ドッグフードの成分表記を見ると、原材料に「ビートパルプ」が使われている製品がしばしばあります。インターネット上のドッグーフードのレビューサイトなどでは、好ましくない原材料の一つとして挙げられていることも多いので、悪い原材料と考えている方もいるかと思いますが、実際のところどうなのか? 本記事ではビートパルプの特徴と、ドッグフードにビートパルプを使用することのメリット・デメリットを紹介します。

ビートパルプとは?

ビートパルプとは、文字通り、「ビート」の「パルプ」です。ビートとは「テンサイ(砂糖大根)」のことで、寒冷地で生産される砂糖の原料です。一方、パルプとは「植物繊維」のことです。つまり、ビートパルプとは、テンサイ(砂糖大根)から取れる食物繊維で、ビートから砂糖を抽出した後に残るもののことです。

家畜や馬などの飼料原料としても利用されています。人間の食品用として、ビートから砂糖を抽出した後に、薬品を使用せずに衛生的に製造された天然品の食品素材のことは「ビートファイバー」と呼ばれており、サプリメントとしても使われています。

ただし、ビートパルプとビートファイバーには厳密な区別はなく、ビートパルプといっても製造工程によって品質は変わってきます。

ビートパルプのメリット

食物繊維は、水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」があります。

水溶性食物繊維は胃で溶けて、どろっとした状態で胃腸内をゆっくり移動するので腹持ちがよくなります。また、大腸内で発酵・分解されることで腸内の善玉菌を増やして腸内環境を良好にするプレバイオティクスとしての効果があります。

一方で、不溶性食物繊維は、胃腸では溶けずに水分を吸収して大きく膨らみ、腸を刺激することで蠕動運動(消化した食べ物を腸の中で移動し、便を排出する動きのこと)を活発にして、便通を良くする効果があります。

ビートパルプは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいますので、ドッグフードに入れることで、腸内環境と便の調子を良好にするというメリットがあります。ビートパルプはドッグフードのカサ増しに使われているいう批判も見受けられますが、運動量が少なく、肥満気味の犬にとっては、少量で満腹感を得やすくなる効果があるのでメリットと言えるでしょう。

ビートパルプのデメリット

不溶性食物繊維は蠕動運動を活発にするものの、便を大きく硬くするので、便秘の場合には悪化することも懸念されます。犬の体調や体質によっては注意が必要なことはデメリットです。

また、ビートファイバーのように、薬品を使用せずに生成されたビートパルプは問題ありませんが、品質の低いビートパルプの場合は、テンサイ(砂糖大根)から砂糖を抽出するときに使用している硫酸系の薬品が残留していることがあります

このように薬品を使用して生成されたビートパルプは、人間用や家畜用に使用することが禁止されていますが、安価で粗悪なドッグフードに利用されていることがあり、長期的に摂取すると、残留薬品の毒性によって犬の体に害があることが懸念されます。

メリットでも述べましたが、ビートパルプはドッグフードにカサ増しになるため、栄養価のある部分が少なくなります。食の細い犬の場合、同じ量を食べても摂取できる栄養が少なくなることはデメリットになります。

出来る限りビートパルプを使用していないドッグフードを購入するのが飼い主に望まれる正しい判断だと言えるでしょう。

あなたはまだ、自分の家族でもある愛犬を危険に晒しますか?

筆者プロフィール:yukiya.hi

動物好きが高じて脱サラしペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中