あなたが留守をしている間、犬が部屋を荒らしていたことはありませんか?
あなたの姿が見えなくなると、延々鳴き続けていることはありませんか?
思い当たる節がある場合、もしかしたらそれは分離不安かもしれません。
分離不安とは、犬の不安な気持ちから起こる行動を指します。
分離不安は精神的な問題なので、放置していても改善されるものではありません。そこで今回は分離不安について取り上げます。
あなたの愛犬が分離不安になっていないか、この記事を読んでチェックしてみてください。

分離不安とは?

先ほども少し触れましたが、分離不安は犬が不安を感じた時に起こす行動です。飼い主の姿が見えなくなった時、いろいろな行動をとって不安な気持ちを解消させようとするのです。
分離不安でみられる主な行動は以下のようなものがあります。

 

・部屋の家具や物を噛み、荒らす
家を留守にしている最中、飼い主がいなくなってしまった不安から部屋の物を噛んだり、壊したりします。

・鳴き続ける
遠吠えのような声で鳴き続けることが多く、近所トラブルの原因にもなります。

・体の一部分を舐め続ける
よく見られるのが、前足を噛んだり、舐め続けるといった動作です。酷くなると脱毛や変色がみられるようになります。

・トイレではない場所で排泄をする
トイレトレーニングを覚えていても、トイレではない場所で排泄をしてしまうことがあります。

・嘔吐する
分離不安による嘔吐はしばしば見られますが、病気の可能性もあるので、長い間続く場合は動物病院へ相談する必要があります。

・震える
恐怖を感じた時のように全身が震え、荒く呼吸をすることがあります。

 

これらは分離不安を表すサインです。
分離不安は飼い主と離れた状態で起こります。部屋が荒らされていたり、不適切な場所で排泄をしていたりしても、ただの問題行動と捉えてしまう場合があるので、分離不安に気づかないことが多くあります。
留守にしている間、犬がどのように過ごしているか確認するのは、部屋にカメラを設置しない限りわかりにくいものです。
分離不安になっているかどうかは、上記のサインを参考にしてみてください。

分離不安になりやすい犬

分離不安はどんな犬でもなりやすいですが、傾向として飼い主への依存が強い犬に多くみられます。
犬をいつも傍に置き、一日中甘やかしているような生活を送っている場合、犬の自立心が育たず分離不安になりやすくなってしまいます。
そのため、飼い主と犬はけじめのある関係が必要です。

分離不安を解消するには

分離不安のほとんどは、犬との関係性を見直すことで改善されます。
まずはしっかりとしつけを行い、はっきりとした主従関係を築かなければなりません。この主従関係は犬を飼う上で最も重要で、しつけをする際にも役立ちます。
本来、犬は群れで行動し、その中に決まったリーダーが存在していました。リーダーに従うことで、安心して暮らせる習性が備わっているのです。
そのため相手が子犬であっても、甘やかしてばかりではいけません。自分がリーダーになり、犬から信頼されるようになれば、例え留守にさせる時間があっても、大人しく待っていられるようになります。
今一度、犬との接し方を見つめなおしてみましょう。

・自分のベッドで犬と一緒に寝ていませんか?
・帰宅した時、すぐ犬に声をかけていませんか?
・家にいる間、犬とべったりくっついていませんか?
・自分のことよりも犬を優先させていませんか?

犬は大切な家族の一員ですから、一線を引いた関係というのは難しいと思います。しかし分離不安を直すためには、犬との関係性を築き直さなければなりません。

分離不安を直すためにできること

・ハウストレーニングを活用する
ハウストレーニングは、犬がクレートやケージなど決まった場所で落ち着いて過ごせるようにしつけることです。これができれば犬は留守番ができるようになり、部屋の中を荒らすことがなくなります。犬の自立心を養うためには必要なトレーニングといえます。

関連:とっても大事!子犬のハウストレーニングについて

・留守にする前の言動を見直す
仕事に出かける前、犬に過剰なほど声をかけていないでしょうか?外出前の声がけや、必要以上に犬を構う行動は、犬にとって不安を助長させるものです。
また帰宅時、大袈裟に声をかけることも良くありません。大事なのは犬に「留守番はたいしたことではない」と思わせることなので、去り際や再会はあっさりとした接し方が良いでしょう。

色々試しても分離不安が一向に良くならない時は、獣医師に相談してみるのも手です。
正しい接し方やトレーニング法を教えてくれることがありますし、精神を安定させる薬を処方される場合もあります。
1人で悩まずに、できることから始めてみましょう。

まとめ

分離不安は犬の心の病気といっても過言ではありません。かわいいからといって甘やかしすぎていると、いろいろな問題行動に発展し、ゆくゆくは近所トラブルになりかねません。
改めて犬の習性を理解し、適切な接し方を心掛けていくことで、望ましい関係性が築かれていくと思います。
犬がいつでも穏やかに暮らしていけるよう、信頼関係を築いていきましょう。

 

筆者紹介

Pigeonmilk
小さい頃から動物を飼育し、現在も動物関係の仕事に携わっています。また学生時代に培った動物の飼育、看護、福祉などの知識を活かした記事を書いていきたいと思っています。

 

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中