トイプードルの飼い主さんに多い悩みの1つに、トイレのしつけがあります。
トイレのしつけは、お部屋の清潔さを保つためにも、しっかりと教えたい基本のしつけです。
しかし、教えてもどうしても上手くいかないこともありますし、飼い主さんの悩みの種になりやすいのです。
今回はトイレのしつけに役立つ5つのコツについてご紹介していきます。

トイプードルのしつけは難しい?

まず、トイプードルのしつけをする前に、犬種の性格を確認してみましょう。
トイプードルの性格は以下のものが挙げられます。
・元気がいい
・社交的
・友好的
・温厚
・聡明
この性格を見ると分かるように、トイプードルはしつけが行いやすい犬種と言えます。
なぜなら、社交的、友好的な一面は、飼い主さんとの関係が築きやすいということになりますし、温厚で聡明な一面はしつけをしていても、しっかりと耳を傾け、記憶することができる犬種なのです。
飼い主さんが愛情をしっかり与えながらしつけをしていくことで、その分愛情を返してくれる犬種です。

トイレのしつけの基本を知ろう!

トイレのしつけの基本は、まずトイレの大きさや設置場所の確保になります。
トイレはメスであれば、トイレトレーにシーツを引いたもので構いませんが、オスの場合は、足を上げて用を足すこと(マーキング)がありますので、壁にも固定できるL字型のトイレトレーがおすすめです。
設置場所ですが、犬が心を落ち着けられる場所に置いてあげることが望ましいと言えます。
例えば、廊下や人通りが多い場所では、周りに気が散ってしまい、上手にトイレができない場合もあります。
なので、どうしても廊下などにトイレを設置しなければいけない場合は、トイレ自体に囲いが付いているものであれば、犬も安心して用を足すことができますので、取り入れてみてください。
また、寝床の近くにトイレを設置すると、嫌がって用を足さない犬もいますので、寝床からは離れた場所に設置してあげてください。
トイレトレーの準備や設置場所が確保できたら、次のステップに進みましょう。

①トイレのしつけのコツ!におい付きシート

犬は人間より嗅覚が優れており、その数値は人間の100万倍以上と言われています。
よってトイレのしつけには、この優れた嗅覚を利用してみましょう。
トイレのしつけ用に、犬にしか分からないにおいが付いたトイレシートが販売されています。
このトイレシートを利用すると、トイレに誘導されているかのように、すんなりトイレに行ってくれるようになります。
しかし、通常のシートより少しお値段が高い事がありますので、もう普通のトイレシートを買ってしまったよ、という方は、愛犬が粗相した部分を新しいトイレシートに少し染みこませたものを使うことでも、同じ効果が得られますので試してみてください。

②トイレのしつけのコツ!狭い範囲から練習する

トイレのしつけのコツの2つめは、狭い場所からトレーニングを始めるということです。
家の中でフリーの状態で飼っている犬の場合、部屋が広すぎてトイレの場所が分からなくなってしまう犬もいます。
まずは、ドアやゲートなどを利用して狭い範囲からトレーニングを始めてみてください。
また部屋が広すぎる場合は、その分トイレの数を増やしてあげることも、トイレのしつけのコツです。
トイレに行きたくなったら、どこでもすぐ行ける環境も大切なのです。

③トイレのしつけのコツ!粗相の場合は除菌消臭を!

トイレトレーニングをしていても、失敗してしまうこともあります。
その場合、粗相した場所をキレイに掃除して、消臭除菌を行ってください。
消臭は、粗相した場所に残ったにおいをトイレのにおいと感じて再びの粗相を防ぐためにしておかなくてはいけないことです。
除菌は、粗相をしてしまった場所の雑菌の繁殖を抑えるために必要です。
掃除にはスチームモップを使うと消臭除菌ができておすすめですが、無い場合はしっかりと掃除をすることが大切です。
また、クエン酸を薄めたものをスプレーするとアンモニアを中和し消臭してくれます。
犬の口に入っても害がないので、掃除の為に1つ準備しておくと便利です。

④トイレのしつけのコツ!失敗しても絶対怒らない!

トイレのしつけで重要なことは、失敗しても絶対に怒らないことです。
犬は感情がある生き物なので、トイレを失敗して怒られてしまうと、トイレをすること自体が悪い事と思ってしまい、隠れて用を足そうとします。
隠れて用を足してしまう=粗相してしまうことに繋がるので、失敗しても怒らないようにしてあげてください。
粗相を見つけた時は、怒らずに、すぐに片付けることが大切です。

⑤トイレのしつけのコツ!ご褒美を与える

トイレが上手にできた場合は、必ずご褒美をあげましょう。
ご褒美というのは、飼い主さんがたくさん撫でたり、声をかけて褒めてあげることもそうですし、大好きなおやつを与えることもご褒美になります。
トイレで用を足せた=良いことが起こる、と犬に記憶させてトイレトレーニングをすることが大切なことです。
トイレトレーニングは、今日やって明日できるようになるとは限りませんので、できなくてもゆったりと受け止めてあげながら進めていくことが大切です。
トイプードルは飼い主さんとの関係を築くことが得意な犬種です。
たくさんのコミュニケーションを取りながら、トレーニングを行っていってください。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中