ブリスミックスドッグフードで使用している食材は全て冷蔵保存しており、人間の食品基準で厳選した肉や野菜がもつ風味を損なわずに活用しているので、香料やオイルを添加しなくても美味しいドッグフードに仕上がっています。

また、アレルギーにも配慮しており、人工保存料・着色料、小麦、大豆、とうもろこしは不使用です。

さらに、善玉菌と悪玉菌のバランスを整える『乳酸菌EF-2001』、口腔内の環境を整える『K12(口腔内善玉菌)』、「神のきのこ」という異名がつくほど免疫力を高める効果がある『アガリクス茸』、関節とその動きをサポートする『グルコサミン・コンドロイチン』を配合している健康に特化したドッグフードです。

筆者略歴
動物好きが昂じ、2014年よりペット業に就職し、たくさんの飼い主さんのお悩みを伺う内、その多くがペットフードにあることを知り、健康寿命を延ばすことを念頭に、ネコちゃん・ワンちゃんおひとり毎に合ったペットフードを多くの飼い主さんに検討していただくため活動中です。

ハンドルネーム btbj.fa

ブリスミックスドッグフードの成分分析

まずは以下の原材料と成分をご覧下さい。

・原材料
ラム・ラムミール玄米・えんどう豆・えんどう豆粉・・カノラオイル・ポテトタンパク質・フラックスシード・トマト搾り粕(リコピン)・野菜エキス(天然風味料)・サーモンオイル(DHA)・塩化コリン・グルコサミン塩酸塩・ストレプトコッカスサリバリウスK12(口腔内善玉菌)・エンテロコッカスフェカリスEF2001・アガリクス・コンドロイチン硫酸・ビタミンE・キレート鉄・キレート亜鉛・キレート銅・硫酸鉄・硫酸亜鉛・硫酸銅・ヨウ化カリウム・チアミン硝酸塩(ビタミンB1)・キレートマンガン・酸化マンガン・アスコルビン酸・ビタミンA・ビオチン・ナイアシン・パントテン酸カルシウム・硫酸マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・リボフラビン(ビタミンB2)・ビタミンD3・葉酸
・成分表
粗タンパク質 24.0%以上、粗脂肪 14.0%以上、粗繊維 5.0%以下、水分 10.0%以下、オメガ6脂肪酸 2.2%以上、オメガ3脂肪酸 0.4%以上、グルコサミン 300mg/kg以上、コンドロイチン 100mg/kg以上、カルシウム 1.3%、リン 1.1%、ナトリウム 0.2%、マグネシウム 0.12%、代謝カロリー 3,574kcal/kg

以上は、ブリスミックス『犬用 ラム 小粒』を参考にしています。

ブリスミックスドッグフードでは、主原料にラムを使用しているため、チキンやポークにアレルギーを抱えている子でも安心して食べられます。
また、人間のサプリメントとしても使用されているアガリスク茸、コンドロイチン、グルコサミンなどもフードに配合されているので、食事から健康に繋がる栄養を豊富に摂取することができます。

その一方で、気になる素材も使われているのでご紹介します。

・ラムミール
ラムミールとは、ラムを精肉した際の副産物を高温処理して油脂を抽出するときに出る副産物です。
ドッグフードに使われているミールの原材料の多くは、食肉として流通できないほど劣化した肉や、病気や怪我、事故や安楽死などで亡くなった動物の肉なので、あまりオススメできません。

ブリスミックスドッグフードでは人間の食品基準から厳選しているとのことなので、判断し難いところです。

・えんどう豆、黍(きび)
えんどう豆や黍は、少量であれば腸への適度な刺激となり、排便をサポートする効果もありますが、雑食動物にしては腸が短い犬にとってこれらの食材を大量に摂取すると消化がし難く、消化不良やアレルギーを起こす可能性が高いです。

・栄養素の添加
原材料をきちんと見ると、栄養素名が半数も表示されています。
犬に必要な栄養をバランス良くドッグフードに配合するためには必要な処置ですが、あまり多いと、食材の安全性やレシピに疑問を抱いてしまいます。

ブリスミックスドッグフードの良い点悪い点

以下では、ブリスミックスドッグフードの良い点と悪い点をご紹介します。

・良い点  ドッグフードには珍しい良質な栄養成分を配合
ブリスミックスドッグフードでは、グルコサミン、コンドロイチン、乳酸菌といった定番の栄養素を始め、K12(口腔内善玉菌)やアガリクス茸といったドッグフードではあまり使われない高品質な栄養成分も配合しています。
老化が気になりだした子には嬉しい成分です。

・悪い点  サプリメントに固執している
良い点は、裏を返せば悪い点になる場合もあり、ブリスミックスドッグフードはその典型です。

他のドッグフードには無い栄養成分を配合することはとても良いのですが、栄養バランスを意識するあまり、原材料の半数が添加された栄養素になっています

犬も生き物なので、天然の食材から得た栄養で健康を維持できることを覚えておいてください。

ブリスミックスドッグフードを食べない子がいるのはどうして?

私は実際にブリスミックスをうちの子に与えたことがありますが、食べてくれませんでした。

匂いは少し嗅ぐのですが、口に入れようとはせず、そのまま放置していました。
そのときは「お腹が空いていないのかな?」と思い、別の袋に入れて保管し、夕方に再度与えましたが、匂いを嗅ぐだけで食べてはくれませんでした。

うちの子はいつも肉や魚をメインに使用した『アカナ』を与えているので、えんどう豆や黍、特有の香りがあるアガリスク茸の匂いに抵抗をしたのかもしれません。

結局、鶏むね肉とそのスープをトッピングして与えたら食べてくれました。

 

ブリスミックスドッグフード本音の口コミ

いつも満足しています
らこれからもずっと注文させていただきます

 

我が家の愛犬は、美味しく完食します。
続けて食べてみようと思ってます。

 

引用元:アマゾン

ブリスミックスドッグフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価  C

ブリスミックスドッグフードは、ヒューマングレード、人工添加物・香料・着色料不使用のドッグフードです。
また、アガリスク茸、乳酸菌、グルコサミン・コンドロイチンを配合していることから、犬の健康を長い目で見ていることも伺えます。

その一方、鳥のごはんとして有名な黍や、安全性が不明確なラムミールを使っている点は評価できません。

1kgあたり2,100円と決して安い値段ではないので、アベレージとして総合評価Cとしました。

スポンサードリンク