犬と人間は同じ哺乳類ですが、人間には問題なくても犬にとっては毒物となる物も多々あります。犬が食べてはいけない食べ物を紹介します。

ネギ類

ネギ類は犬が絶対に食べてはいけない食べ物です。長ネギ、ニラ、ニンニク、タマネギ、ラッキョウといったネギ属には、アリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。アリルプロピルジスルファイドは犬の血液中のヘモグロビンを酸化させることで、赤血球を破壊してしまい、貧血や血尿を引き起こします。他にも中毒症状として、嘔吐・下痢や呼吸困難を引き起こすこともあり、非常に危険です。症状の重さは個体差によりますが、最悪の場合は死にも繋がるので、絶対に与えないようにしなければなりません。加熱しても毒性は消えませんので、ネギ類そのものだけでなく、カレーやハンバーグ、肉じゃがなどネギ類を使った料理も誤って食べてしまうことがないように注意が必要です。

カカオ

チョコレートやココアなどカカオが含まれるものは犬が食べてはいけない食べ物です。カカオに含まれているテオブロミンという成分が中毒を引き起こします。食べた直後には症状は現れず、摂取してから数時間後に症状が出ます。
中毒が起こると、消化不良、多尿・下痢、嘔吐などが現れ、ひどい場合は痙攣や呼吸困難、不整脈を誘発して死に至ることもあります。
中毒を起こす危険量や致死量については諸説あり、当然個体差もありますが、一例として体重10kgの犬の場合、カカオの少ないホワイトチョコレートでは5,000g程度と相当量を食べない限り中毒は起きませんが、ミルクチョコレートでは86g、カカオの多いブラックチョコレートでは41gという実験結果があります。危険量の5倍程度が致死量となります。
小型犬の場合ですと、板チョコ一枚でも十分に危険な量となりますので、誤って口にすることがないよう十分に注意が必要です。
なお、デオブロミンは茶にも含まれますが、微量なので中毒の心配はほとんどありません。

ブドウ類

ブドウやマスカット、レーズンも犬が食べてはいけない食べ物です。ぶどう類のどの成分が犬の体に害となっているのかは明らかになっていませんが、ぶどうを食べると中毒症状が起こり、腎臓障害につながります。
食べた直後には症状は現れず、摂取してから2~3時間後に症状が出ます。
中毒が起こると、多飲や多尿、嘔吐、下痢などの症状が現れ、腎臓に痛みがあります。
個体差はありますが、体重1kgあたり30g以上と大量に摂取すると急性腎不全を発症し、ひどい場合は死に至ることもあります。レーズンは水分が少なくて成分も凝縮されているので、体重1kgあたり3g程度で中毒症状が出ることもあります。小型犬の場合は中毒量に達しやすいので、うっかり食べてしまうことのないよう特に注意が必要です。

キシリトール

キシリトールガムなど、キシリトールが含まれるものは犬が食べてはいけない食べ物です。犬がキシリトールを摂取すると、インシュリンが多量に放出されて低血糖状態になります。
食べてから少しの時間で中毒症状が現れ、症状が重い場合は痙攣を起こしたり、昏睡状態に陥る危険性もあります。
個体差はありますが、体重10kgの犬の場合、わずか1gのキシリトールを食べただけでも中毒症状を引き起こした例もあります。飼い主のキシリトールガムを誤って食べてしまうことのないよう注意が必要です。
キシリトールが犬にとって毒であることは比較的最近明らかになったこともあり、一部の外国製のおやつにはキシリトールが含まれている製品があります。購入前に必ず成分表記を確認することが重要です。

牛乳

牛乳は犬が飲んではいけないものです。牛乳に含まれるラクトース(乳糖)を体内で消化するためにはラクターゼという酵素が必要です。子犬には母乳を消化するために体内にラクターゼを保有していますが、成長とともにラクターゼは減少し、成犬ではラクトースを消化することができません。
成犬が牛乳を飲むと、消化不良によって下痢を起こしてしまいます。
子犬についても、ラクトースを消化することはできますが、そもそも牛乳と犬の母乳とでは成分が異なりますので、牛乳で代用するのではなく、必ず犬用のミルクを与えなければなりません。

筆者yukiya.hiプロフィール:
動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中