筆者btbj.fa略歴

動物好きが昂じ、2014年よりペット業に就職し、たくさんの飼い主さんのお悩みを伺う内、その多くがペットフードにあることを知り、健康寿命を延ばすことを念頭に、ワンちゃん・ネコちゃん、おひとり毎に合ったペットフードを多くの飼い主さんに検討していただくため活動中です。

 

CUPURERA(クプレラ)ドッグフード(以下、「クプレラドッグフード」と表記)は、安全と安心を徹底した無添加のドッグフードです。

また、製品検査などの仕上げは全て日本で行い、高気密、脱酸素方式を採用しているため、未開封の時点は高い保存性を確保できます。

CUPURERA(クプレラ)ドッグフードの成分分析

まずは以下の原材料と成分表をご覧下さい。

 

・原材料

鶏肉、サツマイモ、タピオカ、フラックスシード、ニンジン、パパイヤ、リンゴ、ユッカ、タウリン、 ※活性酵素、※プロバイオティクス(好酸性乳酸桿菌、機能性酵母、陽性桿菌)、※多糖類、必須アミノ酸(アルギニン、ヒスチジン、ロイシン、イソロイシン、バリン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン)、ビタミン&キレートミネラル(カロチン、塩化コリン、炭酸カルシウム、ビタミンE、鉄、ビタミンA、亜鉛、ナイアシン、葉酸、チアミン、ビタミンB6、 マンガン、ビタミンK群、ヨウ素)

※印の原材料は、オーガニックです。

・成分表

粗たんぱく質 22%以上、粗脂肪 5%以上、粗繊維 4%以下、粗灰分 9%以下、水分 10%以下、代謝カロリー 340kcal  / 100g

※以上は、「CUPURERA EXTREME プレミアム・チキン」を参考にしています。

クプレラドッグフードは、低温でじっくりと火入れをして調理を行なっているため、肉や野菜、果物が持つ栄養や風味を閉じ込めています。

また、ビタミンや酵素、プロバイオティクスや10種類の必須アミノ酸を非加熱で加えているため、栄養が豊富に含まれています。

さらに、クプレラドッグフードの「EXTREME プレミアム・チキン」と「ホリスティックグレインフリー」においては一切、穀物が使われていないため、ワンちゃんの体調管理を行なう上では嬉しい配慮です。

 

CUPURERA(クプレラ)ドッグフードの良い点悪い点

以下では、クプレラドッグフードの良い点悪い点をご紹介します。

・良い点  体への負担となる原材料の使用を控えている

家畜の飼料や作物の保存から合成保存料や抗生物質は一切使用していない上、穀類に含まれていることが多く、犬がアレルギーを起こす原因といわれるグルテンや、砂糖の原料であるサトウダイコンの搾りかすのビートパルプなど、犬の体に負担をかける原材料を使用していません。

・悪い点  高価

あえて悪い点を挙げるなら、1.5kgあたり4,200円(税別)という価格設定です。

肉や野菜などから取れる天然の栄養素と風味を低温製法でしっかりと留め、それでも足りない栄養素は非加熱で補充しています。

個人的には、この価格帯にはライバルが少ないものの、少し値を落とすと、オリジンやフィッシュ4ドッグなど、類似点が多いドッグフードもあるので、クプレラドッグフードに固執することは無いように思えます。

 

CUPURERA(クプレラ)ドッグフードを食べない子がいるのはどうして?

クプレラドッグフードを実際に与えたことがありますが、そのまま与えてもうちの子は食べなかったので、好きなドライフードと一緒に少しずつ混ぜてあげると食べていました。

ただ、クプレラドッグフードの割合を増やすと食べてくれなかったので、クプレラドッグフードは全体の10%以下にして混ぜると食べてくれました。

また、ウェットフードと混ぜて与えてみたところ、ウェットフードだけを食べ、ドライフードは残していたので、あまりオススメできません。

食べない原因は、栄養素の添加ではないとか考えています。

普段から栄養素は食材から得られるフードを選んでいるので、クプレラドッグフードの栄養素の添加は多過ぎたのかもしれません。

 

CUPURERA(クプレラ)ドッグフードの評判と口コミ

若い女性2

愛犬:ちわぷー♀4歳
うちの子は飽きやすいので2、3種類を混ぜながらローテーションで与えています。
病気、アレルギー等まずは食事から、と気を使っています。
原材料、添加物等精査して自分なりに厳選したもの与えているうちの一つです。
新しいものはなかなか食べてくれるか冒険的なところ(この辺のフードは決して安くないですからね)
があるのですが、たまたま、どこかのショップで試供品を頂き与えたところ食べてくれたのでこれを与えています。
ただ、もう少し小粒だと良かったなと思います。うちのは、器官が細いようで、たまに詰まらせることがあるので
少し心配です。参考まで1粒10~12mmで4,5mm厚程度です。

 

男性3

一昨年、愛犬がアレルギーになりました。症状は口の周りの「抜け毛」および「かゆみ」でした。獣医さんに相談してもアレルゲンの特定は難しいとのことでした。思い当たることを全ておこないました。小麦を排除するため「ビスケット(もちろん犬用です)」をやめました。動物性蛋白質も可能性があるとのことでしたから、チキン(ボイル)やビーフ(ボイル)もやめました。ペットフードをこの「セミベジタリアン ドッグ」に替えました。なにが効果があったのかは分かりませんが、とにかく全ての症状が完治しました。これからもこれを食べさせます。

引用元:アマゾン

 

CUPURERA(クプレラ)ドッグフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価  

うちの子は好みませんでしたが、グレインフリーの上、ミール系原料やビートパルプ、保存料や着色料といった体に良くない原材料を使用していないことからも分かる通り、食品基準をクリアした食材のみを使用しているので安全性の高いドッグフードです。

ただ、低温で製造を行なっているにも関わらず、添加している栄養素の種類の多さが些か気になったので、評価は極めてAに近いのですが、Bといたしました。

外部リンク:アマゾン販売ページ

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク