目頭のところに赤くて丸い”何か”、まるで小さな”さくらんぼう(チェリー)”が飛び出している犬を見かけたことがあるでしょうか?この状態はワンちゃんでは決して珍しいことではなく、初めて気がついた飼い主さんはびっくりするかもしれませんが、早急に獣医師に相談して、早いうちに治療計画を立ててあげれば、決して難しい病気ではありません。
見かけがさくらんぼうに似ていることから、チェリーアイと習慣的に呼ばれていますが、これはワンちゃんの目にある瞬膜腺と言う目頭側にある部分が突出してしまった結果で、正式には瞬膜腺突出とも呼ばれています。
そもそも瞬膜とは、第三眼瞼と呼ばれる第三の瞼であり、人間にはありませんが、ワンちゃんや猫ちゃん、鳥、などはこの瞬膜で目を綺麗な状態に保っています。この膜には涙の一部を分泌する腺が存在しており、これが瞬膜腺です。これは正常な場合はしっかりと固定されて突出することはありませんが、遺伝的な要因などから瞬膜と共に反転して突出することがあります。押し戻すことで元に戻るような軽度の場合と、突出したままの場合があります。
突出した状態のままにしておくと、外部からの埃や、ワンちゃんが自分で気にし始めたりして、炎症や感染を起こしてしまうこともあります。片側だけの場合もありますが、両側性に起きることもあります。

犬のチェリーアイになりやすい犬種

顔の皮膚に”たるみ”や”皺”がある犬種はかかりやすい傾向にあります。主な種類は、

・アメリカン・コッカースパニエル
・イングリッシュ・コッカースパニエル
・イングリッシュ・ブルドッグ
・シーズー
・ビーグル
・ペキニーズ

などが挙げられます。多くは1歳以下で発症します。

犬のチェリーアイの症状

まず、このチェリー状のものを発見したら、出来るだけ早いうちに獣医師に相談をして治療を始めるべきです。

その理由は、決して命が危ない病気ではないのですが、放置した場合に起こる可能性がある二次感染や、ワンちゃん自身の不快感を取り除かなければ、自分でいじってしまい、自傷という形で症状を悪い方向に進めてしまうことが多いからです。
長期突出したままである場合は、感染や炎症による目ヤニ、結膜炎、自傷による問題(目の周囲や眼球そのものをこする)、などが症状として挙げられます。

犬のチェリーアイの治療

この病気の治療の目標は、

・瞬膜の状態を正常に戻す。
・瞬膜腺の機能を維持する。
・二次的に起きる可能性がある問題を避ける。
・感染予防をしっかりと行う。
・ワンちゃんの不快感をなくす。

という形で考えます。これに対して適切と考えられる方法は、症状の度合いにもよります。例えば、非常に軽度で目ヤニや突出部位に大きな問題がない場合には、点眼薬などを使いながら経過を見ていくことができます。しかし、常にワンちゃんが気にしていたり、明らかに感染や炎症がひどい場合には、手術を行い、突出を埋め込む方法が取られます。

犬のチェリーアイの手術

以前は、突出している瞬膜腺を切除する方法が多く行われて来ました。しかし、先に説明したように、瞬膜腺は涙の一部を分泌する機能があり、その量は全体の30%以上と言われています。もし、この分の分泌が無くなってしまうと、ワンちゃんは将来的にドライアイと言われる非常に辛い後遺症が残る可能性が出てきます。ドライアイの治療は、基本的に毎日何度も目を潤す為に点眼を必要とし、それは一生続けることになります。

そこで、現在はチェリーアイの手術には除去法を選択せずに、保存療法による手術が推奨されています。眼科専門医だけでなく、通常の病院で行うこともできますが、手術方法は獣医師とよく相談をして、術後のケアもしっかりと理解することが必要です。また、再発の可能性はゼロではないこと、あるいは片方だけだったから、もう片方が絶対にならない、というものではないことも、頭に入れておきましょう。

犬のチェリーアイの注意点

チェリーアイはある日突然症状が出ることが多く、飼い主さんも慌てると思います。しかし、殆どの病院で手術は行うことができますから、あまり不安にならずに、まずは相談に行きましょう。ただし、手術の方法は獣医師によっても多少の違いがあると思いますから、費用も含めてセカンドオピニオンを聞くことも必要かもしれません。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、ニューヨークで人と動物のホメオパシーを4年間学び、日本では小動物臨床を10年ほど経験。馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らし中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け