ペットの保険会社は年々増えてきており、保険プランや月々の保険料も保険会社によって様々です。
最近では、犬をお家にお迎えしたら、同時にペット保険の加入を検討する飼い主さんも増えてきました。
しかし、数多くあるペット保険だからこそ、どの保険に加入したら良いか悩みますよね。
その中でも、人気の保険が、2016年の契約件数シェア率No.1のアニコム保険です。

 

関連:ペット保険は入った方がいい?ペット保険の選び方ポイント講座!

アニコム保険の特徴

■補償内容
アニコムには、下記に挙げる2つのプランがありプランによって保障内容も異なります。

●ふぁみりぃ70%プラン

・通院・入院は1日あたり最高10,000円まで(1年間で各20日まで)
・手術は、1回あたり最高100,000円まで(1年間で2回まで)

●ふぁみりぃ50%プラン

・通院・入院は1日あたり最高14,000円まで(1年間で各20日まで)
・手術は、1回あたり最高140,000円まで(1年間で2回まで)

アニコムが基準とする保険対象の診療費を、各プランの支払い限度の範囲内で支払ってくれるのがアニコム保険です。
アニコム保険に加入できる動物は、犬と猫の2種類で、年齢は7歳11ヶ月(新規加入時)となっています。
つまり、7歳11ヶ月以降は、すでに加入をしていた場合しか契約更新ができないため、加入を考えているのであれば7歳11ヶ月までに加入をすると良いでしょう。

また、保険に加入する上で重要なのが、【健康体であること】という条件です。そのため、加入時、過去および現在において治療歴がある場合は、告知書が必要になり、場合によっては加入不可あるいは適用外の病気がある場合もあるため、事前に問い合わせておくと安心です。

アニコム保険のメリット

 

アニコム保険を利用した保険金請求は、全国すべての動物病院での診療費が対象になります。また、アニコム保険の最大のメリットとして、【どうぶつ健保】対応の動物病院であれば、保険証を動物病院で提示するだけで、診療費がその場で保険適用になるということです。多くの保険会社の場合、一度飼い主さんで全額負担をし、後から保険会社へ保険金請求をして振込という形になるので、日数や手間もかかります。そのため、窓口清算ができるということは、大きなメリットと言えます。ただし、【どうぶつ健保】未対応の動物病院の場合は、アニコム保険へ後から請求する必要があるため、かかりつけの動物病院がアニコム保険に対応しているか調べておくと良いでしょう。

また、保険会社によっては、治療を行わないと保険適用にならない場合もあるのですが、アニコムは病気が経過観察であった場合も保険適用になるのも嬉しいポイントです。

アニコム保険のデメリット

窓口清算が可能で、保険の適用範囲が広いアニコム保険ですが、他の保険会社と比較すると少し保険料が高いというデメリットがあります。保険料は、各プランによって異なり、以下のように分かれています。

●ふぁみりぃ70%プラン

犬の場合は、月々3,270円~8,120円
猫の場合は、月々3,330円~3,860円

●ふぁみりぃ50%プラン

犬の場合は、月々2,480円~5,920円
猫の場合は、月々2,500円~2,870円

各プランとも、年齢によって保険料が異なる他、犬種によって(猫はクラス分けなし)クラスが分類されています。
例えば、チワワがAクラス月々2,340円(1歳時)に対し、先天性や遺伝性で心臓の病気を起こす確率の高いキャバリアは、Dクラス月々3,170円(1歳時)と、犬種の特徴によってクラスが分かれているのです。保険会社によって異なるのですが、多くの保険会社は、小型犬・中型犬・大型犬とクラス分けしていることが多いため、チワワとキャバリアは同じ小型犬クラスで保険料が同じことが多いです。補償内容なとても充実しているアニコム保険ですが、保険料が少し高いという点が、デメリットと言えるでしょう。

 

アニコム保険の評判・口コミ

実際に利用した方達の口コミを見てみましょう。

*口コミなどはクラウドサービスを利用して集めました。

 

アニコム保険の良い評判

 

動物病院で支払う費用は、軽く1万円を超えることが珍しく無いので、愛犬が苦しんでいてもつい様子を見がちです。動物病院に連れて行く際に、ほとんどの場所で対応しているペット保険がアニコムでした。窓口で保険証を提示すれば、保険金請求を動物病院側で行なってもらえる対応病院が多いので、手続きミスによる煩雑なやり取りが発生しません。何より窓口負担額が自己負担分のみで済むので、年間利用回数制限はあるものの、以前よりも手軽に動物病院に相談に行けるようになりました。

チワワ 6歳 利用期間:4年間 100点

犬猫より保険料は割高でかなり高いですが、病気がちで頻繁に動物病院に連れていっていましたので、ペット保険に加入しました。ところが、ペットがかかりやすい病気に対しては保険対象外になっている事が多く、対象内の場合であっても治療費の半分しか補ってもらえないため、結局、保険に入っていても得することはなかったです。ちなみに、怪我や不意にお腹を壊したは保険対象内になりましたが、兎がかかりやすい毛球症や歯の噛み合わせが悪くて起こる不正咬合などは保険対象外でしたので、手術をしても、保険料は出ませんでした。そのため、あまりペット保険は必要ないのかな、と思っています。

ネザーランドドワーフ(兎)5歳 利用期間:1年 90点

愛犬が我が家に来る時から保険は入ろうと決めていました。
何故ならとても安心するからです。何かあってから保険にはいっても全く意味がありません。人間の保険と同じだと思います。
実際に愛犬は1度大きな病気をしました。保険適用外もありましたが、入っていて良かったと心底思いました。
犬は人間と違い病気になる前など一切わかりません。なので保険に入ることはとても精神的に安心します。
毎月動物病院で検診を受けているのでその都度保険が使えてとても助かります。
保険料が少し高めなのが気になりますが、愛犬の為の保険なのでやめようとは思いません。

犬種 ビションフリーゼ 年齢 3歳 利用している期間 3年 90点

 

アニコム損保を対応している動物病院が多いので、ペットの保険証を窓口で提出するだけで割り引かれた診察料だけその場で払えば良いので助かります。
診察の際にアニコムのペット保険証を持参していなくても、後日書類を提出すれば差額が戻ってくるのですが、その際もとても迅速に対応してくださるので、安心することができます。
ペット保険のおかげでペットの健康管理や病院にも安心して通院することができます。
もう少し月々の保険代が安ければより良いのですが、いつでも迅速に対応してくださるので信頼することができます。

チワワ 4歳 利用している期間:4年 アニコム損保 どうぶつ健保ふぁみりぃ 90点

 

犬を飼っている友人の犬が病気になり「手術をしたのでお金がすごくかかった。保険に入っておけばよかった」と言っていたのを聞き、ペットの猫の保険に加入することにしました。
ペットの保険会社は色々あります。
その中でアニコムにしたのはかかりつけの動物病院が扱っていたからです。
毎月数千円だからそんなに負担ではないし、万が一の時安心できるので今は加入して良かったと思っています。
できれば保険を使うことなくいつまでも元気でいてほしいですね。

猫 3歳 利用している期間:半年 アニコム動物保険 80点

 

アニコム保険の悪い口コミ

 

これまで大病もせず元気だったのですが、10歳を過ぎたことや腰痛や間接痛がでてきたことでペット保険加入を検討しはじめました。アニコムにしたのは、かかりつけの動物病院が対応してたこと、後清算ではなく動物病院の受付窓口で清算(自己負担額のみ支払い)できること、当時は10歳11ヶ月まで新規加入ができたこと(今は7歳11ヶ月まで)等で決めました。書類を郵送して請求処理をする後清算よりも窓口で終了するのはあまりマメな性格でない私には助かりますが、やはり保険料は他社に比べて高いです。もう15歳なので、このまま継続で加入し続けますが、6歳になるもう一匹は他社も含めて検討中です。多頭割引もありますが、それでも高く、2頭分となると支払いが厳しいです。他社と比べてのメリットは、窓口清算とアニコム対応の動物病院が多いことくらいなので、後清算を頑張ってするか、高くても頑張って保険料を支払うか、どちらをがんばるか思案中です。

ボロニーズ 15歳 利用期間:4年 60点

 

正直な気持ちとしては、ペット保険は掛け捨てタイプの商品しかないので長期間掛けているととても割高で損をしていると感じています。ただ、若い時から入いることによって割り引き率がたしょう高くなりますし、何かしらの病気をしてからでは入ることが出来ないため早めに入りました。また、何かしらの病気やけがなどの時にかかる治療費が、人間と違い全てが自由診療であるため治療費が高くつくことも多いためしょうがないのかなという思いもあります。

トイプードル 8才 利用期間:10年 アニコム損保 70点

 

関連:ペット保険は入った方がいい?ペット保険の選び方ポイント講座!

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中