多くのドッグフードには酸化防止剤が添加されています。酸化防止剤には、天然成分のものから人工のものまであり、酸化防止の能力や、体に与える影響が異なります。
ドッグフードに利用されている酸化防止剤にはどのようなものがあるのか、犬の体にどんな影響を与えるのかを解説します。

なぜドッグフードに酸化防止剤が必要か?

「酸化」とは、物質が酸素と化合する反応のことです。ドッグフードにおいては、特にフードに含まれる脂肪と酸素の反応のことをいい、腐食にあたります。脂肪が酸化すると、栄養価が低下し、色や風味が悪くなるばかりでなく、化学反応によって生じた過酸化物による消化器障害を引き起こす懸念もあります。
動物性脂肪はエネルギー源として優れており、嗜好性もよくなりますので、ドッグフードには必ず脂肪が含まれています。
手作りのフードや、すぐに食べきるウェットフードは別として、開封してもその日中に食べきることのないドライフードについては、脂肪が腐るのを防止することで、必須脂肪酸と脂溶性ビタミンの栄養価を保ち、フードを新鮮な状態で維持するためにも、保存料としての酸化防止剤を添加することが必要です。

「酸化防止剤」=「悪」というイメージが広まってはいますが、酸化防止剤自体が体に与える影響よりも、酸化した脂肪の影響の方が大きく、体にダメージを与えますので、酸化防止剤はドッグフードに必要な添加物という認識が正しいと言えます。

ドッグフードに利用される酸化防止剤の種類

酸化防止剤は、大きく分けると「天然の酸化防止剤」と「人工(合成)の酸化防止剤」に分けられます。
天然の酸化防止剤は、酸化防止能力は低いけれど体への負担が少なく、人工の酸化防止剤は、酸化防止能は高いけれど体への負担が大きい傾向があります。
天然の酸化防止剤のみのドッグフードを選んで、なるべく短期間で消費しきることが望ましいとは言えますが、食べる量や早さ、購入量にもよりますので、一長一短と言えます。

 

主な酸化防止剤(東京都福祉保健局より引用・一部改変)

λ L-アスコルビン酸(ビタミンC)

ブドウ糖を原料として発酵により製造されます。水に溶けやすく酸性で強い還元作用があり、偏食や風味の劣化を防止します。ビタミンCとしての栄養強化にもなります。

λ エリソルビン酸(イソアスコルビン酸)

L-アスコルビン酸の立体異性体です。ブドウ糖を原料として、発酵、エタノール化などを経て精製されます。強い還元作用がありますが、ビタミンCとしての効力はほとんどありません。

λ トコフェロール(ビタミンE)

植物の種子などの油脂成分の酸化を防いでいるビタミンです。植物油脂から分離して精製されます。ビタミンEとしての栄養強化にもなります。
※化学合成によって精製されるD-α-トコフェロールもあります。

λ ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)

p-クレゾールとiso-ブチレンから化学合成により精製されます。ビタミンEの合成類似物質として作用します。脂溶性で高い酸化防止効果があり、安定性に優れています。

λ ブチルヒドロキシアニソール(BHA)

p-ヒドロキシアニソールとtert-ブタノールから化学合成により精製されます。BHTと同等以上の酸化防止効果があります。

 

他には、「エトキシキン」「プロピレングリコール」「没食子酸プロピル」「亜硝酸ナトリウム」なども人工の酸化防止剤として利用されています。

酸化防止剤の毒性

人工の酸化防止剤については、毒性や発がん性を持つものもあります。特に、亜硝酸ナトリウム、エトキシキン、BHT、BHAについては、「愛玩動物用飼料の成分規格等に関する省令」に置いてその上限値が定められています。

亜硝酸ナトリウム:100g/t以下
エトキシキン:75g/t以下
エトキシキン、BHT、BHAの合計:150g/t以下

例えば、BHAについては発がん性物質であることが問題視されることも多いですが、発がん性の確認された量は、1,322mg/kg/日とかなりの量です。
簡単のため、ドッグフードの体重1kgあたり、1日あたりの給与量を15gとして、規制の上限値である150g/tを含むフードを与えたとしても、BHAの量は、2.25mg/kg/日と、発がん性が確認された量の0.2%以下です。
規制値を守っているドッグフードであれば現時点では安全であると評価できます。
もちろん、BHA等に関してはまだまだ研究段階であり、解明されていない点もあるので、発がん性物質である限り与えないに越したことはありません。
しかし、「BHAが入っているドッグフードは癌になるから絶対にやめるべきだ」とまくしたてるような評価を与えるのはナンセンスではないでしょうか。

酸化防止剤は体に悪いと言って拒絶するのではなく、役割と特徴をよく理解した上で、適したフードを選択することが重要です。

 

筆者プロフィール:yukiya.hi

動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中