸への負担を緩和する配慮がされています。

そして、栄養素の添加量が記載されていたり、成分分析値も詳細に記載されていたりするので、愛犬の健康への関心が強い飼い主さんには嬉しい配慮であり、口コミでも高く評価されています。

その一方、気になる原材料もあるので、ご紹介します。

・チキンミール、フィッシュミール、サーモンオイル

ミールとは、レンダリング(♯1)により油脂(サーモンオイルなど)を精製した際の残りカスのことです。
オーブンベークドトラディションでは、チキンミールやフィッシュミール、サーモンオイルと、具体的な肉や魚の種類を記載されていますが、原料の産地や部位などが記載されていないので、良質なドッグフードを取り扱うカナダ産にしては、少し気になるところです。

(♯1)レンダリング
レンダリングとは、動物の脂肪を溶かして精製することです。
人間用の食肉として食べられない部位(骨など)や、事故や病気で死んだ動物を熱で溶かして、ミールやエキスを作ることもあります。

・大麦、オート麦、玄米、精白麦、ライ麦

オーブンベークドトラディションの原材料を見ると、大麦、オート麦、玄米、精白麦、ライ麦といった穀類が分けて表示されている一方、骨抜きフレッシュチキンやチキンミールはチキンとして一括りで表示されています。
この表示方法をする場合、肉を主原料として作られたフード、と消費者に思ってもらいたい、という意図があることもあります。
穀類にしては良質なものを使用しているのに、この表示方法は残念です。

関連:ドッグフードで絶対に避けるべき原材料 “4Dミート”

関連:ドッグフードの原材料 〜チキンミール〜 特徴と留意事項

オーブンベークドトラディションの良い点・悪い点

以下では、オーブンベークドトラディションの良い点悪い点をご紹介します。

・良い点  原材料や製造方法が分かりやすい

オーブンベークドトラディションでは、原材料が詳細に記載されているため、ドッグフードの原材料名をあまりチェックしない飼い主さんでも、比較的、見やすくなっています。

また、オーブンベークドトラディションは、その名の通り、オーブンにより製造しているため、通常の10倍の時間をかけてドッグフードを製造しています。
そうすることで、香りや風味、栄養分を損なうことなく、フードに留めておくことができます。

・悪い点  栄養添加物や賞味期限が見にくい

オーブンベークドトラディションでは、栄養素の添加は、原材料と分けて表示しています。
そのため、初めて原材料を見た場合、酸化防止剤として使われている添加物などが分かりにくいです。

また、賞味期限は独特の表示方法を取っています。
例えば、賞味期限が2018年3月31日の場合、MR18と表示しています。
輸入品の場合、このような表示方法を取っているメーカーもありますが、初めて見た飼い主さんには不親切でしょう。

 

オーブンベークドトラディションを食べない子がいるのはどうして?

オーブンベークドトラディションでは、穀類が多く使用されているので、グレインフリー(穀類不使用)のドッグフードを好む子は、食べないことあります。

また、高温によって製造をしている一般的なドッグフードを食べ慣れている子の場合、オーブンベークドトラディションの芳醇な香りが、返って匂いを強く感じてしまい、食べないこともあります。食べ慣れてしまえば、こちらを好むようになるでしょう。

 

オーブンベークドトラディションは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価:

オーブンベークドトラディションは、基本的にはオススメのドッグフードです。
カナダ産のドッグフードは国産のドッグフードとは違い、人間の食品と同じ品質基準で製造しているメーカーが多く、オーブンベークドトラディションでも、この基準を設けています。

しかし、見ずらい表示箇所が目立つので、犬の飼育に慣れている飼い主さんであれば、フードの表示も見慣れているので、良いでしょう。

外部リンク:アマゾン販売ページへ

外部リンク:楽天販売ページへ

btbj.fa略歴
2014年、ペット業に就く。
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合う中で、多くの飼い主さんの悩みがフードにあることを知り、わんちゃん・ねこちゃんの身体に負担をかけないペットフードを多くの飼い主さんに知ってもらうため奮闘中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中