ドッグフードは、肉類や魚類、穀物などを原料として、加工されて作られています。肉食よりの雑食動物である犬は、人間と比べると多くのタンパク質を必要としていますので、犬のことをきちんと考えられた一定品質以上のドッグフードは、肉類や魚類といった動物性のものがメインの原材料として多く使用されています。

肉類や魚類としては、チキン(鶏)、ビーフ(牛)、ラム(羊)、サーモン(鮭)などが使われることが多いですが、中には珍しい動物の肉が使われていることもあります。

一例として、鹿肉を使ったドッグフードがあります。犬にとって鹿肉を使ったドッグフードおすすめできるのか?

ドッグフードの原材料としての鹿肉を使うことの特徴やメリットを紹介します。

ドッグフードの原材料としての鹿肉の特徴

鹿肉は動物の肉ですので、必須アミノ酸もバランスよく含まれており、肉食性の犬にとっては消化もしやすい食物です。そのため鹿肉はドッグフードの原材料として優れたタンパク質源になります

ドッグフードには、動物性のタンパク質源が多く含まれていることが一般的には望まれますが、鹿肉をメインとして使用されたドッグフードはその要求を満たしています。

一般的な動物の肉と比較すると、鹿肉は高タンパク質かつ低脂肪な肉です。また、鉄分が多く含まれているということも特徴的です。

運動量が少なかったり、肥満気味の犬には、総カロリーを抑えつつ、必要な栄養素を十分に摂取することのできるドッグフードが適切です。そのようなドッグフードは、脂質が少なく、かつ質の高いタンパク質が多く含まれている必要がありあます。

主原材料として鹿肉を使うことで、質の高いタンパク質と低脂質が両立しやすくなりますので、鹿肉は要件を満たす手段として有効な原材料のひとつといえます。
勿論、他に使う原材料によって栄養素のバランスは変わってきますので、しっかりと成分を確認して判断することが大切です。

食物アレルギー対策としての鹿肉

食物アレルギーのある犬にとっては、鹿肉が単一かつ唯一のタンパク質源となっているドッグフードは、食物アレルギーの解決策となる可能性があります。

食物アレルギーは、特定のタンパク質がアレルゲンとして認識されてしまうことで発生します。犬の食物アレルギーの場合は、アレルギー性皮膚炎を発症するケースがよく見られます。
タンパク質はアミノ酸で構成されています。アミノ酸が複数集まってできたものをペプチドといい、タンパク質は多くのペプチドが結合してできています。

食物アレルギーは、ある程度のサイズのタンパク質をアレルゲンと認識することで発生します。アレルゲンと認識されるサイズのタンパク質は、タンパク質源となっている動植物によって固有のものとなっています。

このために、例えば、牛肉アレルギーや、小麦(小麦グルテン)アレルギーなど、特定のものに対してアレルギー反応を起こします。
アレルゲンとなるタンパク質を摂取しなければ、食物アレルギーは起こりません。

つまり、食物アレルギーの犬でも、アレルゲンとならない食物のタンパク質のみを摂取するか、アレルゲンとして認識されない小さいサイズのペプチドまで加水分解されたタンパク質であれば、アレルギー反応を起こさずに済むというわけです。

一般的に、犬は小麦グルテンや牛肉などにアレルギー反応を示すことが多い傾向はありますが、何がアレルゲンとなるかは犬によって様々です。
鹿肉は、犬にとってアレルゲンになりにくいタンパク質源のひとつです。

過去に食べたことのない食物タンパク質のことを、新奇タンパク質といいます。
大抵の犬は、生まれてから鹿肉を口にしたことはないのでしょう。そんな犬にとって、鹿肉は新奇タンパク質となります。

食物アレルギーであることが疑われても、具体的に何がアレルゲンとなっているのか明確にわかることは稀です。そんなケースの場合にも、新奇タンパク質のみのドッグフードは、食物アレルギーを解消できる可能性の高いフードです。

外部リンク:鹿肉を使ったドッグフード販売ページ

関連:デイリースタイルドッグフード利用者本音の口コミと総合的な評価

スポンサードリンク