今やその名を知らない人はいないほど、フェイスブックは、世界最大のSNSとして絶大な人気を誇るようになりました。フェイスブックと聞くと、【人の繋がり】と思いがちですが、実は、人だけでなく【犬の繋がり】もあるのです。ここでは、犬の飼い主さんなら知っておきたいフェイスブック活用術について紹介していきます。

フェイスブックとは

フェイスブックとは、世界最大のSNSと言われており、今やその名前を知らない人はいない程利用者も多く絶大な人気を誇っています。そもそもこのフェイスブック、もともとは友人同士を繋ぐコミュニティを作るために開発されたものだそうで、気軽に友人の動向をチェックし、それに対してコメントが書けるという目的で使用されていたそうです。
フェイスブックを利用すると、音信不通になってしまった友人や、学生以来の友人など、懐かしい人とSNS上で再会できるということもあり、とても便利である一方、新しい友人を作るという点でも、とても役立っています。実はこのフェイスブック、友人と?がるだけでなく、グループを作ることができる他、企業や団体なども登録をしているため、企業や団体の近況を知ることができるのです。
また、団体の中には、動物の保護団体や、犬種別のグループなど犬に関するページも数多くあるため、犬好きならぜひチェックしておきたいポイントでもあります。

フェイスブックを利用してみよう

それでは実際に、フェイスブックを使用してみましょう。ここでは、自分自身が投稿する場合と、団体やグループを閲覧する場合の2通りを紹介していきます。

【投稿する】
写真や動画とともに、それに対するコメントを投稿することができます。近況報告や友人に見て欲しい写真や動画を投稿して、【いいね!】や【コメント】をもらいましょう。また、投稿した写真や動画は、【友人まで】【友人の友人まで】【全体】と公開範囲を選べるので、プライバシーが気になる方も安心して利用可能です。
【閲覧する】
フェイスブックの検索機能を使って、友人を探したり気になっている企業や団体を検索してみましょう。保護団体の場合、譲渡会に参加予定の犬や、犬の近況も知ることができるので、保護犬を探している方は要チェックです。また、検索機能を使用してグループを検索すると、犬種ごとのグループやコミュニティ、地域ごとの犬のグループなどもあり、オフ会なども開かれているそうです。犬の友達を作りたい方や、SNS上だけでも繋がりをもって悩みを共有することもできるため、ぜひ検索をしてみて下さい。

フェイスブック活用術

すでに説明した通り、フェイスブックでは一般の方だけでなく企業や団体も登録している他、様々なグループが作られています。ここでは、犬を飼っている方なら、ぜひ知っておきたい活用方法をさらに詳しく紹介していきます。

■グループ
犬種ごとにグループが作られています。検索機能を使用して犬種名を検索してみましょう。グループには、参加人数も表示されているので、初めてで不安な方は、参加人数が多いグループを覗いてみると良いかもしれません。グループ内では、愛犬自慢や犬種独特の悩みの共有などのできるため、犬の友達を作るには有効的なツールです。
■イベント
各グループや団体などで、犬に関するイベントが開催されることがあります。このお知らせも、フェイスブック上で行われることが多いため、気になる団体があったら、登録しておくと良いでしょう。
■投稿の連携
フェイスブックでは、インスタグラムやツイッターなどと投稿を連携することができます。連携することにより、投稿した内容がインスタグラムやついったなどにも投稿されるため、ぜひ可愛い愛犬の写真や動画を投稿してみて下さい。何気なく投稿していたら、いつも間には愛犬が有名になっているかもしれません。
ryooooo.co
動物看護士として働く傍ら、人間と犬がもっと楽しくお互いが幸せに暮らせるように、医療に限らず犬の食・法律・暮らしについて日々勉強しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中