伝染性の強い犬のケンネルコフ (kennel cough)とは、専門的には伝染性気管気管支炎と言われていますが、一般的にはカタカナでケンネルコフと呼ぶことが多いです。名前の由来は、kennel(犬の飼育場所)で流行する、 cough(咳)を主症状とする伝染病であるからですが、一頭がかかれば、あっという間に広がってしまう、という厄介な病気です。

特にまだ生後2、3ヶ月の非常に免疫力が低い子犬が、ペットショップなどの狭い空間で他の子犬と一緒にいるような場合、ストレスも加わり、一頭が発症して、次へと伝染して行きます。感染経路は、すでに感染している犬の咳やくしゃみなどで病原体が飛び散り、それが気道に吸い込まれることによります。その結果、喉の炎症(上気道炎)などを起こします。

主な原因は、以下に挙げる一つのウイルスや細菌が感染したことで発症すると言うよりも、原因と思われる一つに感染して、二次感染や複合感染を起こすことが非常に多いです。

 

 主な原因となる病原体

・ボルデテラ(細菌)
・犬パラインフルエンザウイルス
・犬インフルエンザウイルス
・犬コロナウイルス
・犬アデノウイルスⅡ型(複合感染の際には I型も考えられます)
・犬ヘルペスウイルス
・犬ジステンパーウイルス
・マイコプラズマ(真性細菌と言われる仲間)

 

などです。しかし、多くはボルデテラやパラインフルエンザなどの感染から始まると言われています。また、ケンネルコフは唯一の病原体が原因と断定できない為、混合ワクチンは一部の病原体には効果がある、という状況です。

犬のケンネルコフの症状

ケンネルコフの主な症状

・咳
・くしゃみ
・鼻水
・発熱
・元気消失
・食欲不振

 

代表的な症状は、人間の風邪のようなものですが、最初は喉に何か詰まったような咳をするので、咳なのか、何か食べ物でも詰まって咳き込んでいるのか、判断が難しいことがあります。しかし、子犬の場合は、大抵、ケンネルコフの症状であることが多いです。また、場合によっては”逆くしゃみ”と言う生理現象で、苦しそうな呼吸に見えたり、咳が出そうで出ないような仕草に見えたりすることもあるで、これも判断が難しいかもしれません。
症状が進行すると、鼻水が出たり、重症になると、元気消失、食欲不振、最悪の場合には肺炎を起こしてしまう例もあります。症状が重くなりやすい子犬は、少しでも咳をしていると気づいたら、即刻、受診して治療をスタートさせなければなりません。

犬のケンネルコフの治療

軽症である場合は免疫力を高める注射(インターフェロン)をしたり、抗生物質を1週間から10日服用してもらうだけで症状は改善します。重症な場合には、点滴をしたり、ネブライザーで薬剤を吸入することも必要になります。
多くの飼い主さんは咳止めを希望されますが、咳止めを使うと体の中に病原体が封じ込めらてしまうので、却って症状が悪化する可能性があり、基本的には処方しません。

犬のケンネルコフにかかる危険性

他のワンちゃんが多くいる場所は、感染するリスクが高くなります。

 ・ペットショップ
・ペットサロン
・ドッグラン
・動物病院
・他の犬も通る散歩道

これらの場所に足を運ぶ際には、まず、最低限のワクチンを接種していることを確認しましょう。特に、ペットサロンやドッグランは滞在時間が長くなりますから、非常に注意が必要です。もちろん、ワクチン接種する動物病院は、病気の子が訪れる場所ですから、気をつけなければならない場所の一つに加えられます。

犬のケンネルコフについての注意

子犬の登竜門と言われるほど、ケンネルコフの症状を出している子犬は多いです。殆どの場合は、すでにペットショップなどのストレスで発症しているか、自宅に連れて帰って環境の変化というストレスに耐えられずに数日後から咳が出る、というパターンです。ですから、新しく子犬を自宅に連れて帰った際に、一度でも咳をしていると気づいたら、まずは診察を受けましょう。
成犬の場合、ケンネルコフと同じような咳の症状として挙げられるものに、犬のフィラリア症があります。犬のフィラリア症は、鼻水が出たりすることは殆どありませんが、乾いた咳をします。特に運動をしたり、興奮をしたりすると出ることが多いです。これは、フィラリアの寄生により、肺にも影響が出ている(好酸球性肺炎)からです。フィラリア予防薬やワクチン接種を行なっていない場合には、病気の子にワクチンは接種できませんから、まず先にフィラリアの検査を受けましょう。

関連:乾いた咳は死の危険!予防が大事な犬のフィラリア症について解説!血尿かと思ったら…

rihomeopath
筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、ニューヨークで人と動物のホメオパシーを4年間学び、日本では小動物臨床を10年ほど経験。馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らし中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中