ふと見たら、愛犬がウンチを食べている…!
そんな場面に遭遇してしまった、という経験はありませんか?食べている姿を見られて、愛犬も気まずそうにしたり、逆に喜んで近寄ってきて、その口でペロペロと舐めてくれちゃうわんちゃんもいるかもしれません。そんな姿も可愛い、と思われる方は、愛犬に虜なんだと思います。しかし、気持ち悪い、とか、受け入れられない、というのが大半ですよね。
食糞のくせはなかなか直すのが難しいものですが、衛生面などから考えても直したいものですね。なぜ食糞をしてしまうのか、その原因を知ることで食糞対策ができるかもしれません。
今回はわんちゃんの食糞について考えてみたいと思います。

わんちゃんの食糞

わんちゃんの食糞は自然なことで、必要であるために本能でしてしまう場合もあります。どのような場合なのかわかりますか?
まずは、母犬が子犬の糞を食べることです。生後間もない子犬は、まだ排泄の仕方が分かりません。そのため、母犬が舐めて排泄を促し、子犬の排泄物は母犬が舐め取ります。これは巣の中を衛生的に保つだけでなく、排泄物の臭いで捕食者に見つからないようにするための本能なのです。そのため、子犬たちが自分で排泄のコントロールができるまでは母犬がお世話をします。お尻を舐めるのは、排泄していいよ、のサインなのですね。
次に、子犬の食糞です。まだ幼い子犬は自分のウンチがどんなものかが分かりません。分からないものはとりあえず臭いを嗅いで口に入れてみる、というのが子犬です。それはウンチでも例外ではありません。そこらへんに何か落ちているから食べてみよう、という心理です。

食糞してはなぜいけないの?

食糞は見ている私たちがあまり気持ちの良いものではないだけでなく、わんちゃん側にも心配なことがあります。それば病気です。例えば、寄生虫に感染しているわんちゃんが自分のウンチを食べれば、どんなに治療してもまたウンチから感染してしまって完治までに時間がかかってしまいます。また、病気を持ったわんちゃんのウンチを食べれば、そのわんちゃんの病気が移るってこともあり得ます。
衛生面を考えても、食糞は好ましいことではありません。

わんちゃんの食糞の原因と対策

では、わんちゃんの食糞が本能的なものではない場合にはどんなことが原因になっているのでしょう。それぞれの原因と対策について考えてみます。
子犬と成犬では食糞の意味合いが違ってくるので、子犬と成犬で分けて考えてみますね。

子犬の食糞の主な原因と対策

⚫︎ウンチが美味しい!
子犬はまだ、消化機能も未熟で、どんなに消化の良いフードを食べていても、未消化なフードがウンチとして出て来てしまいます。そのため、ウンチからフードの臭いがすることがあり、食べ物と勘違いしてしまうことがあります。

<対策>
ウンチをしたらできるだけ早く片付けるようにしましょう。ウンチをしたばかりの方が臭いが強く、食べたいという気持ちが強くなります。消化機能は成長につれて発達しますので、自然に治ることが多いです。

⚫︎フードが足りていない
成長著しい子犬は食欲も旺盛ですよね。そのため、フードメーカーの指示通りにフードを与えていても足りなく、お腹が満たされないことがあります。

<対策>
もし、わんちゃんがご飯を食べ終わった後、フード容器をいつまでも舐めているなどの様子がみられればフードが足りていないかもしれません。その場合には、少しフードを増やしてあげてみてください。お腹が満たされれば改善がみられるでしょう。

⚫︎寄生虫がいる
お腹に寄生虫がいると、異嗜、といって、味覚異常を起こすことがあります。ウンチだけでなく、食べられない、砂や小石なども食べることがあります。

<対策>
子犬を迎えられて、まだ動物病院で検便を受けていない場合には、一度検便をしてもらいましょう。もし、寄生虫が見つかれば治療をします。

 

成犬の食糞の主な原因

⚫︎飼い主の反応を楽しんでいる
ウンチを食べた時、飼い主さんが、大きな声を出したり、悲鳴をあげて驚いたり、その反応を喜んでいると勘違いしてしまうわんちゃんがいます。そのような反応をみて、食糞を繰り返し飼い主さんを喜ばそうとします。

<対策>
わんちゃんがウンチを食べてしまっても、過剰な反応をしたり、叱ったりしないでください。目を見て短く、「ノー」や「ダメ」とだけ言ったら、目を合わさず黙ってウンチを片付けてください。注意をしてすぐにわんちゃんが食糞を止めたら褒めてあげましょう。

⚫︎飼い主からウンチを隠そうとしている
粗相をしてしまい、ひどく怒られたなど、粗相に嫌な思い出があると、それがトラウマになり、ウンチをする事が悪いことであると思ってしまい、隠れてウンチをしたり、ウンチを隠そうとして食べてしまうことがあります。

<対策>

ウンチをすることが悪いことではない、と再度根気よく教えてあげる必要があります。決められたトイレで粗相せずウンチができたらうんと褒めてあげましょう。

⚫︎ウンチが美味しい
根本的にウンチが美味しいと思っていることがあります。その理由として、フードを未消化のウンチが出てしまうため、異嗜のため、などが挙げられます。

⚫︎消化酵素やビタミンの不足
消化酵素が不足して未消化なウンチが出ると、フードの匂いや味がして美味しいというのもありますが、もう一度ウンチを食べてそこから栄養を得ようとして食糞行動を取ることがあります。同じように、ビタミン不足の場合にも食糞をすることがあります。

<対策>
消化不良性の下痢を起こすほど消化酵素が不足していない時や、ごく微量のビタミン不足がある時には、酵素不足やビタミン不足はなかなか見抜けないものです。栄養失調を起こしているわけでなければ、治療が必要でないことも多いです。ウンチはできる限り早く片付けるよう心がけ、食糞の場面を見たら、注意し、いけないことだと教えてあげてください。
食糞防止のサプリメントをトライするのも悪くないと思います。

⚫︎寄生虫がいる
お腹に寄生虫がいると、異嗜、といって味覚異常を起こすことがあります。

<対策>
新しく子犬を迎えられた場合には、その子に寄生虫がいればうつってしまうかもしれません。また、ドッグランなどたくさんのわんちゃんが集まる場所に出かけた場合には思わぬ形で寄生虫をもらう可能性もないわけではありません。寄生虫感染が疑わしい時には動物病院で検便をしてもらうと安心です。もし、寄生虫が見つかれば治療をします。

⚫︎母親の習性を真似している
子犬の頃、母犬に排泄のお世話をしてもらったことを真似て食糞をすることがあります。

<対策>
決して悪いことをしているわけではないですが、やはり、衛生面を考えるとあまり良いことではありません。ウンチをしたらできる限り早く片付けて、食糞の機会を与えないようにしましょう。このように本能的な行動に根ざしている場合、なかなか直すことは難しいので、食糞の機会をできるだけ与えないように私たちも注意を払う必要がありますね。

まとめ

わんちゃんの食糞にも本能的な意味合いがあることもあり、頭ごなしに受け入れられない、というのもかわいそうですね。しかし、やはり見ていて気持ちの良いものではないですし、衛生的にも良くありません。できれば直してあげたい習慣です。食糞している愛犬と目が合ったら、お互いに気まずくなるのではなく、良くないことだと教えてあげ、お互いが快適に過ごせる生活を送れるようにしましょう。

(uw25rescueccnu)
育児をしながら臨床獣医師として勤務中、その傍でペットについて正しい知識を持ってもらいたいという思いから、執筆も手がけています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け