鼻炎とは鼻腔粘膜の炎症と言えばそのままですが、広い意味では鼻の奥にある副鼻腔(目の下やおでこの中央)と言われる部分の炎症も含まれます。ここに炎症が起こるとネバネバした液体が分泌されて、やがて鼻に違和感を感じ始めることになります。

人間の場合に鼻炎と聞くと、真っ先に頭に浮かぶのはアレルギー性鼻炎ではないでしょうか?

春先になると必ず花粉症の話が出てきて、涙・くしゃみ・鼻水が出てしまう方の悩みは非常に辛いと思います。そして、ワンちゃんの場合の鼻炎も人間と同様のアレルギー性であったり、その他の原因による物もあり、急性と慢性の 2種類に分けられます。

急性の鼻炎は、例えば鼻腔に何か異物が迷入したりした場合が挙げられます。急に異物が入ったことで、突然くしゃみをし始めたりすることで気がつきます。

一方、慢性の場合にはアレルギー性であったり、ウイルス・細菌・真菌・寄生虫の感染症、免疫系疾患や腫瘍、歯周病の症状である場合が多いです。また、特に高齢犬の場合には腫瘍や歯周病の問題を抱えて慢性鼻炎になりやすく、免疫系に関連したリンパ球形質細胞性鼻炎はダックスフンドなどが好発犬種と言われています。

犬の鼻炎の症状

まず最初に飼い主さんが症状として気が付くのは、常に鼻水が出ていたり、くしゃみをしたりすることだと思いますが、それ以外にも以下のような症状が見られることがあります。

・開口呼吸や努力性呼吸
・咳や喉をガーガー言わせる
・逆くしゃみ(鼻を鳴らす)
・口臭
・鼻血
・食欲不振
・体重減少
・鼻をいじる
・匂いを感じない

犬の鼻炎の診断

鼻水が出たり、顔をこすったり(鼻をいじったり)する仕草、くしゃみや眼の充血などがある場合には鼻炎を疑います。

しかし、決定的な診断は非常に難しい場合も多く、これらの症状は様々な病気でも起こり得る為、聴診・触診・視診のルーチンなチェックのみならず、血液検査やレントゲン検査をされる場合も十分考えられます。更に、鼻水の採取をして検査センターで細菌の検査をしたり、細胞の検査をすることもあります。大抵、こういった検査を行う場合には1週間以上待たなければならず、その間に対症療法として治療薬を使用することが多いです。

特に高齢のワンちゃんの場合には腫瘍などによる複雑な問題が隠れていることがあり、思った以上の検査(例えば CTや MRI)が必要なことさえあります。ですから、単なる鼻炎で済まされない可能性も知っておくべきでしょう。

犬の鼻炎の治療

治療の方法は診断によっていくつかありますが、代表的な3つの原因の鼻炎は以下のようになります。

・感染症の場合:感染の原因に合わせて、抗生物質や抗真菌剤などを中心とした内服薬を必要とすることが多いです。治療開始が遅ければ遅いほど重症になるので、早めの受診しなければなりません。
・アレルギーの場合:検査によってアレルギーの原因となる物質(アレルゲン)を特定することが出来た場合には、まずそれを環境から除去する必要があります。特定出来ない場合には、できる限り環境を清潔に保ち、散歩コースを変更して帰宅後のブラッシングをしっかり行うなど、あらゆるアレルゲンの可能性を想定して排除できるようにします。また、アレルギーを抑える薬(抗ヒスタミン剤など)を内服する必要もありますが、アレルギーを抑える薬を飲み忘れてしまったりすると、症状がぶり返してしまうので注意しなければなりません。
・歯周病の場合:歯周病はプラーク(歯垢、食べかすと細菌の塊)が原因で起こります。歯磨きをしていないワンちゃんに非常に多く、放置しておくと固い歯石となって歯茎にダメージを与えて行き、すぐ近くにある鼻から眼へと細菌感染による炎症が広がります。その結果、鼻炎によるくしゃみ・鼻水・涙が出ます。この段階では抗生物質の内服だけでの一時的な症状の改善は期待出来ても、抗生物質をやめてしまうと症状は戻ります。その為、麻酔下での歯石除去とダメージを受けた歯の抜歯が必要となり、多くの飼い主さんはこの時に”普段からの歯磨き”の必要性を実感する訳です。

犬の鼻炎に関する注意

鼻炎になる原因の 1つであるウイルス感染の一部(パラインフルエンザウイルス、アデノウイルス、ジステンパーウイルスなど)は、ワクチンで予防ができると言われています。しかし、”ワクチンをしているから 100%予防できている”という訳ではなく、普段からの健康管理が絶対に必要であることに変わりはありません。
また、歯周病での鼻炎と知らされて驚く飼い主さんは多いです。重度の歯周病の治療は必ず麻酔下の処置が必要になりますから、常に歯磨きで歯の健康を維持して下さい。

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、ニューヨークで人と動物のホメオパシーを4年間学び、日本では小動物臨床を10年ほど経験。馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らし中。

スポンサードリンク