島国である日本では魚が食卓にのぼることが多く、タンパク質源として馴染み深い食べ物です。
人間にとっては、魚は肉類と比べて身体にも良いイメージを持たれることの多い食物ですが、犬にあげても大丈夫なのか?あげるとしたらどんなことに気をつけるべきかを解説します。

筆者プロフィール:
動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。

犬は魚を食べても大丈夫?

結論からいうと、犬は魚を食べても大丈夫です。

魚は肉類と同様に、犬にとって良質なタンパク質源です。
日本では、魚といえば犬よりも猫のイメージが強いですが、犬も魚を好むことが多い動物です。
(※猫が魚好きというのは、日本特有のものであり、海外ではそういったイメージは持たれていません。)

犬が魚を食べるケースには、ドッグフードの原材料として魚類が使用されているケースと、人間の食用に売っている魚類をそのまま、または調理・加工した状態で与えるケースがあります。それぞれ特徴を見ていきましょう。

ドッグフードの原材料としての魚類

ドッグフードの原材料としては、サーモン、タラ、イワシ、ニシン、サバ、カツオ、マグロなどがよく使用されています。ドライフードでは、特定の魚がそのまま原材料として利用されている場合と、フィッシュミール(魚粉)に加工されてから利用される場合があります。

フィッシュミールは、捕れた魚を選別せずに粉状に粉砕して混ぜ合わせたものです。安価で加工しやすい特徴があります。
主に北洋ミール、輸入ミール、国産ミールに分けられ、どういった魚が原材料となるかは、その地域で捕れる魚の種類によります。北洋ミールは白身魚が主体、輸入ミールはイワシやニシンが主体、国産ミールはイワシやサバが主体となっています。

フィッシュミールの方が安価ですが、できればミール類ではなく、魚類がそのまま原材料として利用されているものを選びたいところです。

人間の食用の魚類を与える場合

生の魚

刺身用など、人間が生食しても大丈夫なものは、犬に与えても問題ありません。

魚油には、オメガ3脂肪酸など犬の健康にとっても有用な成分が多く含まれていますが、加熱すると多くは分解されてしまいます。生のまま食べることで、効率的に栄養素を摂取することができます。

ただし、淡水魚にはチアミナーゼと呼ばれる、ビタミンB1を破壊する酵素が含まれていることがあります。ビタミンB1は脳内での糖代謝に必要な成分です。チアミナーゼによってビタミンB1が欠乏すると神経症状が現れます。

「猫にイカを与えると腰を抜かす」といわれるときに作用しているのがチアミナーゼで、言葉通り、猫で影響が出やすい症状ではありますが、犬でも、心臓肥大や不全麻痺、四肢の失調症といった症状が見られることがあります。

生の淡水魚を犬には与えないようにしましょう。

加熱した魚

加熱することで、一部の栄養素が分解されてはしまいますが、細菌や寄生虫などの心配がなくなり、お腹をこわすリスクが小さくなり安心です。
また、前述のチアミナーゼも加熱すると失活しますので、食べても大丈夫になります。

塩焼きなどとすると、塩分が過剰となります。
犬に与える場合は、味付けはせずに加熱だけをするようにしましょう。

関連:購入する前に注意したい!ドッグフードに含まれる塩分について 犬に必要な塩分量ってどれくらい?

加工された魚

人間の食用に加工された魚は、基本的には犬には与えないようにすべきです

味付けされたものは塩分が多いだけではなく、犬にとって毒性のある成分が含まれてしまっている可能性もあります。

勿論、加工方法や成分をしっかりと確認した上で、犬にとっても問題ないと判断できるものであれば、その限りではありません。

与える量

魚の肉の部分だけを多く食べていると、必要な栄養素が不足することにも繋がります。

犬にとって過不足のない栄養バランスを考えた手作り食としてであればよいですが、そうでない場合はあくまでもおやつとして、主食のドッグフードから摂取するカロリーの10%程度にとどめるようにしましょう。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク