ずんぐりした体と大きな立ち耳がかわいいコーギー。胴長で短足なところも特徴の1つですよね。頭の良い犬種として知られていますが、初心者には向いていないという声も。
今回はそんなコーギーについてご紹介します。
飼ってみたいと考えている方、興味のある方は、ぜひ読んでみてください。


筆者紹介:坂井愛
小さい頃から動物を飼育し、現在も動物関係の仕事に携わっています。また学生時代に培った動物の飼育、看護、福祉などの知識を活かした記事を書いていきたいと思っています。

コーギーってどんな犬?

コーギーはイギリスが原産の犬種で、長い間牛を追う作業犬として働いていました。小柄な体型を活かし、牛の足元に潜り込んで足を咬み、牛を思いのまま移動させていたそうです。
一般的にコーギーと呼ばれていますが、正式にはウェルシュ・コーギーといいます。さらにコーギーは、ウェルシュ・コーギー・カーディガンとウェルシュ・コーギー・ペンブロークの2種類が存在します。

2種類のコーギーを見分けるポイントはしっぽです。カーディガンはキツネのような長い尾をしているのに対し、ペンブロークはとても短いしっぽをしています。
元々、コーギーは長いしっぽを持っているのですが、牛追い作業に邪魔になるため、子犬の時期に断尾(しっぽを切る)をするのが主流でした。
近年ではペンブロークのみ断尾をする傾向にありますが、家庭犬としての需要が高まっていることから、断尾をしない人も増えてきています。
その他の違いとしては、ペンブロークに比べてカーディガンの方がやや耳が大きくなっています。

体高は25~32cm、体重は10~17kgで、あまり体格差はありません。
ペンブロークはエリザベス女王2世のペットとして有名になり、日本で飼育されているコーギーも圧倒的にペンブロークが多いようです。

コーギーの性格

作業犬だけあって、活動的で飼い主に対して従順な性格をしています。賢いのでしつけをしやすく、教えてないことを勝手に覚えている…なんてこともあるようです。
基本はフレンドリーで甘えん坊なコーギーですが、苦手なものと出くわすと吠えることもあります。小さな体の割に声が大きいため、無駄吠えしないようなしつけが必要です。

コーギーの毛質、毛色

コーギーの被毛はごわごわとしたやや硬めの毛質で、上毛と下毛をもつダブルコートです。
コーギーはとても抜け毛が多く、毎日が換毛期かのようにごっそり毛が抜け落ちます。

抜け毛対策として犬用のウェアを着せる人もいますが、ブラッシングは日課になるでしょう。
毛色はペンブロークの場合、レッド&ホワイト、セーブル、ブラックタン、フォーンの4つが認められています。

コーギーの魅力


コーギーの特徴的な体と、愛嬌たっぷりの顔は誰が見てもかわいいと感じますよね。
特にペンブロークはしっぽがないように見えるので、つるんとしたお尻がチャームポイントにもなっています。
ここではそんなコーギーの魅力についてまとめました。

表情豊かでいつでも元気いっぱい

口を開けているだけで陽気な笑顔に見えるのがコーギーの面白いところ。心を開いた人にはすぐお腹を出して、甘えん坊を発揮するのも可愛いです。
のほほんとした顔をしているのに、びっくりするくらい物覚えが良く、賢いなと感心させられる場面も多いでしょう。
ほのぼのしたルックスと賢さのギャップは、コーギーにハマる理由の1つです。

ぷりぷりのお尻はコーギーならでは!だけど…

お尻をぷりぷり動かしながら歩く姿には、つい目を奪われてしまいます。コーギーの最大の特徴といっても過言ではない丸いお尻。
しかし犬にとってのしっぽは感情表現の役目もあります。断尾したペンブロークは、しっぽから感情を読み取ることが難しいため、犬の精神的な変化に気づきにくい場面があるかもしれません。

コーギーはしっぽのない犬というイメージが定着していますが、フサフサのしっぽを持つコーギーを飼う選択肢があることも覚えていてくださいね。

遊びが大好き

コーギーは短い足をしている割に運動神経は抜群です。作業犬として毎日家畜を追いかけていたので体力もあります。その運動能力の高さから、ドッグアジリティで活躍する子も多いです。
おもちゃを取り入れた遊びを行えば、コーギーの楽しみは広がるでしょう。

一緒に運動をしたい!思いっきり遊びたい!と思っている方にオススメの犬種です。

コーギーの価格


コーギーはだいたい15~30万円が相場になっています。値段は週齢や性別、親がチャンピョンであるなどの理由で変化します。

また、ブリーダーやペットショップでの取り扱いは、ほとんどがペンブロークです。

初めにどんな犬をどんな目的で飼うのかを明確にした上で、子犬を選ぶようにしましょう。

コーギーがかかりやすい病気


コーギーの特徴である胴長短足の体は、見た目こそ可愛らしいですが、病気の原因になることがあります。
コーギーがいつまでも元気に暮らしていけるように、どんな病気にかかる可能性があるのかを知っておきましょう。

椎間板ヘルニア

椎間板に変性が生じ、その内容物が脊柱管内に突出することで脊髄を傷つけ、さまざまな神経症状を引き起こします。
症状は頸部の痛みや、運動失調、麻痺などがあり、重症になると自力で起き上がれなくなることもあります。
コーギーは足腰のトラブルが多いため、日頃から体の状態をチェックすることが大切です。

関連記事:ダックス以外も要注意!犬の椎間板疾患 椎間板ヘルニアの症状や治療、予防について徹底解説

股関節形成不全

股関節形成不全は遺伝性の病気で、生後6か月から1歳ごろまでに発症するケースが多いです。
症状は軽度なものから、歩行が困難になる程度までさまざまです。
歩行時に足を庇う、腰が左右にふらついているなどの様子が見られたら、動物病院に相談してみてください。

関連:レトリバーやシェパードは要注意!犬の股関節形成不全について徹底解説!

変性性脊髄症

脊椎の一部がトゲ状の突起を形成してしまう病気です。コーギーは10歳くらいから症状が表れ、後ろ足に異変が見られるようになります。主に足を引きずる、腰がふらつくなど、椎間板ヘルニアと似た症状です。
症状は3年ほどかけて進行し、前足や首の脊髄に達すると呼吸困難を起こす場合もあります。まだ不明な点が多い病気なので、少しでも異常を感じたら動物病院へ連れていきましょう。

コーギーを飼う上での注意点


コーギーは初心者には向かない、という意見を耳にします。それは作業犬としての気質が不意に現れるからかもしれません。
コーギーを飼いたいと思ったら、事前にどんな犬種であるかを調べる必要があります。
ここでは特に注意すべき点について、まとめました。

コーギーは咬み癖がある?

コーギーは牛の足を咬んで牛追いをする作業犬です。そのせいか、家庭犬として飼っていても、ふとした時に咬みつかれたことがあるという人もいるようです。
何でもかんでも咬むわけではなく、コーギーなりに理由があるのでしょうが、小さい子がいる家庭だと少し心配ですよね。

コーギーは興奮しやすい傾向にあるため、遊んでいる最中に気分が昂ぶって思わず口が出るなんてことも、ありえる話です。
そうとはいえ、実際コーギーを飼育している人の中で噛まれたという意見はそこまで多くありません。

子犬の時から触られることや他の犬や人と出会わせ、社会性を身に着けていけば、そうした問題行動を軽減できるのではないかと思います。
理由なく咬むことはありませんので、コーギーの性質をよく理解した上での飼育が重要になるでしょう。

太りすぎ注意

コーギーはとっても食欲旺盛です。とにかく食べることが大好き。うっかり人の食べ物をあげようものなら、味を占めて何度もねだってくるようになるでしょう。
そこで注意しなければならないのが、肥満です。

食欲旺盛なことと、可愛がり過ぎておやつを与えすぎてしまうことなどが原因で、肥満に陥りやすくなるようです。
元々多くの運動を必要とする犬種なので、食事管理を徹底し十分な運動をさ、肥満を予防するしかありません。

肥満は足腰に負担がかかり、病気の元になるものです。ねだられたからといって、欲しがるままおやつを与え続けないようにしましょう。

抜け毛対策をしっかりと

先ほども書いたように、コーギーは大変抜け毛の多い犬種です。毎日ブラッシングをして被毛を清潔にし、月に1度はシャンプーをしてお手入れをしてあげましょう。
自分でできない時にはペットサロンに依頼する方法もありますよ。

まとめ

コーギーはアンバランスな体型ばかりが目立ちますが、甘えん坊で愛嬌のある犬種です。
一緒にドッグスポーツを楽しむもよし、トレーニングをして芸を覚えさせるのもよし。育てがいのある犬だと思います。

ただし十分な運動が必要なことから、外出する時間が取れないようだと、コーギーの飼育は難しいかもしれません。
犬を選ぶ時には、自分のライフスタイルと照らし合わせながら考えてみてくださいね。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク