アデノウイルスと聞いても、さっぱりわからない方も多いと思いますが、初めて混合ワクチンを受ける際に、どういう病気が予防できるかを説明して貰ったり、毎年ワクチン証明書を発行して貰っていると思うので、もう一度それを見てみましょう。
アデノウイルスには I型と II型がありますが、それぞれの病気の症状は全く異なり、どちらも場合によっては非常に重篤な状態で死亡することもあります。ですから、多くの混合ワクチンには、この2種類のアデノウイルスも入っており、ワクチンを接種した健康な成犬であればあまり問題にはなりません。しかし、子犬や高齢犬で体調が悪い場合は、免疫力が低下しているので注意が必要です。

犬アデノウイルスI型(犬伝染性肝炎)

アデノウイルスⅠ型の感染経路はウイルスとの直接接触ですが、感染犬は唾液や鼻水、便、といった物にウイルスを排泄しているので、これらを舐めたりしたことで感染は成立します。軽症では鼻水などの風邪症状程度ですが、感染したウイルスは肝臓にダメージを与えるため、様々な症状とともに死亡することもあり、慢性では慢性肝炎を引き起こします。しかし、成犬で混合ワクチンを接種していれば、かなりリスクは低くなります。
重症な場合は幾つかのパターンがありますが、主な症状は以下のようになります。

劇症型
・発熱
・中枢神経系の症状(発作など)
・血液凝固障害
・突然死(発症してから、数時間以内に亡くなることがあります。)
重症型
・発熱
・食欲不振
・衰弱
・鼻水
・嘔吐
・下痢
・肝腫大(肝臓が張って大きくなります)
・腹痛
・腹水貯留
・体のむくみ
・点状出血(皮膚のあちこちに見られます)
・リンパ節の腫れ
・扁桃腺の腫れ
・ブルーアイ(回復に向かう7日から21日頃に、多くの犬で、角膜が浮腫を起こして青白く濁ることがある、この病気では非常に特徴的な症状と言われています。)

また、回復に向かっても、6〜9ヶ月の間は鼻水、唾液、などの分泌物にはウイルスが含まれているので、他の犬は注意しなければなりません。

犬アデノウイルスII型

アデノウイルスII型は、よく耳にするケンネルコフでお馴染みの、犬伝染性気管気管支炎を起こす原因の一つと考えられているウイルスです。多くの場合、同じ空間にいる感染した犬が咳やくしゃみをすることで、あちこちにウイルスが飛び散り、それを吸い込んでしまう(飛沫感染)ことで成立します。抵抗力が弱い子はペットホテルやドッグランでうつってしまうケースが多いです。症状に気づいて早急に治療すれば大きな問題にはなりませんが、幼犬で免疫力がまだ成熟していない子は、重症化して肺炎を起こして亡くなることもあります。
主な症状は以下のようになります。

・くしゃみ、乾いた咳
・喉に何か詰まったような咳
・白い泡みたいな吐瀉物
・発熱
・鼻水
・結膜炎

犬アデノウイルスI型とII型の治療

どちらも症状に基づいての対症療法を行いますが、伝染性肝炎の場合は重症なことが多く、入院して点滴治療を行います。一方、犬アデノウイルスII型の場合には、ネブライザー(経口吸入器)などを使ったり、抗生物質などの薬剤を内服することで、通院治療がメインになります。もちろん、幼犬で食欲不振や脱水症状などの全身症状が出ている場合には、入院が必要になります。

犬アデノウイルスに関する注意点

どちらの病気も、特に注意しなければいけない時期は、生後間もなくから、最初の年のワクチンが全て終了するまでの期間です。この時期は、母親からの免疫から離れて、自分の免疫力を高めていかなければならない時期です。ですから、ワクチンの為に病院を訪れる際も、十分に注意しましょう。例えば、病院の待合室で待っている際には、子犬同士で並ぶのを避けたり、咳をしている犬に近づかないことも必要です。
また、指定されたワクチンのタイミングが遅れないようにしましょう。ワクチンの時期が遅れてしまうと、特に子犬の場合には、ワクチンの効果が低下した結果、それだけこの病気に感染するリスクが上がります。
成犬では、ペットサロンやペットホテルなどに預ける場合に、自分の子のワクチン歴をしっかりと確認して下さい。預ける施設の方でワクチン証明書提示を求めることもありますが、ワクチンをしていない場合、預ける当日にワクチンを打っても意味がありません。ワクチンの効果が出るであろう時間を考慮して、最低でも2週間ぐらい前に接種を済ませておくことが必要です。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、ニューヨークで人と動物のホメオパシーを4年間学び、日本では小動物臨床を10年ほど経験。馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らし中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中