りりしい顔と立派な体を持つシェパード。警察犬や探知犬として活躍しており、世界では「犬の王様」と呼ばれるほど人気をもつ犬種です。
今回はそんなシェパードについてご紹介したいと思います。
家庭犬としては飼いやすいのか、どんな性格をしているのか…などについてまとめていますので、シェパードを飼ってみたいと考えている方は、ぜひご一読ください。

シェパードってどんな犬?


シェパードの正式名はジャーマン・シェパード・ドッグといい、原産国はドイツです。
シェパードは誕生した1800年代から、牧羊犬や軍用犬、監守犬、救助犬など、さまざまな形で人間社会に貢献してきました。いつの時代も優秀な使役犬であったことが、シェパードの最大の特徴といえるでしょう。
体高は57cm~61cm、体重は34~43cmが理想とされ、大型犬に分類されます。

シェパードの性格

きっちりと訓練された警察犬の姿を見てもわかるとおり、シェパードは利口で従順です。見た目は怖そうにも見えるのですが、子供や他の動物に優しく穏やかな性格をしているため、家庭犬としても向いています。
しかし幼少時から甘やかしすぎるとわがままに育ち、飼い主の言うことを聞かなくなることがありますので、ケジメある接し方としつけを行わなければいけません。

シェパードの被毛と毛色

シェパードの被毛は上毛と下毛があるダブルコートです。毛が生え替わる換毛期はもちろん、毎日のブラッシングをオススメします。
主流となっているのは短毛ですが、スムースヘア、長毛、ワイヤーヘアなどのタイプも存在します。
毛色はブラックやブラウンがメジャーです。あまり見かけませんが全身ホワイトのシェパードもいます。ホワイトはスタンダードでは認められないことが多いようですが、性格や能力に違いはなく、珍しい毛色であることから人気が高まっています。

シェパードの魅力


シェパードが家の前に悠然と佇んでいたら、うっかり足が竦んでしまうかもしれません。それくらい威圧感のある姿をしていますが、実は愛情深い一面を持った犬種でもあります。

訓練次第で立派な使役犬に

賢い犬は沢山いますが、どんな状況にもすぐに適応し、自分の役目をまっとうしようとするシェパードは群を抜いて万能といえます。
小さい頃から訓練を行い、シェパードの持つ能力を引き出してあげれば、きっと自慢の愛犬になってくれるでしょう。また、ドッグアジリティの相棒としても非常に優秀です。
基本的なしつけは飼い主で行うのが普通ですが、高度な訓練を行いたい場合には、しつけ教室に通ったり、ドッグトレーナーの専門家にしつけを依頼するといったことが必要になります。

関連:ドッグアジリティについて~魅力や競技などを解説!~

見た目によらず甘えん坊

怖そうな顔をしている割に、実は甘えん坊というギャップに惹かれる人も多いです。
シェパードは忠誠心が強いので、飼い主の姿が見えなくなると鳴き出したり、飼い主の後を追いかけながら移動したりします。
かわいいと感じる一面でもありますが、飼い主への依存が強くなりすぎると、分離不安の原因にもなりますので、甘やかしすぎは厳禁です。

シェパードの価格


シェパードの価格は月齢や毛色によって異なりますが、だいたい15~30万が相場です。
特にホワイトシェパードは珍しい毛色なので、高値の傾向にあります。
子犬を選ぶ時には健康であること、性格が良好な子であることを重視しましょう。子犬に声をかけた時に近寄ってくるような子であれば、社交性があり温和な性格をしているといえます。
ブリーダーからの購入を検討する場合は、母犬の情報も尋ねてみてください。体型や性格など、どんな母犬かを知ることで、子犬がどのように育っていくのか予測がつきやすくなりますよ。

シェパードがなりやすい病気


大型犬は小型犬よりも短命といわれていますが、健康であれば15年以上長生きすることも可能です。それには飼い主が病気を予防し、愛犬の異常にいち早く気づいて対処していく必要があります。

目の病気

白内障
白内障は水晶体が白く濁ってしまう状態で、いろいろな原因がありますが、9~10歳以上で症状が現れた場合はほぼ加齢によるものです。
視力が低下することで物にぶつかるようになりますが、鼻と耳が良いので生活に大きな影響はないことが多いです。しかし家具などにあたって怪我をしないよう、環境を改善しなければいけません。

関連:早めの対策が重要!失明の危険性がある犬の白内障について獣医が徹底解説

表層性角膜炎
角膜上皮や上皮下に点状、もしくは円形状の白濁が起こることをいいます。悪化すると角膜潰瘍になることも。
涙やけいれん、まぶしがるような様子が見られたら目の異常を疑い、動物病院で診てもらってください。

 

消化器の病気

胃捻転症候群
胃捻転は突然発症し、胃がねじれることからショック状態に陥って、そのまま放置していると死に至る病気です。
食後の過度の運動によって起こる胃拡張が主な原因と考えられます。シェパードなどの大型犬に多く、オスに多い傾向があるようです。
食後1~4時間以内で腹部が膨らみ、呼吸が荒くなったり、嘔吐の姿勢が見られたらすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

関連:犬の胃拡張・胃捻転症候群について~症状や治療、なりやすい犬種に予防方法を解説!~

骨の病気

股関節形成不全
大型犬に多く見られる病気で、股関節の脱臼や破行(はこう)などさまざまな症状がみられます。遺伝的な要因が多いですが、それ以外では肥満が原因になる場合もあります。
一度股関節形成不全と診断されたら、足腰に負担がかかる運動や遊びは避けるようにしましょう。
また、肥満にならないよう食事にも注意が必要です。

関連:レトリバーやシェパードは要注意!犬の股関節形成不全について徹底解説!

その他の病気

肛門周囲ろう孔
肛門周辺に潰瘍性の管が多くでき、膿が出るようになります。シェパードのように尾が太く垂れ下がり、肛門周囲が湿った状態にある犬種に発生しやすい病気です。
肛門周辺が便などで汚れ、不衛生な環境になると起こりやすいとされているので、清潔な飼育環境を心がけましょう。

シェパードを飼う上での注意点


シェパードは目的や飼育環境によって、性格が変わることがあります。シェパードを飼う際は衝動買いを避け、どのように飼育するか、なぜシェパードを飼うのかなど、明確にしておくことが大切です。

室外なら番犬に、室内なら家庭犬に

シェパードは大型犬なので、室外で飼うイメージの方が強いかと思います。しかし外飼いをした場合、「他の人や犬に対して吠える」「攻撃性が強まる」といった問題行動を引き起こしやすくなります。
もちろん犬の性格にもよりますので一概には言えませんが、室内で飼うよりも警戒心が高まる傾向にあるようです。
番犬として飼う方もいるかもしれませんが、来訪者に怪我をさせてしまったら大問題ですので、室外で飼う場合は危険がないように環境を整える必要があります。
室内で飼育する場合はシェパードとの接し方に注意しましょう。互いに依存しすぎる生活では主従関係が築かれず、本来お利口な犬種であるシェパードがひとりで留守番もできない子に育ってしまいます。
ケージやサークルなどで犬の生活スペースを区切って、必要に応じてフリーにさせる方法が良いでしょう。

子犬の時からしつけを

他の犬種でも言えることですが、しつけは子犬の時から行ってください。特に乳歯が生え替わる時期は、歯を気にしていろんなものを咬みたがります。その時、人の手を咬んでくることがあれば「いけない!」と叱って、人を咬むことはいけないことだと覚えさせましょう。
またシェパードは知能が高いので、自分より格下だと思った相手の言うことは聞かなくなります。シェパードをしつける時には飼い主が主導で動くことを意識し、散歩時も犬にリードさせないようにしてくださいね。

まとめ

シェパードは怖い犬だと思われがちです。それは防犯用として訓練された強い犬の印象が強いからではないでしょうか。
しかし実際は飼い主に従順で、家族を守るために一生懸命になる一途な犬です。
飼育にはしつけの知識と技術を身に着ける必要がありますが、賢いシェパードはすんなりと覚えてくれるでしょう。
自分が飼えるかどうか不安が残るようであれば、ブリーダーやペットショップの店員に相談してみてくださいね。

筆者紹介

Pigeonmilk
小さい頃から動物を飼育し、現在も動物関係の仕事に携わっています。また学生時代に培った動物の飼育、看護、福祉などの知識を活かした記事を書いていきたいと思っています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中