ペットは大切な家族でありパートナーです。
大事に扱われるようになり、長生きするようになってきました。
それに伴いさまざまな病気を抱えるようになりました。

その中で、老犬に見られる老化現象の一つとして白内障があります。
白内障は人間でもよく聞く病気ですが、犬もかかりやすい病気です。

白内障は眼が白く濁るのが特徴なのですが、

「なんだか、ウチの子の目が白く濁っている気がする」

このように感じたら、それは白内障のサインかもしれません。

この記事では犬の白内障について症状、原因、治療法をまとめました。
正しい知識を身につけて愛犬を白内障から守りましょう。

■■白内障について

■■■症状

白内障は眼が白く濁るのが特徴です。

初期は白く濁る部分も少なく日常生活に支障をきたすことはほとんどありません。
徐々に水晶体が濁っていき、白くなる範囲が広がりをみせて最終的に真っ白となります。

瞳孔にも変化が見られます。
普通は暗いところでは瞳孔が大きくなり、明るいところは小さくなりますが、白内障により、光を取り入れられなくなり瞳孔は開きがちとなります。

病気が進行すると、ふらふらと歩くようになり、物にぶつかったり、何気ないところでもつまずくなどの症状がみられます。
また、性格面でも物音に敏感になったり、夜泣きをするなど精神が不安定になります。

だんだん視力が落ちていき、最悪な場合は失明する恐れもあります。

■■■原因

原因としてまず考えられるのが加齢によるもの。
若いころに発症するケースもありますが、6歳以上になると白内障を発症するリスクが上がります。

遺伝的な要素もあります。
コッカースパニエル、柴犬、トイプードル、キャバリア、マルチーズ、シーズー、ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、ヨークシャテリア、フレンチブルドッグ、チワワ、ミニチュアシュナウザー、トイプードルなどがなりやすい犬種です。

参照は遺伝による好発犬種

他にも、糖尿病などの全身疾患の合併症として白内障にかかることもあります。

■■■治療法

内科的治療と外科的治療があります。

軽度の場合は点眼薬や内服薬で治療することが一般的です。
内科療法は進行を遅らせるのが目的で治癒を目指すものではありません。

生活に支障をきたすほどの重症になると外科的治療が選択されます。
白濁した水晶体を吸引し、人工眼内レンズを挿入します。
これにより視力回復が見込まれます。
ただ、眼科専門の動物病院は多くないので、病院を探すのが大変です。

■■白内障の手術は50万もかかるけど保険加入で安心

愛犬の白内障が進行し、手術が必要になったときに覚えておきたいことがあります。

それは治療費。

そもそも、犬の治療は保険がきかず、自由診療なので高額です。

白内障の手術はどのぐらいの費用がかかるのでしょうか?

おり動物病院は1眼あたり20~25万円くじら動物病院は両眼で55万円程度(税抜)となっています。

これらは参考価格ですが、両眼で50万円前後はかかってしまうのが現実です。

もし手術しなければ失明する恐れがあったとして、50万円はそう簡単に用意できる金額ではありません。
このとき保険は心強い味方となります。
50万の治療費がかかっても、70%保障のペット保険に加入していれば35万円が戻ってきます。
実質15万円で治療できることになります。

愛犬に最高の治療を受けさせたいのは飼い主なら誰でも思うことでしょう。
何が起こるか分からないからこその安心が保険です。

■■まとめ

白内障の治療は早期発見で正しい治療方針を決めることが大事です。

症状が進行すれば外科的手術も検討されます。
その際は莫大な費用がかかることを頭に入れておいてください。

いざというときのために、ペット保険は検討してみてはいかがでしょうか?

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中