人間の整形外科医に皮膚科の話を聞いても、あまりよくわからない、と言えばお分かりだと思いますが、獣医師が必ずしも全員が栄養学を専門にしているわけではありません。獣医師は、動物病院レベルの総合栄養食(健康維持食)や病気のワンちゃんが食べる療法食には精通していますが、それ以外の、例えばスーパーマーケットで山積みされている多様なフードに関しては、100%把握をしているとは言えません。

一方、病気の予防や、いざ病気になった際に処方する療法食は、治療の一環として使用するわけですから、専門的なアドバイスを日々行なっています。

(注)病院専用の療法食や総合栄養食は予防薬や治療薬と同じで、薬剤の効果や副作用を理解していなければ処方もできません。

(注)代表的な総合栄養食と療法食のブランドは、ロイヤルカナン、ヒルズ、ビルバック、エランコ、などが挙げられます。

一般のペットフードの現状

昨今のインターネットの普及、通信販売の簡便さから、ペットフード市場は大きく変化しました。第一に、外国産のフードが沢山輸入され、しかも個人レベルで気に入った物を簡単に手に入れることができます。

一方、国内産のフードだけでも、その数は数え切れない程膨大な量で、それら全ての原材料や利点、欠点を理解しておくことは、栄養学を専門にして毎日リサーチをしていなければ、ほぼ不可能です。

例えば飼い主さんに国産以外のフードについて問い合わせがあったとしたら、まず、その時点でそのフードの原材料を見て、ワンちゃんの体質に合っているか否かをアドバイスすることになりますが、そのフードの研究データを持ち合わせていないことも多いです。中には日本で使われていない原材料が使われていて、その正体が何であるか詳しくわからないこともあります。

逆に、ワンちゃんの体質や疾病に合ったフードを処方する場合には、医学的に効果があったというエビデンス(証拠、研究データが存在する)を元に、獣医師が実際の臨床現場で使って、成績が良いと判断したフードとなります。

ペットフードアドバイスの例

動物病院に飼い主さんがフードアドバイスを聞きに来る場合に、よくあるのは、

”うちの子は、他の病院で治療をして貰っているのですが、処方して貰ったフードを食べてくれないので、何かありませんか?”

というタイプの質問です。療法食を食べてくれないことは、意外によくある問題です。

この場合、非常に難しい点は、かかりつけの獣医師の相談無しに、他の病院で他の療法食を購入することが果たして良いことなのか、という判断です。残念ながら、療法食は治療薬と同じですから、かかりつけの獣医師の治療方針を変えてしまう可能性がある為、あまりおすすめできないことがあります。

また、次のようなパターンもあります。

”うちの子は胃が弱いので、何か消化しやすいフードがありますか?”

つまり、何か病気の症状があって、その症状に合ったフードがないか探している場合です。

この場合に難しいのは、飼い主さんはワンちゃんの症状を”胃が弱い”と表現しているだけで、実際にどのような状態であるか”診て”いません。そういう質問に関しては、残念ながら”絶対これが良いです”とは言えません。

中には、お腹がゆるいだけではなく、皮膚にも症状が出ていたり、全く飼い主さんが気づいていない症状やワンちゃんの性格が隠れている可能性が否定できないからです。

そんな時は、診察をおすすめするしかありません。

このように、特に療法食はワンちゃんの症状や治療法をしっかりと把握しなければならない為、飼い主さんの期待通りの答えが返って来ない場合があります。

ペットフードアドバイスに関する注意

先に述べたように、今は簡単に多種多様のペットフードが購入できるようになりました。しかしながら、獣医師が全世界のフードの情報(医学的な根拠のあるデータ)を完璧に知り尽くしているわけではありませんから、獣医師に相談する際には、具体的な目的を明確にしておきましょう。例えば、健康維持の為の総合栄養食で体質に合ったフードのアドバイスが欲しい場合、国産が絶対に良い、無農薬のオーガニックが良い、などの大まかな希望する分類を挙げて貰うだけでも、適切なフードを絞りやすくなります。

また、今まで食べていたフードがどのブランドで、どういう名前、どういう原材料、何が目的であったか、などは必ず覚えておきましょう。

診察中に質問しても、”よくわからない”とおっしゃる飼い主さんは意外に多いので、是非、スマフォで写真を撮っておきましょう。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、ニューヨークで人と動物のホメオパシーを4年間学び、日本では小動物臨床を10年ほど経験。馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らし中。

スポンサードリンク