旅行や仕事、引っ越しなどで飛行機を利用しなければならない場面が多々あります。
そんな時、愛犬を同行させるにはどのようにしたら良いのか、わからないことが多いですよね。

そこで今回は犬を飛行機に乗せる際の注意点についてご紹介します。
手続きだけを見ればそう難しくはありませんが、過去にトラブルが発生した事例もありますので、ぜひこの記事を参考にしてください。

執筆名:坂井愛
自己紹介:小さい頃から動物が好きで、ペットの専門学校を卒業した後、動物関係の仕事に就いています。愛玩動物飼養管理士と動物看護師の資格を活かし、皆さんのお役に立つ情報をご紹介できればと思っています。

飛行機に犬を乗せることはできる?


そもそも飛行機に犬を同乗させることはできるのでしょうか?

答えはイエスです。

しかし機内への持ち込みは不可で、荷物として預ける形になります。

料金や条件は航空会社によって違いはありますが、犬や猫などの一般的なペットを取り扱っている会社が殆どです。
流れとしてはペットを預ける同意書にサインし、手荷物カウンターで手続きをします。

犬をペットやクレートに入れて預けますが、ペットクレートの貸し出しを行っている航空会社もあります。
まずは自分が利用する航空会社でのペットの取り扱いを確認してみましょう。

飛行機に犬を乗せるための条件


どんな犬でも受託手荷物として預かってもらえるわけではありません。

クレートやケージに入れていること
既定のサイズ、重量に合っていること

上記の条件が前提になりますが、フレンチブルドッグやペキニーズなどの短頭種は取り扱っていない航空会社もあります。

これは気圧や気温の変化により、短頭種の体調に影響を及ぼしやすいことが理由としてあげられます。
高温多湿になりやすい夏季限定で取り扱いを中止している会社もありますので、該当する犬種を飼っている場合は、事前に調べておきましょう。

飛行機に犬を乗せるための注意点


愛犬を荷物として預けたからといって、定期的に係員がお世話をしてくれるサービスはありません。

クレートは空調の効いた暗室に置かれますが、貨物室内の環境はすべてが万全といえないでしょう。飛行中の騒音、気圧の変化、気温・湿度…など、家とは全く違う環境に置かれるわけですから、愛犬への負担を心配する人も多いと思います。

ここでは飛行機に犬を預けるための注意事項をまとめました。

愛犬の体調をチェック

出発前に愛犬の体調を確認しましょう。
長時間、慣れていない環境に置かれることで、体調が悪化してしまうことも考えられます。
また、以下に該当する場合、断られることがあります。

妊娠している
若齢の子犬
心臓や呼吸器に疾患がある

その他、体調に問題はないか、持病に影響がないか等、飛行機に乗せても問題ないかどうかをチェックしましょう。
心配な場合は、1度かかりつけの獣医師に相談することをオススメします。

ケージやクレートに慣れさせておく

普段広々とした場所で飼われている犬は、狭い場所に慣れていません。いきなりケージやクレートに入れられたら、不安でパニックを起こしてしまうかもしれません。
実際に、一緒にいれていたタオルがボロボロに噛み千切られていたり、クレートの中が糞尿や嘔吐物で汚れていた…という話もあります。

そうならないように、日頃からケージやクレートに慣れる練習をしておきましょう。
これを「ハウストレーニング」といい、ケージやクレートに入れられても大人しく過ごせるようにする目的があります。

「ハウストレーニング」は飛行機に乗せる以外にも、来客時や留守番時に役立ちますので、犬を飼い始めた時から覚えさせておいても損はありません。

分離不安を解消させる

飼い主と長時間離れ離れになることで、不安を覚える子もいます。特に毎日犬をそばに置いて生活している場合、飼い主がいなくなる状況に慣れていないため、さまざまな問題行動を引き起こすケースが多いのです。

ずっと吠え続けたり、排尿をしたり、不安を落ち着かせるために自分の足を咬み続けたり…といった行動は「分離不安」と呼ばれるもので、飼い主に依存している犬が陥りやすいといわれています。

関連:犬とべったりはかえって不安とストレスを増やす!分離不安について知っておこう!

こうした行動は犬のストレスにもなり、嘔吐や下痢など、消化器官に影響を及ぼすことも。
そうならないように、長時間飼い主が離れていても平気でいられるよう、慣れさせておく必要があります。

暑さ対策を万全に

動物にとってどんな状況においても水分補給は欠かせません。クレートやケージに給水ボトルを設置し、いつでも水分が取れるように準備しておきましょう。
夏場の貨物室は空調が効いていますが、万が一に備えて保冷剤などを用意しましょう。特にダブルコートの犬種は暑さに弱いので十分に注意してください。

食餌に注意

飛行機に乗る前に、満腹状態にさせておくと万が一乗り物酔いを起こした際に、嘔吐してしまう可能性があります。酔いやすい体質であれば、控えめな食餌を心がけましょう。

手続きは余裕をもって

飛行機に乗るためにはいろいろな手続きが必要です。
出発時刻ギリギリに犬を預けてしまうと、急激な環境の変化で体調を崩すことも考えられます。手続きは出発30分前には済ませましょう。

飛行機は本当に安全?


多くの航空会社はペットを預かる上で、安全を第一に考えたさまざまな取り組みを行っています。しかし過去には、熱中症による死亡事故が発生したケースもあります。
そのような懸念から、犬をペットホテルに預ける、知り合いに世話を頼むという選択肢を選ぶ方もいるようです。

やむを得ず愛犬を同行させなければならない時には、愛犬が無事に移動できるよう、飼い主としてできることを考え、対策を練ることが大切です。

まとめ

飛行機での輸送は、犬にとって少なからずストレスがかかるものです。
犬の体調や環境の変化などを考慮して、乗せるかどうかを判断しなければなりません。判断が難しい時は、航空会社に問い合わせて疑問を解消しましょう。

どうしても不安であれば思いきって別の移動手段を選ぶ手もあります。
時に犬の命にかかわることもある空輸ですので、決して安直にならず慎重に行動していきましょう。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク