人も犬も、命あるものはいつか終わりを迎えます。どんな結末であれ、楽しく幸せな思いとともに過ごした愛犬が亡くなってしまったら、供養してあげたいものです。

日本の制度上では、亡くなったペットは一般廃棄物に該当します。亡くなったペットを自治体に持ち込むと、手続きに違いはありますが、基本的にはゴミとして扱われることになります。
この記事を読んでくれている方なら、その事実だけでも悲しくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

近年、ペットは家族の一員であるという認識が広まり、ペットにも人間と同じような埋葬のサービスを提供する、ペット葬儀者が急速に増えてきました。
ほとんどのペット葬儀者は、誠実に葬儀を行なってくれます。丁寧な埋葬をしてあげられるのは、飼い主の自己満足に過ぎないのかもしれませんが、幸せな時間を共に過ごした愛犬にしてあげられる最後のお世話であり、飼い主にとってなくてはならないサービスではないでしょうか。

しかしながら、ペットブームを悪用し、悪質なペット葬儀者も現れるようにもなりました。
葬儀社に依頼し、いざ葬儀の時になってひどい扱いを受けてしまったら、悔やんでも悔やみきれません。
そんな悪質なペット葬儀者に騙されることのないよう、事例と対策を紹介します。

悪質ペット葬儀の事例

●不当な料金を請求する
事前の説明がなく、犬を焼却炉に入れた後に、数十万円などと高額な料金を請求されたという事例があります。
焼却炉に入れてから、「今すぐ焼却炉から出して生焼けで犬を返す」とか「遺骨は返さない」などと脅されたら、誰でも払わざるを得ないでしょう。
●引き取った死体を供養せずに捨てる
亡くなったペットを引き取り、供養してペット霊園に埋葬する業者の中には、引き取った亡骸を飼い主には知らせずに不法投棄したり、廃棄物として処理されていたという事例があります。
引き渡した後にどのように扱われているかは依頼主にはわかりません。このことを利用した悪質な事例です。
●告知なしの突然の閉鎖
利用者に事前の告知もなく突然ペット霊園が閉鎖し、遺骨が放置されて返してもらうこともできなくなったという事例があります。
無責任なペット葬儀者が廃業してしまうとこのような悲しい事態に陥ります。

これらの事例の共通点は、ペット葬儀を利益を上げるためだけのビジネスとしか考えておらず、ペットを生き物ではなく、モノとして扱っているということです。
飼い主からすると家族であるのに、法制度上はモノとしての扱いのため、規制や事業者の許認可制度が整備されていないのも原因の1つです。一日も早く、社会制度が整い、人も動物も同じ生き物として、誠実に扱われるようになることが望まれます。

悪質ペット葬儀者に騙されないための注意事項

このような悪質なペット葬儀者に依頼していまい、悲しい思いをしないためにも、ペット葬儀者は慎重に選びましょう。
誰しも、愛犬が亡くなってしまったら、悲しみに打ちひしがれ、冷静な判断ができなくなってしまいがちです。
悲しみが消えることはありませんが、そんな時だからこそ、悪質なペット葬儀者が存在するということを思い出して、冷静にどの業者に依頼するかを判断することが大切です。

ペット葬儀者を選ぶ際には、次のことを意識すると、悪質な業者に依頼していますリスクが小さくなります。

1.料金制度を確認する
悪質な業者は、料金制度が曖昧で、その曖昧な部分を利用して弱みに付け込むことがあります。
真っ当な業者であれば、明確な記載がありますので、面倒臭がらずに、不明確な点はないか隅々まで確認して、納得できる場合だけに依頼するようにしましょう。
その際に、口頭の合意だけではなく、必ず書面でのやり取りをした上で契約をするようにしましょう。
複数社に見積もりをとって比較すると、より安心です。
2.火葬、埋葬方法を確認する
悪徳な業者は火葬、埋葬方法に問題があるケースが多いです。
どこで火葬されるのか?
どのような設備を利用するのか?
個別に火葬されるのか?それとも合同での火葬か?
どこに埋葬されるのか?
遺骨は返してもらえるのか?それとも霊園に納骨されるのか?
といったことを念頭に、葬儀の一連の流れを明確にイメージできるか確認しましょう。
3.口コミや事業経歴を確認する
不当な扱いをされたというような口コミがないか確認し、評判の良い業者であれば安心材料になります。
また、一概に事業歴だけで判断することはできませんが、悪徳業者は、事業歴が短いことも多いです。業者が適切な情報公開をしているかも確認しましょう。
筆者yukiya.hiプロフィール:
動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中