気温が少し高めになってくると、必ずと言って良いほど話題になるのが熱中症です。
”今日は一日、ビーチで遊んで楽しかったけれど、さっきからずっとハアハアしてる、フラフラして来た!熱中症かしら?” と、慌てて病院に行かれる方は少なくありません。では、この熱中症の状態とはどういうものでしょうか。

一言で言えば、高熱状態です(ワンちゃんの場合は39℃後半になると高熱と判断します)。ワンちゃんや人間は、常に一定の体温(ワンちゃんは38℃前半から39℃前半、人間は36℃前半から37℃前半)を保っており、運動や暑さにより体温が上がってしまっても、自分で下げる働きがあります。しかし、長時間の高温状態や高湿度状態が続くといった場合には、体温が高いままで、自分で下げ切れないことがあり、結果的に熱中症に陥ってしまうのです。そして、それはまるで ”臓器が熱いお湯で熱せられた状態” とも言えるしょう。

外側からわかる症状としては、ハアハア(パンティング、ワンちゃんは、これで体温を下げようとします)が止まらない、目がうつろ、心臓のバクバクした拍動、ふらつき、よだれ、嘔吐、舌の色が異常な程赤い、あるいは紫、痙攣、そして意識がなくなる、といったことが挙げられます。そして、最悪な場合には亡くなってしまうことがあるのです。

犬の熱中症対策

熱中症は体温上昇が最大の問題になりますから、体温を上昇させない工夫が絶対に必要です。

まず、外出時の対策に関してですが、一番最初に飼い主さんに気をつけて頂きたいことは、お散歩の時間帯です。

小さな赤ちゃんを育てた経験のある方は、おそらく見当がつきやすいと思うのですが、外出する時間の外の気温は、体の小さな子供さんやワンちゃん達には何よりも重要になってきます。特に都会に住んでいる場合は、気温が下がっている夕方でも、地面のアスファルトはかなり熱くなっています。

ですから、飼い主さんはワンちゃんが裸足で歩いても熱くないかをしっかりと触って確認しなければなりません。ワンちゃんは大人の人間より小さく、丁度、赤ちゃんがヨチヨチ歩きをしている高さぐらいの位置で地面の熱を感じることになります。数秒間、地面に手を当てていてもあまり熱くないようでしたら、ワンちゃんの足の裏にも影響は少なく熱気も収まって来ているので、お散歩に連れて行ってあげられます。

また、お散歩の通り道ですが、道路はどこも同じ条件の熱さではありません。人間と同様に日陰を歩く、土の道を選ぶ、なども心がけてあげましょう。そして、場合によっては、いつもより短い時間で切り上げることも必要かもしれません。

次に、ワンちゃんの毛皮は温かさを保ってくれる分、暑い時期には非常に熱をため込みやすく、サマーカットなどで涼しくしてあげることも対策の一つとして挙げられます。そして、お散歩の途中で水浴びなどができるような場所がある場合は、そういった場所を利用、或いは手持ちのお水(ボトルなど常時携帯)などで水浴びをさせてあげる、頻繁にお水を飲ませてあげるなどの方法で、上昇する体温を下げてあげることができます。
もし、首に巻ける冷たいタオルなどがある場合は、そちらも利用しましょう。首には太い血管があり、これを冷やすことで全身も冷えやすくなります。

そして、どんな季節でも、絶対にやってはいけないことは、車の中で待たせることです。

車の中は、常に温度が上昇しやすく身動きが取れません。窓を開けても全く意味はありません。冬場でも、車で待たせておいたワンちゃんが熱中症で運ばれるぐらいですし、まず、飼い主さんがそばにいない状態でワンちゃんを ”一人ぼっちで残す” ことは、熱中症対策以外の観点からも、やってはいけないことです。

一方、ケージでお留守番をしている時は、室温を25度程度に(夏場と冬場、また犬の種類により多少の差がある)設定し、冷たいカーペットのようなものと、タオルなどの暖かくできるものを同時に用意しておいた方が良いでしょう。少し寒いと感じたら、タオルに潜り込むことができます。次に、湿度も60%を越えると体温調節がしづらくなる可能性が出て来ますから、特に蒸し暑い日本の夏の密封された室内は注意が必要です。飼い主さんと一緒にいる場合は、パンティングが無いかをチェックしてあげることが対策の一つになります。
そして、季節に関わらず日頃から風通しを良くし、お水は常に飲めるようにしておくことを決して忘れてはいけません。

犬の熱中症の治療

繰り返しになりますが、熱中症は死につながる大変恐ろしい状態です。治療は、体温を物理的に下げる(水を浴びせたり、氷で冷やしたり)ことと、点滴により体液循環を改善させることがメインになります。ですから、絶対に飼い主さんの判断で様子を見るのではなく、ハアハアが止まらない、ちょっと苦しいのかしら?と思ったら、一刻も早く病院に連れて行きましょう。獣医師の口から ”大丈夫です” を聞くまでは、絶対に安心してはいけません。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中