生きていくために必須の栄養素であるビタミン。当然ドッグフードにも犬にとって必要なビタミンが含まれています。ドッグフードの主原料に含まれているものから、栄養強化や酸化防止を目的として添加されているものまであります。ビタミンの種類と犬に与える影響を解説します。

ビタミンとは

ビタミンとは、微量で動物の栄養を司り、しかも体内でつくられず、外部から取込まなければならない有機化合物です。脂溶性と水溶性に大別され、脂溶性ビタミンにはA,D,E,F,K,水溶性ビタミンにはB群,Cがあります。(ブリタニカ国際大百科事典より改編)

体内でつくられずというのは、ヒトに関することであり、例えば、人間はビタミンCを体内で合成することはできませんが、犬は体内で合成することができます。

水溶性ビタミンは、尿中に排泄されるため、過剰摂取となることはありませんが、脂溶性ビタミンは排泄されないため、過剰に摂取すると体内に蓄積して毒性を示すようになりますので、適切な量を摂取しなければなりません。

ビタミンA

脂溶性ビタミンで、小腸で吸収されて肝臓に貯蔵されます。犬は、ヒトと同様にβカロテンからビタミンAを合成することができます。
ビタミンAは視力を正常に保つために重要です。また、皮膚細胞の成長や、皮脂の産生を調整します。
ビタミンAが欠乏すると、眼疾患や感染症が起こりやすくなります。一方で、ビタミンAを過剰摂取すると、関節異常や生殖機能の低下がみられます。

ビタミンB群

ビタミンB群は水溶性ビタミンです。

ビタミンB1は心臓、肝臓、腎臓、脳に分布しており、細胞の活動に必要なエネルギーを作り出すのに必要です。知覚刺激の伝達を補助する作用もあります。欠乏すると、脚気や筋力低下、視力障害などを引き起こします。
ビタミンB2は、健康な皮膚・被毛の維持する役割があります。欠乏すると皮膚炎を起こします。
ビタミンB3は皮脂や肌の角質層の合成を促進し、皮膚を保護する役割があります。欠乏すると皮膚炎を起こします。
ビタミンB5は、多くの代謝に必要な成分です。食品全般に含まれているため、欠乏は非常に稀で心配ありません。
ビタミンB7は神経系の機能の維持や、健康な皮膚・被毛を維持する役割があります。欠乏すると、皮膚障害や神経筋障害を引き起こします。
ビタミンB9は神経組織の発達に必要な成分です。特に、細胞増殖が活発な胎児には多く必要なため、妊娠中の犬には補給が有効です。
ビタミンB12は、タンパク質の合成や赤血球を形成する役割があります。肉類に含まれるため、欠乏はまれですが、貧血や精神障害を引き起こします。

ビタミンC

ビタミンCは水溶性ビタミンで、犬は肝臓内で合成することができます。ビタミンCには抗酸化作用があり、体内ではフリーラジカルの作用から細胞を守る働きをし、免疫系の働きを高める作用があります。老化防止にも役立ちます。

犬は体内合成ができるので欠乏することは稀ですが、欠乏により貧血や皮膚や粘膜に障害が現れます。欠乏まではならないまでも、不足することはありますので、食事からビタミンCを摂取することは有用です。

ビタミンD

脂溶性ビタミンです。

ヒトは紫外線を浴びることによりコレステロールからビタミンDを合成することができますが、ビタミンDの吸収が低下すると容易に欠乏症になるため、外部からの摂取が不可欠であり、ビタミンに分類されています。犬の場合は、体内合成も一切できないため、食事からの摂取が必須です。
ビタミンDはカルシウムとリンの代謝調整の役割を果たしています。カルシウムとリンの腸での吸収促進と、尿中への排泄を減少させ、カルシウムの骨への沈着を調整します。
ビタミンDが欠乏すると、体重減少や骨軟化症が起こりやすくなります。一方で、ビタミンDを過剰摂取すると、骨石化症を引き起こします。特に、子犬には過剰摂取の影響が大きいため、注意が必要です。

ビタミンE(トコフェロール)

脂溶性ビタミンで、肝臓と筋肉中の脂肪組織に貯蔵されます。ビタミンEには抗酸化作用があり、酸化防止剤としても使われることが多い成分です。化学名は「トコフェロール」で、成分表記にはこの名称が使われていることが一般的です。

体内ではフリーラジカルの作用から細胞を守る働きをし、免疫系の働きを高める作用があります。老化防止にも役立ちます。
ビタミンEが欠乏すると、筋力低下、生殖障害、網膜変性などが起こりやすくなります。ビタミンEは過剰摂取のリスクが低い成分ではありますが、肝機能の低下や血液が凝固しにくくなるといった障害が起こります。

ビタミンK

脂溶性ビタミンで、肝臓に貯蔵されます。体内では、酵素を活性化や、タンパク質の退社、骨へのカルシウムの沈着などの役割を担います。
ビタミンKが欠乏すると、血液が凝固しにくくなり、出血が起こりやすくなります。天然のビタミンKは過剰摂取のリスクは心配ありません。

筆者yukiya.hiプロフィール:
動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中