ソリッドゴールドドッグフードは、アメリカ原産のドッグフードです。
また、ヒューマングレード(#1)の原材料のみを使用しており、人工添加物は一切不使用です。

アレルギー対策を意図としたドッグフードの製造が得意で、魚を主原料にした『ホリスティックブレンド』や、穀物不使用の『パックワイルド』など、愛犬に合ったアレルギー対策ができる点も魅力の1つです。

(#1)ヒューマングレード
ヒューマングレードとは、人間が食べられるレベルの原材料またはフードのことです。

btbj.fa略歴
動物好きが昂じ、2014年よりペット業に就職し、たくさんの飼い主さんのお悩みを伺う内、その多くがペットフードにあることを知り、健康寿命を延ばすことを念頭に、ワンちゃん・ネコちゃんおひとり毎に合ったペットフードを多くの飼い主さんに検討していただくため活動中です。

ソリッドゴールドドッグフードの成分分析

まずは以下の原材料と成分表をご覧下さい。

・原材料
ラム・ラムミール玄米・挽き割り精製大麦・オートミール・えんどう豆・米ぬか・オーシャンフィッシュミール(メンハーデンが原材料)・カノラオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・乾燥卵・天然風味料・フラックスシード・トマト絞り粕(リコピン)・DLメチオニン・塩化コリン・塩化カリウム・サーモンオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・タウリン・L-カルニチン・ニンジン・パセリ・リンゴ・クランベリー・ブルーベリー・レタス・セロリ・サトウダイコン・クレソン・ホウレンソウ・乾燥チコリ根・ブロッコリー・スペアミント・アーモンドオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・セサミオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・ユッカシジゲラエキス・乾燥ケルプ・タイム・ヒラマメ・ビタミンA・ビタミンD3・ビタミンE・硫酸亜鉛・ナイアシン・硫酸第一鉄・L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸(ビタミンC源)・パントテン酸カルシウム・チアミン硝酸塩・硫酸銅・リボフラビン・ピリドキシン塩酸塩・硫酸マンガン・キレート亜鉛・葉酸・ヨウ化カルシウム・キレートマンガン・キレート銅・亜セレン酸ナトリウム・ビオチン・ビタミンB12・ローズマリーエキス・ラクトバチルスアシドフィルス・エンテロコッカスフェシウム・ラクトバチルスカゼイ

・成分表

粗タンパク質 22.0%以上、粗脂肪 10.0%以上、粗繊維 4.0%以下、水分 10.0%以下、オメガ6脂肪酸 1.75%以上、オメガ3脂肪酸 0.75%以上、代謝カロリー 3,440kcal/kg、カルシウム 1.10%、リン 0.90%、ナトリウム 0.23%、マグネシウム 0.16%

※以上はソリッドゴールド『フラントフラッケン』を参考にしています。

主原料にはアレルギー性の低いラムを使用しており、穀物には比較的アレルギーを起こしにくい玄米やオートミールを使用しています。
また保存料としてローズマリーエキスを使用しているので、人工保存料と比べて身体に優しいです。

その一方、気に掛かる原材料も使われているのでご紹介します。

・ラムミール、オーシャンフィッシュミール(メンハーデンが原材料)
ラムミールやオーシャンフィッシュミールといったミートミールは製造元とは別の工場で製造していることが多く、原材料であるラムやメンハーデン(#2)の状態が明かされていないことがあり、劣悪な肉を使われていてもフードの製造者は分からないのが現状です。
ソリッドゴールドドッグフードではヒューマングレードの原材料のみを使用しているので、問題無いと思われますが、念には念を入れてご紹介いたしました。

(#2)メンハーデン
メンハーデンとは、北アメリカ大西洋で獲れるニシン科の魚で、食卓に上がるより、魚油や肥料として使用されることが多いです。
また、油分が多いこともあり、BHTやエトキシキン、ビタミンEなどの抗酸化物質の添加が不可欠となります。

・天然風味料
犬の食欲を増進するため、ドッグフードに香料などを添加する場合があり、人工香料より天然香料が良いといわれています。
しかし、ソリッドゴールドドッグフードに使用している天然風味料には、具体的な原材料が記されていません。
愛犬の食べ物に何が使われているのか知っておくことも、飼い主さんとして必要なことです。

・塩化カリウム
塩化カリウムは、動物の安楽死の際に液化して使用することもあり、アメリカでは死刑執行に用いるケースもあります。
食塩に混ぜていることもあるので一般的には塩化カリウムの添加は問題視されていませんが、個人的には、塩化カリウムを使っているドッグフードを飼い犬にあげることはありません。

・栄養素の添加が多い
ソリッドゴールドドッグフードは、約半数が栄養素の添加で出来ています。
良質なドッグフードほど栄養素の添加はせず、食材が持つ栄養を活かしているので、食材の品質やドッグフードのレシピが気に掛かります。

ソリッドゴールドドッグフードの良い点悪い点

以下では、ソリッドゴールドドッグフードの良い点と悪い点をご紹介いたします。

・良い点  商品ラインナップが豊富
ソリッドゴールドドッグフードでは、アレルギーを意識したドッグフードをはじめ、新陳代謝が高い体重9kg以下の小型犬を対象とした『ウィービット』や、活動犬・競技犬など活動量の多い子を対象とした『ミレニア』など、珍しいラインナップを設けています。
・悪い点  すべてのアレルギーには対応していない
ソリッドゴールドドッグフードではアレルギーを意識したドッグフードが多く販売されていますが、えんどう豆や白米、大麦など、アレルギーを起こす可能性がある穀物も多く使用しています。

ソリッドゴールドドッグフードを食べない子がいるのはどうして?

ソリッドゴールドドッグフードはヒューマングレードであるものの、ミートミール、穀物、栄養素の添加など、市販のドッグフードが使用している原材料を多く使っています。そのため、市販のドッグフードを好まない子は食べないことが多いです。

この場合、その子が好きなおかずやウェットフードなどをトッピングしてあげると食べることが多いですが、良質なドッグフードを愛犬にあげたいと考えている飼い主さんは、他のドッグフードに切り替えることをオススメします。

ソリッドゴールドドッグフード利用者の評判と口コミ

ポメラニアン12歳には 少しフードが大きすぎる感じです。オリジンシニアと半々で最近は少しふやかして食べさせてます。
いつも 美味しそうにあっという間に完食です。

アレルギーがある老犬なので、このフードが一番合うようで、よく食べてくれます。
8年愛用していますが、15歳なのに健康維持できているのは、このフードのおかげかも知れません。

 

引用元:アマゾン

ソリッドゴールドドッグフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価  D

ソリッドゴールドドッグフードはヒューマングレードの上、人工添加物を使っていないので、高品質なドッグフードではありますが、ミートミールや穀物の使用量が気に掛かるところです。
また、フィッシュミールに使用している酸化防止剤の種類や、天然風味料の原材料など、不明点も多いです。
中でも、ソリッドゴールド『ミレニア』は、米国農務省の許可を受けたビーフと魚を使用しているにも関わらず、1.8kgあたり2,613円という割安な点も些か気に掛かります。

良い点も多いのですが、それを上回るほどの不透明さがあったので、総合評価をDに留めました。

スポンサードリンク