名前がインフルエンザに似ているこのウイルスは、まず、ワクチンが存在しています。殆どの混合ワクチンに入っているので、混合ワクチンを接種している場合は証明書の内容を確認してみましょう。

これは、当然ウイルスは異なりますが、名前が似ているインフルエンザみたいな症状を想像すると思いますが、その通りです。

簡単に感染しやすいウイルスで、大抵、ペットホテルで数日過ごした、ドッグランやペットサロンに行った、シェルターに収容されていた、などのワンちゃんが沢山集まるところでうつる可能性が高いです。また、ケンネルコフ(伝染性気管気管支炎)の原因の1つと考えられており、ウイルスは鼻や喉、気管にダメージを与えます。

犬パラインフルエンザ感染症の症状とは

風邪のような症状と表現できると思いますが、個体差があり、軽症で済む場合もあれば、子犬のように重症化しやすい場合もあるので、慎重に対応することが必要です。主な症状は以下のようになります。

・咳:乾いた咳であったり、少し湿って痰が出たり、中に血液が混じることもあります。
・くしゃみ:咳以外に、くしゃみも出ることがあります。
・発熱:高熱ではありませんが、発熱する場合があります。
・鼻水:鼻水は、べったりした粘膜を含んだり、膿状、或いは血液が混じることもあります。
・元気消失:発熱も手伝って、あまり動かなくなります。
・食欲不振:子犬は食べなくなることが多いです。

ケンネルコフの原因とも言われている為、パラインフルエンザ単独感染と言うよりも、他のウイルスや細菌が複合感染して、全体の症状を出してくる可能性があるので、実際には症状の細かい区別は難しいです。

犬パラインフルエンザ感染症の感染経路

感染経路は、感染犬と遊んだ、あるいは回復してすぐの感染犬と一緒にペットサロンにいた、などから、ばらまかれたウイルスを吸い込む空気感染です。
また、このウイルスはジステンパーウイルスと似通った部分があり、風邪様の症状(咳、喉の炎症、気管や気管支の症状)が共通しています。
咳をしたことで外に出たウイルスは空気中で飛び回っていますが、感染犬が回復しても、その後約2週間近い期間は別の子にうつす可能性があると言われています。
子犬や小型犬は肺炎に発展しやすいので、特に注意が必要になります。

犬パラインフルエンザ感染症の治療

軽症である場合には、パラインフルエンザを診断する為の検査は殆ど行うことがなく、咳などの症状からケンネルコフの症状と診断して治療が始まります。ただし、病院を受診される際にはワクチンの接種歴をしっかりと説明できるようにしておきましょう。ワクチン接種歴によっては、全く別の病気も考える必要があります。
他のケンネルコフの原因となるウイルスの感染症と同様に、特効薬が存在しているわけではなく、出ている症状に対しての対症療法を行います。基本的には、まず、免疫力を高める注射(インターフェロン)や、二次感染予防のための抗生物質、食欲不振や脱水を考慮しての静脈点滴となるか、あるいは、軽症であれば内服薬やネブライザー(薬剤を吸入する)での治療を行ったりします。

犬パラインフルエンザ感染症の注意点

子犬の場合には、単なる軽い咳をしているだけ、と思っていると三日後には、当初よりもかなり酷くなっていることが多いです。ですから、一度咳をしているところを見かけたら、必ず病院に相談して、早めの対策を練らなければなりません。また、パラインフルエンザのみならず、別のウイルスや細菌と混ざっている複雑な感染症であることが多い為、少しでも咳をしている場合は、病院には先に咳をしている場合の待合室のマナーについても相談してみましょう。
特に子犬が感染する時期は、2回目ワクチンや3回目ワクチンが終わっていない、非常に体が弱い時期であることが殆どですから、早急に治療してワクチンに備えなければなりません。治療のスタートが遅いと、それだけ回復も遅れてワクチンの時期が延期されてしまいますから、この時期の子犬の体調管理は慎重に行いましょう。
高齢犬で、慢性の病気などでしばらくワクチンをお休みしているなどの場合にも、子犬同様に重症化することが考えられますから、なるべく早い時期に受診しましょう。

 

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、ニューヨークで人と動物のホメオパシーを4年間学び、日本では小動物臨床を10年ほど経験。馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らし中。

 

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中