どの家庭にもあって、犬を飼っている人なら一度は経験したことのがあるのが、チャイムの音で愛犬が吠えてしまうことではないでしょうか。一度、音に反応して吠えてしまうと、どんなに怒ってもなかなか治まらず、頭を抱えてしまう飼い主さんも多いようです。一体、何が原因で吠えてしまうのでしょうか。また、気になる対処法についても紹介していきます。

ryooooo.co
動物看護士として働く傍ら、人間と犬がもっと楽しくお互いが幸せに暮らせるように、医療に限らず犬の食・法律・暮らしについて日々勉強しています。

犬はなぜ吠える?


犬がチャイムの音に反応し吠えてしまうのは、以下の要因が考えらえれます。

■飼い主を守るため
■知らない人から自分の領域を守るため

本来、犬は群れを作り集団生活をする生き物です。その中でリーダーを作り、リーダーの指示に従うという本能が犬には存在します。そのため、自分たちの領域に知らない人が訪れた時に、すぐさま危険を察知に自分たちの領域を守ろうとします。この行動は、リーダーを守るということに繋がり、結果としてリーダーである飼い主さんを守るために、犬は吠えるのです。

チャイム(ピンポ)が鳴るという事は・・・


実は、チャイムが鳴り犬が吠えるということは、犬にとっては追い出すことに成功したということに繋がります。なぜかというと、まず、チャイムが鳴ることによって犬が吠えます。その後、飼い主さんが部屋を出ていき、用事を済ませに行きます。もちろん、こと時も犬は吠え続けています。そして、用事を済ませるとチャイムを鳴らした相手は帰っていき、飼い主さんも元居た部屋に戻っていきます。この行動が、犬にとっては、【自分が吠え続けたことによって、知らない人を追い払った】という認識になってしまうのです。
この行動が繰り返し行われることによって、犬にとっては【チャイム=吠える】に繋がってしまい、結果としてどんなに怒っても吠え続けてしまうのです。

チャイム(ピンポン)で吠えてしまった時の対処法

それでは、どんなに怒っても効かない愛犬のチャイム吠えは、どのような対処をすればやめさせることができるのでしょうか。ここでは、対処法をいくつか紹介していきます。

■チャイムの音を変える
インターホンの種類にもよりますが、最近ではチャイムの音を変えられるものも増えてきました。そのため、まず、新しいチャイムの音に変更してから、愛犬にチャイム音を聞かせ、その後すぐにフードやおやつを与えます。そして、【新しい音を聞かせる→フードやおやつを与える】という行動を何度か繰り返し、新しいチャイムの音が鳴ったら、フードやおやつがもらえると学習させます。もちろん、実際にチャイムが鳴っても、フードやおやつを与えてあげましょう。こうすることで、チャイムが鳴っても、愛犬が吠えなくなります。
■チャイムの音を録音する
チャイムの音を変えられない場合は、携帯の録音機能を活用してチャイムの音を録音しましょう。その後、犬が吠えないところまで音量を下げてチャイム音を再生します。この時、愛犬が吠えなかったらフードやおやつを与えましょう。そして、徐々に音量を上げていき、そのたびにフードやおやつを与えます。このような行動をとることで、【チャイム=フードやおやつがもらえる】と犬に学習させることが出来るのです。

一度クセになってしまったものを治すという事は、そう簡単なものではありません。新たにしつけをして覚えさせるわけですから、繰り返し何度か教えていく必要があります。また、チワワやポメラニアン、ダックスフンドなどの犬種が吠えることが多く、犬種特有の性格上、どうしても吠えてしまう子もいます。このような子にしつけをするのは、少し時間が掛かるかもしれませんが、繰り返し学習させることによって、必ず学んでくれる陽が訪れます。
愛犬がチャイムの音で吠えてしまったら、できるだけ早く吠えないようなしつけを行い、【チャイムは美味しいものをくれる音】と学習させましょう。

 

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク