暑い季節になると、人間は洋服を薄手の物に交換することで乗り切ることができますが、ワンちゃんの場合は全身の毛皮が邪魔をします。ですから、ワンちゃんは明らかに人間とは暑さに対する感じ方が異なります。毛皮があることで人間より寒さに耐えることができる一方、夏の暑さなどには弱いと言えます。
また、犬種によって毛皮がシングルコート(1層)の場合とダブルコート(アンダーコートとオーバーコートの2層)の場合がありますが、例えば、シングルコートのプードルは抜け毛が少なく、ダブルコートの犬種のように毛がごっそりと抜けて夏場にスッキリするわけではありません。

では、熱を溜め込みやすいように出来ている体は、どのように熱を逃がすことができるのでしょうか?人間は暑いと感じた場合には服で調節したり汗をかくことで体温を下げますが、ワンちゃんたちは毛皮を脱ぐことはできず、口を開けてハアハアとパンティングをして体温を下げたり、冷たいタイルなどの上にべったりと寝そべったりするしかありません。そのため、ワンちゃんの負担を減らすためには、気温が一定であることが望ましいと言えるでしょう。

暑さ対策

以前の日本の夏は、朝から気温が連日高いということはあまりありませんでした。また、ワンちゃんも外飼いが多く、よく日陰に繋がれているワンちゃんや犬小屋に潜って涼んでいる姿を見かけたものです。しかし、現在は外気温が連日35℃近くまで上昇し、その上、頻繁にスコールのような雨が降ったりすることもあり、湿気が一気に上昇するという悪条件が揃ってしまいました。ですから、特に小型のプードルを始め、スタンダードのような大型犬も、天候に左右されない室内飼いが理想と言えるでしょう。

飼い主さんが一緒にいる時は、おそらく飼い主さんが好む気温もあると思いますから、エアコンを使う派と使わない派に分かれると思います。しかし、いずれの場合にも、暑すぎず、寒すぎずを保つことが対策の目玉となります。また、飼い主さんがそばにいる際には、ハアハアしていないか、逆に寒そうにしていないかをしっかりと確認してあげましょう。
次に、飼い主さんが不在である場合を考えてみます。締め切った部屋に何時間もじっとしている、あるいはケージに入っていることが殆どだと思います。その際に注意しなければいけないことは以下の3点になります。

1. 室温、22から25℃程度。
2. 湿度、60%を超えない。
3. お水、タオル、クールマットなどの準備。

室温を一定に保つためには、扇風機などで風通しを良くしたり、エアコンを使うことをおすすめします。ただし、室温はエアコンを使っても日差しの入り加減でも変化しますから、日差しはカーテンの隙間から入る程度に調節することも必要です。

また、乾燥しすぎや湿度が高くなりすぎないような工夫をして(除湿器やエアコン機能を参考に)、沢山のお水が飲める状態にすることを忘れてはいけません。湿度が高い場合、暑さなどで上がった体温を効率よく下げることができず、結果的には熱中症になりかねません。
お水は喉が渇いている時に飲むだけではなく、パンティング(息をハァハァさせる行為)をしているワンちゃんにとって、お水を飲んで体をクールダウンさせることは非常に重要です。そして、タオルやクールマットを用意して、ある程度ワンちゃん達が暑さと寒さを自分で調節できるような状態にしておきましょう。

暑さ対策の落とし穴

暑さ対策のために、お留守番中にエアコンを使うことは止むを得えないことです。ただし、停電や電化製品の故障には注意が必要です。エアコンや扇風機などのメンテナンスをしっかりと行なわなければなりません。エアコンが外出中に壊れてしまっていたなどの悲劇がないように、万が一も想定してお留守番時間を短めにして環境を整えて下さい。

また、もう一つの落とし穴は、暑さ対策でサマーカットをしたばかりの時の体調不良です。よくあるプードルのサマーカットは体幹部が非常に短くなっていますから、カットしたばかりの時点では、まだ自分の体と気温のバランスがうまくとれません。突然毛皮が薄くなってしまったことで体調を崩しかねませんから、カットをしたばかりの時はエアコンお留守番は避け、数日は様子を見ながら(場合によっては、一枚薄手の服を着せるなどして)体を慣らしてあげて下さい。さらに、カット後のお散歩も注意が必要です。人間より薄い皮膚のワンちゃんは、短くカットした後に皮膚がむき出しになり、日差しを強く感じてしまうことがあります。外出時は常に日差しを意識して下さい。

 

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け