名前の通り犬種が限定されており、ジャイアントシュナウザーやスタンダードシュナウザーでは見られませんが、ミニチュアシュナウザーだけがこの皮膚の病気を発症する可能性があります

ニキビのようなもので、角質(ケラチン、皮膚のタンパク質)と皮脂(皮脂腺から出る、皮膚と被毛を乾燥から守る脂)が毛穴に詰まってしまった結果、ブツブツとした物ができてしまいます。これらは普通、背骨を中心に肩から尾に向けて広がります。軽症の場合は、ワンちゃんにとっては至って無害であり、人間は見た目を気にしますが、例えばワンちゃんが痛くて食事も喉を通らない、といったようなことは決してありません。
ブツブツした発疹は、中に膿が詰まっていたり、分泌物が出てきたり、全く分泌物を含まず、ただポコっと突出しているような物もあれば、中には中央部が黒く見えたり(blackheadと呼ばれることがあります)、触ると硬い場合もあります。
重症な場合には、ワンちゃんの皮膚全体もカサカサになって来たり、この発疹の部分が二次感染を起こして痒みが出て来ると、今度は搔き過ぎて皮膚炎が更に悪化してしまうことさえあります。
完璧な治療法はありませんが、シャンプーや薬用ローション、一時的に内服薬などを併用して状態を安定されることは十分可能です。また、ワンちゃんによって、常に皮膚の状態が悪い場合と、一時的に発疹が出て来ては落ち着く、という場合があります。

シュナウザー面疱症候群の症状

背中を中心とした主な症状を以下に示します。

・黒くて硬い発疹
・いぼやニキビのようなできもの
・脱毛
・皮膚の肥厚
・痒み
・赤み
・臭気

しかし、これらの症状が出る他の皮膚の病気もありますから、注意しなければなりません。似たような症状が出る病気には、以下のようなものがあります。

・アレルギー性皮膚炎(アトピー性皮膚炎、食物アレルギーによる皮膚炎)
どれも発疹が出たり、赤み、臭い、更には痒みから自傷(自分で引っ掻いて傷つける)して二次感染などが出ることがあります。
・ノミアレルギー
背中に独特な発疹が出て赤くなり、痒みも出る為、症状は非常によく似ています。
・膿皮症
体のあちこちにブツブツと発疹ができて痒みがあり、膿が出るので間違いやすいです。
・真菌性皮膚炎
背中も脱毛をして皮膚がカサカサになり、赤くなることもある為、必ず真菌の検査を行う必要があります。
・ノミ以外の寄生虫
例えば、皮膚の中に住みつく毛包虫などは症状が似ていることと、一回の検査で検出することが難しい場合もありますから、注意が必要です。

シュナウザー面疱症候群の治療

完治することは不可能ではありますが、症状が非常に重篤な場合には薬剤の助けを借りて、症状が落ち着いた際には適切な自宅でのケアをすることで、再度重篤な状態にならないように予防することができます。以下に治療と予防について説明します。

薬剤の使用
・二次感染が疑われる場合には、まず最初に感染原因となっている細菌類や真菌類に対する薬剤を服用します。また、皮膚の再生を促すビタミンAを服用します。
シャンプー
・毛包にできている栓を溶かすことができるシャンプーやローション(処方されます)などを使って、指示通りにシャンプーしたり、ローションを塗布します。この処置は、洗浄を目的としておらず、原因になっている物を溶かして流すことにあるので、自宅にあるシャンプーやローションでは意味がありません。
グルーミング
・被毛は常に短くカットしておくことが必要です。これは発疹が目立つことで嫌がる飼い主さんもいらっしゃいますが、被毛が長いことで二次感染を起こしやすい為、またシャンプーをしづらい為、なるべく短くしておきます。
ノミ・ダニ予防
・ノミ・ダニ予防薬は必ず滴下(或いは服用)しなければなりません。これらの感染があることで、アレルギーを発症することがあります。アレルギーが発症してしまうと、治療は非常に複雑になって、ワンちゃんに負担がかかってしまいます。

シュナウザー面疱症候群についての注意点

遺伝的にこの病気が発症してしまう場合には、初めから予防することはできませんが、普段からの皮膚チェックはしっかり行いましょう。ブツブツした物を発見したら、まずは獣医師に相談をして、何であるか突き止めることが先になります。皮膚の問題は、命の危険がないからと言って、のんびりと構えている飼い主さんが多いですが、いざ治療を始めると、治ることに焦ってしまう場合があります。ワンちゃんの皮膚の再生には人間より早い 20日である一方、ワンちゃんの皮膚は人間の皮膚よりもずっと薄く出来ていることを理解して、早急に治療を開始しつつ、焦らずにじっくりと経過観察をしてデリケートな皮膚を守っていかなければなりません。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、ニューヨークで人と動物のホメオパシーを4年間学び、日本では小動物臨床を10年ほど経験。馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らし中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け