犬に顔を近づけると、口元をペロペロとしきりに舐めてくることがありますよね。

口から食べ物の臭いがしてるのかな?と思いがちですが、実はいろいろな意味が隠されているのです。

そこでこの記事では「犬はどうして口を舐めるのか」についてまとめました。

・犬が口を舐める理由
・衛生的には問題ない?
・口を舐めるのを止めさせるには?

など、詳しくお伝えしていきます。

執筆名:坂井愛
自己紹介:小さい頃から動物が好きで、ペットの専門学校を卒業した後、動物関係の仕事に就いています。愛玩動物飼養管理士と動物看護師の資格を活かし、皆さんのお役に立つ情報をご紹介できればと思っています。

犬が犬の口を舐めるとき


野生の動物が自分で食べたものを吐き出して、子供に与えるシーンがありますが、犬も同じようにして子犬に食事を与えます。

お腹を空かせた子犬たちが母親の口元を舐めておねだりすると、母犬はこれに反応して食べたものを吐き出します。つまり食事を要求するサインと考えられます。

他にも、犬は元々群れを形成して生活する動物ですので、犬同士のコミュニケーション法としても、口を舐めることがあるようです。

これは自分より上の犬に対して、愛情を示すときにみられます。

犬が他の犬の口を舐めていたら、それは相手に対しての愛情表現か、空腹時に口元を舐める習性の名残かもしれません。

犬が自分の口を舐めるとき


犬が自分の口や鼻をペロッと一瞬舐めることがあります。見逃してしまうことの多い動作ですが、これは犬が緊張をしているときによく見られます。

例えば動物病院などの苦手な場所に連れて行かれたとき、他の犬と出会ったとき、突然大声をだしたとき…など、犬が不安や緊張を感じた際に、それらを緩和させようとして行う動作です。
これをカーミングシグナルといいます。

犬のカーミングシグナルには他にも、あくびをする、目をそらす、静止する…などさまざまな種類がありますが、どれもストレスや不安から自分を落ち着かせるための行為として考えられます。

もし犬が自分の口や鼻を舐めていたら、ストレスを感じているサインかもしれません。

犬が人の口を舐めるとき


犬が人の口を舐めるときは、犬が犬に対して行うのと同じような意味が含まれます。

仕事から帰宅したとき、犬が口を舐めてくるようなら「お腹が空いたよ」アピールかもしれませし、飼い主が帰ってきたことへの喜びを表現しているとも考えられます。
要求か愛情表現かの違いですが、どちらにせよ相手を信頼し、慕っている証拠といえるでしょう。

しっぽを振って喜びを表現するのと同じくらい、犬が人の口を舐める行為には好意的な意味があるのですね。

犬に口を舐められたら…

犬が人の口を舐める行為が愛情表現だと知って、嬉しくない人はいません。
しかし衛生的な観点からいえば、病気の懸念があるのも事実です。

動物から人に移る病気を「人獣共通感染症(ズーノーシス)」や「動物由来感染症」といいますが、犬が人の口を舐めることで移る可能性のある病気として主に、

パスツレラ症
回虫症

があげられます。

パスツレラ症は、犬の口の中に見られる細菌、濃厚なスキンシップによって感染する場合があります。人に感染すると、呼吸器系の疾患が起こり、酷い場合は骨髄炎になることも。

「何度も舐められてるけど何ともないから平気」と考える人もいますが、体の抵抗力が弱っているときに発症する(日和見感染)こともあるので、注意が必要です。

また、内部寄生虫である回虫の卵が人の体内に入ることで、咳や発熱などの症状を起こすこともあります。

飼い主や動物好きな人の中には、口を舐められてもあまり気にしない人も多いです。

とはいえ誰にでも友好的な犬の場合、出会いがしらに知らない人に飛びつき、口元を舐めてしまう…ということも有り得ます。

相手が小さな子供だった場合、親御さんは衛生面を心配するでしょう。

犬の好意的な行動がトラブルに発展してしまっては、犬も飼い主も辛いですよね。

犬の口の中には細菌やウイルスがいる場合もある、ということを念頭に置き、普段の生活においても、口移しやキス、人の箸やスプーンで餌を与える…などの過剰な接触は避けましょう。

人の口を舐めるのを止めさせるには


愛情表現といっても、小さな子供がいる家庭や誰でも構わず口を舐めてしまうような場合は、迷惑だと捉えられることもあります。

だからといって「ダメ!」と叱りつけて止めさせるのは、犬が理解できないことも多く、失敗に終わるのがほとんどですのでオススメしません。

人の口を舐めるのを止めるには、犬に「人の口を舐めたら構ってもらえない」と教えることが有効です。

口を舐めてきたら無言で犬を離し、構わないようにします。
犬が落ち着いてきたら褒めたり、おやつを与えてください。

これを繰り返すことで、口を舐めても良いことがないと理解し、徐々に改善されていきます。

まとめ

犬の口を舐める仕草は、相手に対して愛情を伝える手段の1つです。

いろいろな動作や表情で犬の感情を読み取ることができるのは、飼い主として嬉しいことですよね。

飼い主の責任として衛生面には十分注意しなければいけませんが、他にもいろいろな動作から犬の感情を理解し、楽しくスキンシップを取っていきましょう。

スポンサードリンク