鼻孔(鼻の穴)を形成している軟骨の形成異常により、鼻孔が狭くなっており、空気の通りが悪く、結果的に鼻呼吸がしづらくなったりする状態を鼻孔狭窄と言います。人間は風邪をひいて鼻が詰まってしまい、口で呼吸することがあると思いますが、風邪が治れば問題ありません。鼻孔狭窄は、生まれつき狭くなっている為、いつも鼻の通りが悪い状態で、若い時には何も症状が出ていなかったとしても、年齢と共に症状が出たり、また、放置しておけばそれだけ苦しい状態が長く続きます。ワンちゃんが口呼吸をしている場合は、もしかしたら鼻孔狭窄があるかもしれません。飼い主さんでも鼻の穴は見て分かりますから、狭くないかを確認してみると良いかもしれません。

犬の鼻孔狭搾になりやすい犬種

この病気は短頭種(鼻が潰れているタイプの犬種)特有の病気である、短頭種気道症候群の一部と考えられています。人工的に品種改良を行った為の異常ですから、しっかりとフォローして治療をしてあげなければなりません。以下の犬種は注意が必要です。

・ブルドッグ(イングリッシュ、フレンチ)
・ボストンテリア
・パグ
・シーズー
・ペキニーズ
・ポメラニアン
・キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
・ボクサー

など。

犬の鼻孔狭搾の症状

鼻孔狭搾であるワンちゃんは、普段の生活の中で、少しでも興奮したりして息が荒くなる状況があると、非常に呼吸は辛くなります。ですから、あまり興奮させないようにするトレーニングも必要になります。以下に主な症状を紹介します。

・鼻息がうるさい。
・高温が苦手。
・運動を嫌う。
・口呼吸をする。
・吐き気や咳がある。
・嘔吐する。
・舌が紫になる(チアノーゼ)

短頭種気道症候群のうちの1つの症状ですが、他には軟口蓋過長(喉の奥にある柔らかい粘膜組織が長過ぎる)、気管低形成(気管の太さが体に比較して細い)、があり、イングリッシュ・ブルドッグは、これら全て3点が同時に発症していることが多いです。鼻腔狭窄は、狭くなっている度合いの個体差が非常に大きく、全く症状がわからないレベルから、非常に狭い為、常に開口呼吸(口を開いて呼吸)をする必要がある場合もあります。

犬の鼻孔狭搾の治療

一般的に、獣医師は短頭種であることから、呼吸音が荒かったり、開口呼吸をすることが多い場合には、この病気を疑いながら検査を進めて行きます。場合によっては胸のレントゲンなどを必要とする場合もあります。
診断が下ると、症状の度合いにより治療法が選択されます。症状があまり重篤ではない場合には、以下の点に注意してライフスタイルを少し変えてみることからスタートします。

・体重管理(絶対に肥満してはいけません。)
・運動制限(激しい運動はできませんが、体重管理や筋肉を鍛えるための運動はやむを得ません。)
・部屋の温度設定(高温になると呼吸回数が増え、非常に危険です。)
・すぐに落ち着く訓練(興奮は禁物です。)

重症な場合には、外科手術を行うことが唯一の選択肢です。若いうちに手術によって鼻孔が広げられれば、年齢と共に合併してくるであろう問題のリスクを下げ、手術後も安心していられます。短頭種はもともと気道に問題がある訳ですから、なるべく麻酔をかける頻度は少なくすべきであり、生後半年の去勢や避妊手術の際に同時に鼻孔狭窄の手術をすることもあります。

犬の鼻孔狭搾についての注意

今でも短頭種の犬種は非常に人気があります。人気があるだけに、ブリーダーも常に繁殖を行ってくれるわけですが、人気の陰にはこの先天性異常という問題もあり、しっかりと勉強をして、生涯病気と付き合っていくことへの理解も必要です。
短頭種を飼い始めたら、興奮コントロールをできるように躾けましょう。興奮している時は、大人しくなるまで待って、大人しくなったらご褒美に撫でてあげる、などを習慣づけるだけでも、成果が得られることがあります。鼻孔狭窄だけではなく、短頭種気道症候群の別の問題も抱えている場合にも、興奮をしないで落ち着いた状態が保てることは絶対に必要です。
また、室内は一定の気温を保つことができて、過ごしやすく設定ができますが、夏場の散歩には特に気を使いましょう。アスファルトが冷えた夜や早朝の散歩以外は連れて行かないこと、冷やす物や大量の水を常に持参してあげること、などは忘れないようにしてく下さい。散歩中も呼吸は注意深く観察し、辛そうに見えた場合には、必ず、獣医師のチェックを受けましょう。

 

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、ニューヨークで人と動物のホメオパシーを4年間学び、日本では小動物臨床を10年ほど経験。馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らし中。

 

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中