毛包は毛根を包んでいる組織ですが、これが何らかの感染によって炎症を起こしたりすることがあります。

ワンちゃんの場合、外でゴロッと寝ころんで見たり、茂みに入り込んだり、といった生活様式から簡単に病原菌に感染しやすい状況がありますが、大抵は抵抗力があって、皮膚のバリア機能もしっかりしている為、すぐに感染を受けることはありません。しかし、ちょっとした体調や季節の変化で、気がついたら何かに感染していたり、実は、免疫系の病気が隠れていて感染を受けやすい体質になっていた、ということがあります。

毛包炎の主な症状は、脇の下、下腹部、鼠蹊部(内股)、に出ることが多いですが、必ずしもこの場所だけではありません。病変部は、赤くなったり、腫れたり、湿疹のようなものができたり、カサブタと被毛の塊がごそっと取れて脱毛したり、痒みが出ることもあります。ミニチュアシュナウザーのように犬種限定の皮膚病(シュナウザー面疱症候群)が毛包に影響を及ぼしたり、子犬は、免疫システムが十分に発達していない為、成犬よりもかかりやすい傾向があり、高齢犬の場合も同様に注意が必要です。

毛包症(毛包炎)の原因

この病気の主な原因は以下の3つとなりますが、実際には、元からある病気(例えばアレルギー体質やノミ・ダニ感染)が複雑に絡まって、症状を一層悪くしていることもあります。

 

・細菌感染

細菌感染が原因であることが最も多いと言われており、皮膚には普通に存在している常在菌の仲間、スタフィロコッカス(ブドウ球菌)が代表的な原因菌です。細菌感染による症状は皮膚表面の感染(膿皮症)だけではなく、毛包炎などの形でも現れます。また、コッカースパニエルなどのように、アレルギー体質のワンちゃんが多い犬種では、この細菌感染の裏にアレルギーが隠れていることがあります。その場合には、感染症をコントロールするだけでなく、アレルギーの治療も必要になります。

 

 

・真菌(カビ)感染

真菌が原因の犬皮膚糸状菌症では、原因となる真菌(ミクロスポラム・カニス、ミクロスポラム・ギプセム、トリコフィートン・メンタグロフィテス)が毛包炎を起こす場合があります。最もわかりやすい症状の特徴は皮膚の円形脱毛であり、長毛な犬、抵抗力の弱い子犬や高齢犬、また、犬種ではジャックラッセルやヨークシャーテリアはかかりやすいという報告もあります。人間も感染することがある為、感染しているかわからない場合でも、触った後の手洗いは特に入念に行う必要があります。

 

 

・毛包虫感染

毛包虫、ニキビダニ、アカラス、など色々な呼び方をされていますが、毛包に住んでいる外部寄生虫です。健康なワンちゃんにも、わずかに寄生していることがあります。ワンちゃんが至って健康な状態であれば、免疫力で毛包虫が増えすぎないように抑制ができ、症状が現れることは殆どなく、問題を起こすこともありませんが、何らかの理由で数が異常に増えてしまうと、脱毛や毛包炎が起きることがあります。特に免疫力の弱い子犬や、成犬でも免疫系の病気などで抵抗力が弱まっている場合には注意が必要です。

 

毛包症(毛包炎)の治療

毛包炎が見られたら、一番最初にやらなければならないのは被毛を短くカットすることです。飼い主さんにとっては、非常に辛い部分でもありますが、被毛があることで、二次感染を起こしたり、患部を清潔に保つことができない為、残念ながらバリカンで剃ってしまうことになります。稀ではありますが、その後、元どおりの毛が生えない場合もありますから、十分に状況を理解しなければなりません。
診断がついたら、原因に合わせて内服薬による治療と薬用シャンプーの組み合わせが主体となります。皮膚の状態が落ち着いたらシャンプーをすることになりますが、やりすぎには注意しましょう。どんなシャンプーも、獣医師の指示に従って皮膚に負担をかけないようにしなければなりません。

毛包症(毛包炎)に関する注意

”単なる皮膚炎でした”で終われば良いのですが、中には免疫系の問題やアレルギー性の疾患が隠れている場合もあります。皮膚の問題は明らかに見た目で異常がわかる為、早く治してあげたいと思う飼い主さんが殆どだと思いますが、複雑に絡んだ原因が隠れている場合には、なかなかすぐに綺麗にならなかったり、或いはぶり返すことも考えられます。そんな場合も、決して慌てずにじっくりと治療経過を見て行くことが必要です。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、ニューヨークで人と動物のホメオパシーを4年間学び、日本では小動物臨床を10年ほど経験。馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らし中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中