デイリースタイル ドッグフードは、獣医師が開発した鹿肉を使用しているプレミアムドッグフード(#1)です。
完全無添加およびヒューマングレード(#2)の国産ドッグフードなので、 安心して愛犬に与えることができます。
また、年齢や病気、体質にも対応したフードも販売されているので、その子に合ったフードを見つけ出すことができます。

(#1)プレミアムドッグフード
プレミアムドッグフードとは、良質な食材を使用した高価なフードのことです。
無添加のドッグフードやヒューマングレードのドッグフードなどがこれに該当します。

(#2)ヒューマングレード
ヒューマングレードとは、人間用の食品の安全基準をクリアした食材または一部食材を使用したフードのことです。

デイリースタイル ドッグフードの成分分析

まずは、以下の原材料と成分一覧をご覧ください。

・原材料
鹿肉(生)、牛肉(国産)、焙煎玄米小麦動物性油脂、ココナッツ油、大豆、白身魚、大麦若葉、酵母、米麹、海藻、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、クロール、ナトリウム、亜鉛)、アミノ酸類(タウリン、L-メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、E、D、パントテン酸Ca、ナイアシン、葉酸)
・成分表
粗たんぱく 30%以上、粗脂肪 10%以上、粗繊維 1%以下、粗灰分 9%以下、水分 6%以下

以上は、「Daily Style プレミアム 成犬用(ドッグフード)」を参考にしています。

鹿肉や牛肉といった動物性たんぱく質を主原料に使用しているため、十分なたんぱく質が確保できています。
また、ドッグフードでは摂取しにくい酵母を使用することで、腸内環境を整え、便通を良くしたり、免疫力を高めたりする効果が期待できます。

その一方、少し気になる点もあるので一部ご紹介します。

・小麦
デイリースタイル ドッグフードでは、第4原材料に小麦を使用しています。
犬にとって小麦は消化吸収を苦手とする食材のため、あまり好ましくありません。

犬の体に負担をかけないドッグフードをお探しの飼い主さんは、グレインフリーと呼ばれる穀物不使用のフードを選ぶことをお勧めします。

・動物性油脂
動物性油脂は、鶏や牛といった動物を精肉した際の副産物(蹄やとさか、毛や骨など)に高熱処理をして抽出した油脂のことです。また、 この工程をレンダリングといいます。

レンダリングは4Dミートと呼ばれる劣悪な肉を原材料としている場合もあり、危険視している専門家や飼い主さんも多いので、極端に低価格のドッグフードには注意が必要です。

デイリースタイル ドッグフードの良い点悪い点

以下では、オネストキッチンの良い点悪い点をご紹介します。

・良い点  日々改良を行う
デイリースタイル ドッグフードは、原材料やその割合、製造方法など、飼い主さんから届いた様々な意見や要望を参考にして、日々、改良を行っています。
そのため、以前より優れた状態のドッグフード日々、追及しています。
・悪い点  穀物の使用量
焙煎玄米や小麦、大豆といった穀物を使用する割合が多いです。
アレルギーをおこしにくい肉で知られる鹿肉を使用しているのに、勿体ないところです。

デイリースタイル ドッグフードを食べない子がいるのはどうして?

デイリースタイル ドッグフードでは、国産のドッグフードにはあまり使われない鹿肉が主原料として使用されているため、食べ慣れない子は嫌がることがあります。
この場合、普段よりフードの切り替えに時間をかけ、少量ずつ、従来のフードに混ぜて与えると徐々に慣れていき、食べられるようになります。

デイリースタイル ドッグフード利用者本音の評判と口コミ

美味しそうに食べますオヤツのように美味しそうに食べます。
ただ、結構お値段が張りますので 時々ので購入になるかと。
ただ、何かしらの病気が見つかれば 金額は関係ないと思いますので その時は 続けたいです。

2才の子の食欲が無いので久しぶりに購入しました。パピーの頃から食べていて、心配していたのが嘘のように間食。又、パピーの子も喜んで食べてます。

高齢犬で歯も悪いので、還元水を入れてレンジでチーンでふやかして食べさせていますが、このフードは柔らかくなるのがとても速く、手でもポキポキ折れて手に油分が付かないので安心です。以前から鹿肉のフードは安全だとは聞いていましたが、2匹いますのでお値段がネックになっています。
散歩のときにおやつ代わりとしてあげてみています。うんちの量が多くなったように思います。
2匹とも腎臓の数値がよくないので、3か月に一度位の周期で血液検査をしています。数値が落ち着くか見てからもう一度購入を検討したいと思っています。

楽天より引用

 

デイリースタイル ドッグフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価:B

デイリースタイル  ドッグフードは、数種類のドッグフードをローテーションして与えることをお勧めします。
ほぼ全ての原材料に問題はないのですが、小麦と大豆がやはり気になるところです。

柴犬や紀州犬などの日本犬であれば、日本人と生活してきた歴史があるので、 多少の穀物には対応できますが、 チワワやトイプードルといった海外から輸入された犬種の場合は、穀物の消化吸収が日本犬より得意ではないので、デイリースタイル ドッグフードばかりを与えていると、穀物アレルギーを起こす可能性が考えられるので、同じ種類ばかりを与えることはお勧めできません。

外部リンク:楽天販売ページ

筆者btbj.fa略歴
2014年、ペット業に就く。
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合う中で、多くの飼い主さんの悩みがフードにあることを知り、わんちゃん・ねこちゃんの身体に負担をかけないペットフードを多くの飼い主さんに知ってもらうため奮闘中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中