白い眉毛に白いヒゲ…どことなくおじいさんのような顔をした犬、それがシュナウザーです。
なかなか個性的な顔立ちをしているので、アニメや絵本のキャラクターに選ばれることも多く、広く周知された犬種の1つです。
今回はそんなシュナウザーについてご紹介します。
シュナウザーに興味のある方、または飼う前の予備知識として、この記事を参考にしていただけたらと思います。

シュナウザーってどんな犬?


シュナウザーは1400年代にドイツで生まれました。シュナウザーと聞くと思い浮かぶのが、グレーの毛色に白眉と白ヒゲですが、実は3つの種類にわけられます。

ジャイアント・シュナウザー
スタンダード・シュナウザー
ミニチュア・シュナウザー

スタンダード・シュナウザーが基本となり、大型の牧羊犬とかけ合わせて作られたのがジャイアント・シュナウザー。そしてアーフェンピンシャーやプードルなどとかけ合わせて作られたのが小型のミニチュア・シュナウザーです。
それぞれ牛追いやネズミ捕りといった作業犬としての役割を持っていました。
ペットとして一般的に飼われているのは、ミニチュア・シュナウザーで、体高は33~36cm、体重は6~7kgが理想とされています。
この記事では主にミニチュアシュナウザーに注目していきたいと思います。

シュナウザーの性格

シュナウザーは遊びが大好きで活発な性格をしています。遊びながら多くのことを学習するので、ドッグスポーツで活躍している子も多いです。
また勇ましい一面もあり、他人に対して警戒心を強く見せることがあります。これは知らない人から家族を守ろうとしているだけなのですが、無駄吠えが悩みの種になる場合もあります。
しかし1度心を許した相手には友好的で、甘えん坊な姿を見せてくれます。

シュナウザーの毛質、毛色

シュナウザーは上毛と下毛をもつダブルコートで、剛毛です。ごわごわしたワイヤーヘアーなので、ブラッシングやトリミングが必要になります。
シュナウザーの毛色は、ソルト&ペッパー、ブラック&シルバー、ホワイト、ブラックの4種類です。最も人気の色はソルト&ペッパーですが、被毛の美しさを保つにはやはりお手入れが欠かせません。手をかければかけるほど、シュナウザーが持つ被毛の魅力を引き出すことができますよ。

シュナウザーの魅力


シュナウザーはとてもおしゃれな容姿をしています。長く伸びた口周りのヒゲや、眉毛、立ち姿は気品を感じさせます。しかしシュナウザーの魅力は見た目だけに限りません。

シュナスタイル

シュナウザーはトリミングのカットで、いろいろな変化を楽しめる犬種ですが、独特のフォルムは唯一無二といえるでしょう。
バランスの良い体型は、横から見た形が正方形(スクエア)になっていること。
そしてシュナウザーの特徴といえば、短い尻尾とぴんと立った耳ですね。しかし本来の姿は長い尻尾と垂れ耳です。
もともとネズミ捕りをしていたので、作業しやすいように断耳、断尾をするのが普通だったのですが、ペットとして飼われることの多い現代ではそれらの必要性も薄れ、本来の姿で過ごすシュナウザーも増えてきています。
その他、シュナウザーらしさを表す姿として、「シュナ座り」と呼ばれるものがあります。
これは後ろ足を伸ばした状態で座ることで、リラックスした姿に癒される飼い主さんも多いようです。

シュナウザーは万能犬

トリミングカットで、さまざまなスタイルに変身できるシュナウザーは、おしゃれも楽しみの1つです。
また、運動好きでトレーニングもしやすいので、愛犬と一緒にスポーツを楽しみたい!と思っている方にもぴったりの犬種です。
さらに、どんな家庭でも馴染むことができるのがシュナウザーの万能なところ。ただし、シュナウザーは寂しがり屋なので、留守が多い家庭には不向きかもしれません。
十分に愛情を注いであげられる人であれば、シュナウザーは頼もしい家庭犬に育ってくれるでしょう。

意外にお手入れが簡単

シュナウザーを飼育する上で、毛のお手入れは必須です。
シュナウザーらしいスタイルを保つために、時にプロの手を借りることも必要になりますが、普段のお手入れは飾り毛をとかして、もつれや汚れを取ってあげるだけでOK
抜け毛も他の犬種と比べると少なく、体臭もあまりありません。
お手入れも愛犬とのスキンシップと考えれば、苦にはならないのではないでしょうか。

シュナウザーの価格


シュナウザーの価格はだいたい10~40万円が相場となっています。
人気の毛色であるソルト&ペッパーは、シュナウザーの特徴でもある白ヒゲと白眉がはっきりとわかる毛色なので、他の毛色に比べると少々高値になることが多いようです。その反面、入手しやすい色ともいえます。
子犬選びで最も重要なのは、心身ともに健康であることです。体に異常な点がみられず、ぴょんぴょん元気に動き回っているような子犬であれば良いでしょう。
また飼いやすい性格としては、落ち着きがあって飼い主に従順であることがあげられます。
怖がって尻込みする子や一目散に駆け寄ってくる子など、兄弟でも性格がバラバラですので、まずは声をかけて子犬の反応を見てみましょう。

シュナウザーがかかりやすい病気


シュナウザーには特有の病気があるので、事前にかかりやすい病気を知っておくことで、早めに対処することができます。

レッグ・ぺルテス病

大腿骨頭への血流が悪くなり、骨頭が壊死してしまう病気です。生後3~4か月から1年未満で発症することが多く、原因はわかっていません。
突然後ろ足を引きずるように歩いたり、痛みを生じたりするようになります。
放置しておくと筋肉の委縮を起こし、骨が変形して、正常に歩くことができなくなります。
進行性の病気なので、外科的手術が必要になる場合も。
歩行に異常が見られたら、動物病院で診てもらいましょう。

関連:レッグ・ぺルテス病~症状や治療、なりやすい犬種などについても解説~

シュナウザー面疱症候群

シュナウザー特有の皮膚病です。首から尻尾の付け根にかけてできものができ、細菌感染を起こして炎症すると化膿します。
化膿した後は黒いかさぶたができ、痒みを生じるようになります。これらの症状を繰り返していると、背中の被毛が薄くなるのが特徴です。
完治は難しいため、悪化や二次感染を防ぐために皮膚を清潔に保つ必要があります。

関連:ミニチュアシュナウザー限定!シュナウザー面疱症候群の症状や治療、注意点などを解説

若年性白内障

目の中にある水晶体が白く濁る病気で、シュナウザーの場合は若い頃から発症するケースが多いです。
進行していくと視力が低下し、物にぶつかったり、反応が鈍くなったりします。ただし犬は嗅覚と聴覚が優れているため、視力が低下しても問題なく生活できるケースがほとんどです。
対処法としては、犬が怪我をしないよう、障害物を取り除くなど環境を整えてあげることです。

関連:早めの対策が重要!失明の危険性がある犬の白内障について獣医が徹底解説

外耳炎

垂れ耳のシュナウザーの場合、通気性が悪いことと耳垢が溜まりやすいことから、外耳炎にかかりやすくなります。
耳をしきりにかゆがったり、頭をふったり、耳から粘り気のある耳垢が見られたら、外耳炎を疑ってください。
時々耳の中をガーゼやコットンなどで掃除をして、きれいにしてあげることで予防になります。

関連::たれ耳の犬はなりやすいので注意!トイプードルと外耳炎の関係

シュナウザーを飼う上での注意点


シュナウザーは家庭犬として飼いやすく、初心者に向いている犬種です。しかしなわばり意識が強いため、すぐ誰とでも仲良くなれるわけではなく、徐々に慣れさせていく必要があります。
シュナウザーを飼う時には、シュナウザーの気質や性格をあらかじめ理解して、どのような飼育を行うかを考えておきましょう。

無駄吠えさせないしつけ

シュナウザーを飼っている方が抱える悩みに、吠え癖があります。
警戒心が強く、家族を守ろうとする勇敢な性格から、知らない人や音、犬に対して吠えてしまうのです。
しかし賢い犬種なので、きちんとトレーニングを行って「吠える必要がない」ことを教えてあげれば、無駄吠えが問題になることはありません。

運動不足はストレスの原因に

元々作業犬だったシュナウザーなので、体力や持久力に長けています。そのため極端な運動不足はストレスになり、要求吠えが強くなる傾向にあります。
シュナウザーは1日30分から1時間の散歩が理想です。加えてドッグランなどで自由に駆け回れる時間があれば、心身ともに健康を維持できるでしょう。
特に物を追いかける行動が好きなので、ボールやフリスビーなどを使った遊びもオススメです。

子犬の頃からお手入れに慣れさせる

トリミングやお手入れが必須の犬種ですから、お手入れ嫌いな犬にならないためにも、小さい頃から慣れさせておきましょう。
まずはスキンシップを取りながら、体を触られることに慣れさせます。顔や口周り、耳、歯など、どこを触っても平気でいられるようにしておけば、その後のお手入れが楽になりますよ。
犬が嫌がる場合には無理強いをせず、おやつを与えながら慣れさせていく方法もあります。

まとめ

シュナウザーはおしゃれやスポーツを楽しめ、トレーニングしやすく、飼い主に従順…という、多くの魅力を持った犬種です。
まめなお手入れと正しいしつけを行えば、自慢の愛犬に育ってくれると思います。

筆者紹介

Pigeonmilk
小さい頃から動物を飼育し、現在も動物関係の仕事に携わっています。また学生時代に培った動物の飼育、看護、福祉などの知識を活かした記事を書いていきたいと思っています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け