旅行やドライブ、動物病院など…犬を車に乗せて移動する場面は多々あります。

自家用車での移動は、公共の交通機関と比べて自由がきくのでとても便利ですよね。

そこで今回は、「犬を車に乗せる際の注意点」についてまとめました。

犬の健康を第一に考え、より安全に乗車させるためにはどんなことが必要なのかを書いていますので、ぜひご一読ください。

執筆名:坂井愛
自己紹介:小さい頃から動物が好きで、ペットの専門学校を卒業した後、動物関係の仕事に就いています。愛玩動物飼養管理士と動物看護師の資格を活かし、皆さんのお役に立つ情報をご紹介できればと思っています。

車に乗せる前に


犬にとって環境の変化は大きな負担になります。
初めて車に乗る場合、エンジンの音にびっくりしたり、移り変わる景色を見ているうちに酔ってしまったり…と、落ち着いていられない子もいるでしょう。
車に乗せる前にあらかじめ準備を整えておくことで、その後のトラブルを防ぐことができます。

トイレを済ませる

初めて車に乗る犬の中には、慣れない場所に興奮したり、緊張してしまう子がいます。そういった状況から普段はあまり粗相をしない子でも、我慢ができなくなってしまうことも。
長距離の移動ではなくても、あらかじめトイレを済ませておくことで、犬は安心して車で過ごすことができます。

車酔いをする子には…

犬も人間と同じように車酔いをして、気分が悪くなったり、嘔吐してしまったりする場合があります。
頻繁にあくびをする、そわそわして落ち着かなくなる、よだれを垂らす、しきりに鳴く、震える…などの状態が見られたら、車酔いのサインかもしれません。
車酔いを防止するためには、いくつかの方法があります。

景色を見せない
ケージやクレートなどに入れる
車の臭いをチェックする
酔い止めの薬を利用する
満腹・空腹を防ぐ

景色を見せない

速いスピードで移り変わっていく景色を見ていると、目が回って車に酔いやすくなります。
その場合は犬を窓が見える場所ではなく、足元など低い位置に置いてあげましょう。

ケージやクレートに入れる

車酔いの1番の原因は振動といわれています。
犬をクレートやケージに入れて固定しておけば、体の揺れを軽減することができます。クレートは車の進行方向と同じ向きで置いてあげるとより効果的です。
ただしクレートなどの入れ物に慣れていない場合は、その中でせわしなく動き続けたり、吠えたりして、車酔いが悪化してしまうこともあります。
その時は抱っこして、体が揺れないように固定してください。また、体がぴったり収まるサイズの入れ物(箱やカゴなど)でも代用できます。

関連:どんな時に必要?犬用クレート(キャリーバック)の選び方とおすすめランキング

車の臭いをチェックする

新車の匂いや芳香剤の匂い…車の中にはさまざまな匂いがあります。人間にも苦手な匂いがあり、それが引き金となって車酔いになることがあるように、犬も苦手な匂いがあることを覚えておきましょう。
特に犬は人間よりも嗅覚が優れているため、匂いには敏感です。
乗車前に犬が苦手とする匂いがないかチェックし、必要に応じて出来る限り取り除いてあげてください。

関連:犬の臭い対策、消臭はどうしてる?ハイパーCペットについての評判や口コミをまとめてみました!

酔い止めの薬を利用する

あらかじめ車酔いをする子だとわかっていれば、動物病院から酔い止めをもらって対処する方法があります。
薬の効果には個体差があり、副作用を起こす可能性もあるので、獣医師とよく相談してから決めましょう。

関連外部リンク:アマゾン販売ページ

満腹・空腹を防ぐ

長旅になるから…といって、出発前にお腹いっぱいになるほど食餌を与えるのは、嘔吐の原因になってしまいます。かといって極端に空腹な状態にしていても、同様に車酔いを引き起こすことがあるので要注意です。

犬の食餌は出発の3時間前に済ませておきましょう。

ドライブ中の注意点


閉鎖された車中では、家の中と同じような安心感があるかもしれませんが、思わぬ危険が潜んでいることもあります。
事前にどんなことに注意したら良いのか、以下を参考にしてください。

窓から顔を出させない

窓から犬の顔が覗いている状態で、走行している車を見かけたことはありませんか?

暑い季節では窓を開けながら走ることもありますし、犬も風を浴びて気持ちよさそうに見えるのですが、安全な状態であるとは言えません。

外の物に興味を示して、いきなり窓から飛び出してしまうかもしれませんし、車やバイク、障害物と接触する可能性もあれば、窓に首を挟めてしまう危険もあるのです。

そういった危険を防ぐためにも、走行時は窓を閉めておきましょう。

車の中で自由にさせない

狭いケージやクレートに入れておくよりも、車の中で自由にさせておいた方が、犬にとってストレスが少ないのでは?と考える人も多いでしょう。

確かにケージなどの入れ物に慣れていない犬では、自由に動き回れる状態の方が落ち着いていられる場合もあります。

しかし車の急発進やブレーキ、カーブなどで体に負荷がかかり、転倒してしまう可能性もあります。

また、運転中に視界を遮られたり、体がレバーやボタンなどに触れたりすることもあるかもしれません。運転手の膝の上に乗せるのはもちろんNGです。
だからといって、リードでくくりつけておくのはオススメできません。犬が何かの弾みで動き出せば、首がしまってしまうので非常に危険です。
安全に運転するためには、犬はケージやクレートに入れたり、抱っこしたりして、犬の行動をコントロールする必要があります。

 

水分補給と休憩をこまめに

初めてのドライブや車での移動が苦手な犬にとって、車内では多くのストレスを抱えることになります。

長距離の移動になる場合には、こまめに休憩をはさみ、外を散歩させるなどの時間を設けてあげましょう。

また、緊張から喉が渇きやすくなるので、水分補給も忘れずに行ってください。

まとめ

初めて愛犬を連れて車移動をする時、飼い主は不安よりも楽しさの方が大きいと思います。犬が景色を見てどんな表情をするか、どんな様子になるのか、想像しただけでワクワクするものです。

しかしドライブに慣れていない犬には、いろいろなストレスがかかってしまうこともあります。怖い思いをして辿り着いた先が、さらに苦手な動物病院だったら…その後、車に乗ることすら嫌がってしまうかもしれません。

 

まずは犬が楽しいと思う場所に連れていき、「車に乗る=楽しいことがある」と覚えさせておくと、負担が軽減されると思います。

犬にとって安全で楽しい移動であるように、出来る限りサポートしてあげてくださいね。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク