コーヒーなどで有名なスイスの有名食品メーカー「ネスレ」が販売しているPURINA(ピュリナ)ドッグフード

実際に利用している方の評判と口コミを見てみましょう!

PURINA(ピュリナ)ドッグフードの評判と口コミ

噛みごたえがある三角形の粒に加えて、ほぐし肉粒が配合されており、食が細いトイプードルであっても好んで食べてくれるドッグフードでした。ラム&ライスのタイプならば、毛艶をケアする成分も含まれているので、食べさせていて便臭も無くなり良い傾向になりました。しかし、度重なるパッケージ変更やリニューアルにより、ほぐし肉粒を配合した商品が無くなってしまったので、他のドッグフードへ切り替える必要が出てしまいました。食が細い犬種を飼っている飼い主にとっては、貴重な製品だっただけに残念です。

トイプードル 5歳 利用期間:2年 80点

トイプードルは、夏バテしやすく食が細くなりがちです。ドライフードを与える時に、お湯でふやかさないと食べないことがあったので、ほぐし肉粒入りのPURINS ONEにしました。以前は同じNestleが扱うプロプランという製品もほぐし肉粒がゴロゴロ入っていたのですが、リニューアルにより無くなったので、代わりに与えた所しっかり食べてくれています。チキン味が通常タイプとなり、ターキー味がカロリー控えめタイプとなっているので、体重変化に合わせて使い分けています。大容量パッケージは、小型犬にはやや多すぎるので2.1kg入を購入して700gの小分けパック3袋タイプが丁度良いです。

トイプードル 5歳 利用期間:1年間 95点

食欲が旺盛でドッグフードを食べる時に丸のみしやすいので、ほぐし粒が入っていてしっかりと噛むタイプが必要でした。通常タイプのチキンとカロリーを抑えたターキーがあるので、与える餌の量を一定として、ダイエット時にはターキーを与えるようにしています。小粒すぎると噛まない状態になるので、程よく大粒のほぐし肉が入っているので、ドライフードだけでは食いつきが悪い時にもほぐし肉があることで、しっかりと噛みながら食べてくれます。

ピュリナワン ターキー トイプードル 5歳 利用期間:1年間 80点

我が家に来てからずっとピュリナワンシリーズを愛用しています。食べ物に好き嫌いがない子なので違うメーカーのフードに一瞬だけ変えこともありましたが、他のメーカーのフードをあげてみたときにうんちが少し緩くなってしまって、お尻が気持ち悪いと怒っていたり、うんちのにおいが変わってきつく結構臭く感じたことがありました。結局すぐにピュリナワンシリーズに戻しました。このフードだと快便でうんちも臭くありません。値段もお手頃です。

ピュリナ ワン ドッグ ほぐし粒入り 7歳以上 これからも健康ケア チキン チワワ 10歳 利用期間:3年 100点

 

 

PURINA(ピュリナ)の原材料と成分分析

チキン、コーングルテンミールとうもろこし、家禽ミール、油脂類(牛脂、植物性油脂)小麦、大豆、大豆ミール、たんぱく加水分解物、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、グリセリン、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン)、アミノ酸類(リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
粗たん白質28%以上、粗脂肪12%以上、粗繊維4.5%以下、粗灰分9%以下、水分12%以下、代謝エネルギー(ME値)355Kcal/100g

ピュリナは幅広い視野でドッグフードを展開しています。
成長段階に適したフードを製造するため、子犬期(1歳まで)、成犬期(1~6歳)、成熟期(7歳以上)、高齢期(11歳以上)と4段階に分けており、高齢の犬には嬉しい配慮です。
また、飼育環境や体重のケア、食物アレルギーなど、豊富な種類のフードがあります。

しかし、気になる点もあります。

一見すると、チキンが主原料として使われているようですが、その次に米やコーングルテン、とうもろこしなど、穀類が連続して記載されています。
このような場合、主原料は穀類と判断するのが妥当です。

 

PURINA(ピュリナ)の良い点悪い点

以下では、ピュリナの良い点悪い点をご紹介します。

・良い点  食が細い犬でも食べられる

ピュリナでは、犬が好んで食べるよう、新鮮な生チキンが使えわれています。
また、合成着色料や香料が添加されていないので、食材そのものの色合いや味を楽しむことができます。
そのため、食が細い犬でも自分からドッグフードを食べてくれます。

また、食いつきに関しては口コミでも高く評価されており、これを理由に継続している飼い主さんも多いようです。

・悪い点  ミールが多く使われている

ピュリナには、コーングルテンミール、家禽ミール、大豆ミールといったミールが使われています。
ミールとは、食肉部分や油脂を取り除いた残りカスのことです。
コーングルテンミールやタイズミールといった穀類のミールは、必要な栄養素を抽出しているため、栄養素は殆ど残っていません。
また家禽ミールは、複数の家畜を混ぜていたり、ホルモン剤や抗生物質を過度に投与され、食肉用として出荷できなかったものを使っていたりすることがあります。

そのため、ミールが使われているドッグフードを選ぶ場合は、どの様な肉を使っているのか表示されているものを選ぶと安全です。

 

PURINA(ピュリナ)を食べない子がいるのはどうして?

ピュリナは、食材を多く使用しているにも関わらず、ミネラル類やビタミン類といった栄養素が多く添加されています。
これは、前項の「PURINA(ピュリナ)の良い点悪い点」でご紹介したミールや穀類によってかさましされているからだと考えられます。
犬は匂いを嗅ぎ分ける能力が長けているので、このようなドッグフードを食べないことが多いです。

 

PURINA(ピュリナ)は果たしておすすめ?ペットシッターが本音で答える!

総合評価:D

ピュリナでは、成犬用のドッグフードが4.2㎏あたり1990円で販売されています。(楽天市場調べ)
フードに新鮮なチキンが使われていることを考慮すると、この値段はお手頃です。

しかし、ミールや穀類、動物性油脂(♯1)が使われているので、犬の身体に負担をかけています。

若くて健康な時期であれば問題はないでしょう。
しかし、健全な食事が老後の健康を支えるため、ピュリナばかりをあげ続けるのはおすすめできません。
ピュリナをあげるなら、いくつかの種類のドッグフードをローテーションしてあげるといいでしょう。

(♯1)動物性油脂とは
動物性油脂とは、食肉用として使えない部分から精製した油脂もことで、この工程をレンダリングといいます。
レンダリングでは、病気や事故、安楽死などで死んだ動物を利用していることもあります。
そのため、価格が極端に安いフードは要注意です。

外部リンク:ピュリナ販売ページへ

略歴
2014年、ペット業に就く。
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合う中で、多くの飼い主さんの悩みがフードにあることを知り、わんちゃん・ねこちゃんの身体に負担をかけないペットフードを多くの飼い主さんに知ってもらうため奮闘中。

ハンドルネーム btbj.fa

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中