総合栄養食であるドッグフードには、犬の健康に必要不可欠な栄養素がバランスよく含まれています。犬にとって必要な栄養素のひとつに「葉酸」があります。

葉酸は、当然のことながら人間にとっても必要な栄養素です。サプリメントとしても販売されていますので、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

そもそも葉酸とはどんな成分なのか? 犬にとって必要な量はどのくらいか?
葉酸を犬に与える影響について解説します。

筆者yukiya.hiプロフィール
動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。

葉酸とは

葉酸とはビタミンの一種です。水溶性ビタミンに分類され、ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれています。ほうれん草の葉から発見されたため、その名が付けられました。

英語では、ラテン語で「葉」を意味するfoliumという単語から、”folic acid”と呼ばれています。

ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜や、レバー、イチゴなどの果物に多く含まれています。

葉酸は、DNA(デオキシリボ核酸:遺伝情報の継承と発現を担う物質)の合成に重要な役割を果たします。

葉酸の再生には、ビタミンB12(シアノコバラミン)が触媒として働くので、ビタミンB12の欠乏は葉酸の欠乏に繋がると同時に、十分な量の葉酸の摂取は、ビタミンB12の機能を代替します。

葉酸が犬に与える影響

葉酸は、DNAの合成に必要な成分ですので、不足すると、多量のDNAを必要とする造血器官などに悪影響を与え、血球合成に障害が起こり、赤血球障害や貧血といった症状を引き起こします。逆に、十分な量の葉酸を摂取することは、貧血予防に効果があります。

特に、胎児期など細胞増殖が活発な場合には、多量のDNA合成が必要となるため、通常よりも多くの葉酸が必要となります。
このため、妊娠中の母犬は葉酸を多く摂取することが求められます。十分な量の葉酸を摂取した母犬から生まれた新生子の子犬は、口蓋裂の発生が低下したとの報告もあります。
犬は、腸内細菌によって少量の葉酸が産出されていますが、十分な量かは明らかになっておらず、食事からの摂取が望ましいとされています。

葉酸は水溶性ビタミンなので、過剰に摂取したとしても、尿中に排泄されます。そのため、過剰摂取による悪影響の心配はありませんが、不必要に多く与えることは避けましょう。

犬が必要な葉酸の量

ドッグフードにおける乾物量での葉酸の必要量について、AAFCO(Association of American Feed Control Official:米国飼料検査官協会)では子犬、成犬共に0.216mg/kg以上、FEDIAF(European Pet Food Industry Federation:欧州ペットフード工業連合会)では子犬の場合21.60μg/100g(=0.216mg/kg)以上、成犬の場合25.80μg/100g(=0.258mg/kg)以上と定められています。
信頼できる総合栄養食のドッグフードであればこの基準以上の量は含まれているはずです。

この基準値のままではわかりづらいので、具体的にどのくらいの量を摂取すればよいか換算します。簡単のため、ドッグフードのエネルギー量を400kcal/100g、MER(維持エネルギー必要量:通常の活動をしながら体重を維持するのに必要なエネルギー量)を110kcal/kg^0.75として、必要な葉酸量(乾物値換算での葉酸量0.216mg/kg)を求めると、

体重3kgの場合は、13.5μg
体重5kgの場合は、19.9μg
体重10kgの場合は、33.4μg
体重20kgの場合は、56.2μg
体重30kgの場合は、76.1μg

となります。

総合栄養食のドッグフードを十分に与えているのであれば、特に摂取量を気にする必要はありません。

手作り食の場合は、葉酸が豊富に含まれる食材を加えて、欠乏しないように気をつけましょう。例えば、ほうれん草の場合、葉酸の含有量は110μg/100gですので、10kgの犬には1日あたり30g程度与えると必要量を満たします。

ただし、葉酸は熱・光・水に弱いため、調理すると破壊されてしまいますので注意が必要です

 

スポンサードリンク