アレルギーって何?

最近はコンビニエンスストアで売っている食べ物でも、レストランのメニューでも、必ずと言ってよい程アレルギー表示があります。ですから、アレルギーという体の反応は、人間では常に耳にするレベルになりましたが、実はワンちゃんの場合も同様のことが言えます。
アレルギーの原因になる物質(アレルゲン)は、食べ物だけではなく、環境にある物は全てその原因となり得ます。また、体の中に入る経路としては口から食べるだけではなく皮膚がアレルゲンに接触したり鼻から吸入した場合でも、十分にアレルギー反応が出る可能性があります。
さて、このアレルギーを簡単に述べますと、免疫システムの過剰反応と言えます。正常な免疫システムは、例えば、体に侵入して来たウイルスや病原菌(これらを抗原と言います)と戦う為に、そのウイルスや病原菌に適合した”兵器”とも言える抗体を作ってくれます。その結果、ある程度の時間はかかりますが、体は元の元気な状態に戻る事ができます。しかし、この免疫システムが何らかの理由で暴走してしまうと、ワンちゃんや人間の周りに普通にある物にさえ反応し、その物質に対する抗体が異常に増えてアレルギー反応を起こす結果になります。残念なことに、その侵入して来るアレルゲンの種類は生活環境の中に沢山あるのです。また、アレルギーを発症しやすい(好発)犬種に、ブルドッグやボストンテリア、レトリバー、テリア、セッター、などが挙げられます。

犬のアレルギーの症状

人間では春先に花粉症を発症する方の悩みである、涙、くしゃみ、鼻水が一番わかりやすい症状だと思いますが、ワンちゃんも同様の症状が出る場合があります。また、アレルゲンとなる食物などを口に入れた後に、消化管が過剰に反応して嘔吐や下痢、全身の痒み、などの症状が出たり、アレルゲンが皮膚に接触した結果、皮膚に発赤(ほっせき)や発疹(ほっしん)、脱毛、痒みを認めたりすることがあります。
これらの症状からアレルゲンを想定できる場合もありますが、特にワンちゃんはお散歩中に拾い食いをしたり、茂みに入り込んでしまったりするので、飼い主さんが見ていない隙に何かに接触(或いは、摂食)している場合も多く、アレルゲンがわかりづらいこともあります。
以下に、代表的な症状をまとめてみます。

1.くしゃみ、鼻水、
2.涙、目の痒み(痒みにより、引っ掻いて角膜潰瘍になる場合もある)、充血
3.皮膚の痒み、湿性の皮膚、発赤、発疹、かさぶたの多い皮膚
4.外耳炎
5.下痢、嘔吐
6.四肢末端の腫れ(いつも舐めている為)
7.常にどこかを舐める

主なアレルギーの原因物質(アレルゲン)

生活環境の中で代表的なアレルゲンと言えば、やはり食物が一番に挙げられると思います。これは、ドッグフードの原材料が必ずフードの袋に表示されているので、それをしっかり確認する事で問題の半分は解決したと言ってもよいでしょう。飼い主さんにフードの種類を聞いた際に、よくわからないとおっしゃる方も多くいらっしゃいますから、普段から見ておくと役に立つと思います。
原材料が確認できたら、まずはそれとは全く異なるタイプのフードに変える必要があります。しかし、多くのフードは沢山の種類の物が混ざっており、すぐにアレルゲンがどれか断定ができないこともあると思います。そこで、”もしかしたらフードアレルギーかも?”と思った時には、真っ先に獣医師に相談してみて下さい。その理由は、飼い主さんが”あれやこれや沢山のフードを試したけれど、症状は改善しない”となった際に、すでに原因を複雑化してしまっているケースが多々あり、治療が長引いてしまうからです。
多くの場合、治療により急性期の重篤な症状から脱出した後は、フードコントロールだけでも十分に維持できます。

次に、寄生虫がアレルゲンとなる場合を考えてみたいと思います。寄生虫でも、特に外部寄生虫のノミやダニのアレルギーは、飼い主さんにとって、一番わかりやすい皮膚に症状が出ます。その為、ノミ・ダニ予防薬を与えいない場合は、体を搔きむしったり発疹や脱毛(特に背中や尾の周囲、尾をかじる)があれば、こちらを疑うことも必要になります。ノミやダニは他の病気を媒介するので、いずれにせよ、必ず一年を通して駆虫してあげなければなりません。

最後に、生活環境にあって、知らず知らずに吸入や接触してしまっているアレルゲンを考えてみたいと思います。ハウスダストなどはアトピー性皮膚炎の人間でもよく言われていますが、ワンちゃんでも鼻から吸い込んだり、皮膚に付着したりした結果、アレルギー症状が出ることがあります。そのほか、タバコの煙や外用薬、シャンプー、プラスティックのご飯皿やゴムのおもちゃ等でも反応してしまう可能性もあります。最近ではプラスティックの器に変えたら口の周りが腫れてきたと言う話もあるぐらいです。

犬のアレルギーの治療

一番最初にやるべきことは原因特定ですが、アレルギー検査の費用も考慮しながら、獣医師と相談して治療法を選ぶことになります。嬉しいことに、アレルギー治療薬は沢山開発されて来ていますし、アレルギーのワンちゃん用にバラエティに富んだ種類のフードが購入できるようになりました。しかし、頭に入れておかなければならないのは、常に注意をしてあげなければいけない病気であるということです。おそらく、初めて症状が出てしまった時は薬が劇的に効果を出して、あっという間に症状が治まると思います。ところが、何度か症状を繰り返しているうちに、薬の量を増やしたりしなければいけないこともあります。ですから、原因除去のためにできることを思いつく限りやってあげましょう。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中