3大SNSのひとつであるツイッターは、気軽に投稿ができるサービスのひとつで、フェイスブックやインスタグラムより気軽に行えるものでもあります。また、ツイッターには犬に関する情報も多く行きかっているので、情報をうまく活用することにより、情報通になれるかもしれません。それでは、どのようにツイッターを活用すればいいのでしょうか。

*ちなみに当サイト管理人のツイッターアカウントです。

ツイッターとは

今や【ツイッター】という言葉を知らない人はいないほど人気のSNS【ツイッター】は、140文字以内の【つぶやき】を入力し、その投稿を色々な人たちと共有するサービスです。一般の人だけでなく、芸能人・政治家など多くの著名人も利用していることから、知名度も高く、登録はしていて投稿したことがない人でも、閲覧したことはあるという人も多いのではないでしょうか。

また、ツイッターには、フォロー・フォロワーというものがあります。フォローは、投稿者がフォローしている友人や投稿を見たい人、フォロワーは、投稿者のことをフォローしている人のことを指します。つまり、フォロワーが多ければ多いほど、投稿者の投稿を見てもらえる機会も増えるということです。
【つぶやき】と聞くと、自分の愚痴や心情などを投稿するものだと思いちですが、実際にはツイッターを通じて様々な情報が行きかっています。実は、ペットに関する情報も多く、活用方法によっては大変便利なツールなのです。

ツイッターを利用してみよう

それでは、実際にツイッターを使用してみましょう。ここでは、【愛犬に関する投稿】という主旨で、ツイッターの活用方法について紹介していきます。

■文字を投稿
140文字以内で、自分自身が伝いたいことをを文字にしましょう。
■写真や動画を添付
写真や動画を添付することが可能です。可愛い愛犬の写真や動画を多くの人に見てもらいましょう。
■ハッシュタグ
【#(ハッシュタグ)】とは、キーワードの前に【#】をつけることにより、そのキーワードに関連する画像・動画・つぶやきを検索できる機能です。例えば、【#犬】で検索をすることにより、犬に関する画像・動画・つぶやきが表示されます。つまり、ハッシュタグをつけることにより、多くのユーザーに投稿を閲覧してもらるということです。

ツイッター活用術

基本的な投稿方法については説明しましたが、これだけでは自分自身がつぶやくだけで終わってしまいます。ツイッターを通じて、下記のように役立つこともあるため、是非参考にしてみて下さい。

■フォローしよう
犬に関することを投稿している人をフォローすることで、知りえなかった情報を知ることができます。中には、ツイッターを通じて犬友になったり、犬同伴可のカフェを知ったり、ドッグランの場所を知ったりと、様々な情報を入手することも可能です。
■迷子
ツイッターで【#犬】と検索してよく見かけるのが、迷子や里親募集のツイートです。ツイッターでは、投稿者の投稿を【リツイート】することで、自分自身も同じ内容のツイートを投稿することができます。この機能を利用しリツイートをしていくことで、迷子の子の情報が行きかい、発見に繋がるケースも少なくありません。
■犬に関するニュースを見よう
ツイッターには、犬に関するニュースや心温まる動画などがたくさん投稿されています。とくにニュースに関しては、テレビや新聞には載らないようなニュースもあるため、参考になるものも多いでしょう。また、こうしたニュースや心温まる動画も、【リツイート】が可能です。ぜひリツイートして、フォロワーのみんなにも見てもらいましょう。お互いがリツイートをしていくことで、情報が拡散し、より多くの人たちに知れわたるようになるのです。
ryooooo.co
動物看護士として働く傍ら、人間と犬がもっと楽しくお互いが幸せに暮らせるように、医療に限らず犬の食・法律・暮らしについて日々勉強しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中